2008年06月18日

ユーロ2008【オーストリア/スイス大会】フランス vs イタリア【グループC】

2008 6/18 


しばらくご無沙汰しておりました。

心も軽やかに戦線復帰

気がつけばユーロも予想とは違って大混乱!?状態



『予想外のここまでの展開』

ネットもTVも情報がほぼ遮断する&された状態で一週間過ごしたので、サッカーはトンとご無沙汰でした。自分の当初の予想を裏切る結果もちらほら......

特にグループCでオランダがココまで抜け出すのは予想外。試合を見て無いので、どこが今までと違うのか非常に興味を惹かれます。

逆にイタリア&フランスがここまで苦しむのは予想外。特にフランスは若手からベテランまで戦力の充実振りは本大会一位二位を争うほどじゃないでしょうか?

それが何故......

イタリアに関しては、アズーリのファンである私から見ても順当な苦しみぶりです。むしろまだグループリーグ突破の可能性が残っている事が意外なくらい(苦笑)

他のグループリーグを見ても、トルコの躍進とチェコの衰退、クロアチアの意外性とドイツのエンジンのかかり難さ、スペインの大爆発?等々ありますが、ドイツW杯の時にも経験済みだけどグループリーグとトーナメントは別物です。全く別物のサッカーになってしまう国も多いので大波乱が起こる可能性は捨て切れません。


『フランスの試練』

ドイツの優勝の対抗に推していたフランス

しかし、この試合は試されるかの如く試練の連続。
前半早々に守備に全速力で向かったリベリーがザンブロッタと接触して負傷退場。泣く泣くナスリを投入するも流れは変えられず。23分にはアビダルがPA内でトーニを倒して一発退場。イタリアにPKを謙譲して、これをピルロが決めて先制。結局ナスリを下げて守備のブームソンを投入する始末......後半に入っても流れは変わらず、FKから駄目押しの得点をイタリアに決められて万事休す。試合を捨てたかのようにアネルカを投入した辺りで試合は終わりました。

尽く全てがイタリアに勝利を呼びかけている(苦笑)

これだけの人材を揃えても活かしきれない、肉薄するもしくは勝ちに手が届かない......


ある意味このドメネクの手腕って感嘆に値する!


そう言えばこの人、ドイツW杯の時も予選で若手を多用するも結果が出ずに敗退の危機の時に、ジダンに泣きついて代表引退を撤回させて、代表に距離を置いていたり引退していたベテランをジダン効果で呼び寄せたりと、ピッチでの采配そのもので名を挙げた監督ではない。ドイツW杯で勇退するかと思ってたのに......ジダンの魔法が無ければ何も出来ないのか......

何もかもが的外れ......フラミニを召集しなかったり、この試合でも前線と中盤以降が噛み合っていないにも係わらず、そこをテコ入れする人材を入れずにアネルカを入れてみたり......あれだけベンゼマがゴールから遠い位置で苦労しているにも係わらず......訳分からん(笑)

ナスリを下げるよりもゴブを交代させたほうが良かったんじゃないかと......馬の耳に念仏か(諦)


『転がり込んだ幸運~イタリア~』

この勝利は幸運の何物でも無いでしょう。

カテナチオを誇るDF陣の構築不足、トーニの不発、トーニ以外の武器弾薬不足等々、勝ったのが不思議なくらい(笑)

PKの場面にしても確かにトーニは足を伸ばしてボールを吸い寄せてはいたけど、あの大勢からシュートを打って枠に入ったかは微妙な所。フランスGKクーペも真正面に突っ込んでいたし、今日のクーペは当たり日だったし......

中盤の三人は中々面白かったですね。特に真ん中にデ・ロッシを置く方法は予想外に上手く機能している気がします。ただそれを生かすためにも、ペッロッタの位置でもうちょっと相手に恐怖を感じさせる仕事が出来ないと、デ・ロッシも上がれないしわざわざピルロをゴールに近い位置に置いた意味も無い。また、トーにも周りで動くカッサーノの働きも十分とは言えず、これもペロッタ同様脅威を与えていたかは疑問符。

まぁ何より、SBがこれだけ脅威で中盤できっちりタメを作って上がる時間を作れて、ゴール前に迫っても中のトーニが尽くゴールを外している状態ではお先真っ暗......一つ何かが合えば爆発するほど並々と零れ落ちそうなほど溜まっているけど不発(苦笑)


『それぞれの道』

フランスはこの試合の結果2−0で約30年ぶりのPK以外でのイタリア戦での敗戦でユーロを去ります。

ハッキリ言って選手もチームもジダン抜きでもやれると確信はしているけど、肝心の監督がジダンに取り付かれている&執着しているご様子

流石にドメネクは退任すると思う&願う(笑)

ベンゼマとか良い選手だな......もっとゴールに近い位置で動けるように中盤の支えがあればと考えます。ナスリももっと多用されてもと思うんだけど......フラミニしても、サニャにしても腐るほど人材は入るのに活かしきれていないのが本当に口惜しい


逆にイタリアは人材不足にお悩み中

それでも勝ってトーナメント出場を決めた辺りは流石なのかな

それでも次戦はスペインとのトーナメント初戦。ガットゥーゾもピルロも累積で欠場。特にピルロが居ないのは何よりもきついけど何とかしてしまうのか......それでもDFとくにCBにかつての強さはありません。
そしてトーニ頼りの攻撃では、爆発的な若さと才能を多数揃えたスペインを撃破出来るとは想像しにくい......順当にスペインが力を発揮できれば誰の目にもイタリアの敗戦は目に見えているけど(苦笑)

それにしてもバッジョ⇒デル・ピエロ⇒トッティのファンタジスタの系譜はここで途絶えてしまうのか?

そこも気になる......




フランス:Formation

        アンリ(12)    ベンゼマ(9)
  リベリー(22)               ゴブ(10)
       
        マケレレ(6)  トゥララン(20)
  エブラ(13)                クレルク(14)
         アビダル(3)  ギャラス(5)        

             クーペ(23)

【得点】
なし

【交代】
10分 リベリー ⇒ ナスリ(11) 《負傷交代》
26分 ナスリ ⇒ ブームソン(2)
66分 ゴブ ⇒ アネルカ(8)

【退場】
24分 アビダル

※( )内は背番号

伝統的なのかドメネクの手腕なのか中底以降と前線が分断されているから攻守の連動が上手く行かない。今までならばジダンやヴィエラがそこを補っていたけど、この試合リベリーが抜けてからより顕著になった。

その意味でもナスリよりゴブを選んだ選択が正しかったのか? 素人の私には分からない(むにゃむにゃ)

テュラムとかサニョルとかなんでスタメンで使わなかったのだろうか?

ヴィエラの怪我の回復を願って代表に帯同させたい気持ちは分かるけど、トゥラランって誰? フラミニを退けるほどの人材なのかな......

チグハグなドメネク 退任を望む(毒笑)



イタリア:Formation


            トーニ(12)
     カッサーノ(18)
              ペッロッタ(20)

    ガットゥーゾ(8)      ピルロ(21)

           デ・ロッシ(10)
 グロッソ(3)               ザンブロッタ(19)
       キエッリーニ(4)  パヌッチ(2)


            ブッフォン(1)

【得点】
25分 ピルロ《PK》
62分 デ・ロッシ(FK)

【交代】
55分 ピルロ ⇒ アンブロジーニ(13)
64分 ペロッタ ⇒ カモラネージ(16)
80分 ガットゥーゾ ⇒ アクイラーニ(22)


※( )内は背番号

デ・ロッシの成長に驚き、トッティの居ないローマも支えてたし......

ピルロ&ガットゥーゾが抜けるスペイン戦

予想としては......

               トーニ
         カッサーノ
   デル・ピエロ           カモラネージ

       アンブロジーニ デ・ロッシ
   グロッソ             ザンブロッタ
        キエッリーニ パヌッチ

            ブッフォン


確かドイツW杯オーストラリア戦でも、トッティの不調を考慮して4−4−2にしてきた記憶が......トッティとピルロを置き換えてみました。まぁ相手がスペインとオーストラリアでは違いすぎるけど(苦笑)       

それにしてもブッフォンは凄い。確かにチェフの人外の超越したセーブも魅力だけど、怪我以降の凡ミスも目立つし、安定感から言えばまだまだブッフォンの時代が続きそう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

生き残ったのはイタリア!
Excerpt: グループCだけは詳しくなったりぐです。 EURO2008 グループC第3戦 イタリア 2−0 フランス オランダ 2−0 ルーマニア イタリアvsフランスの試合を見..
Weblog: 雲の上からHello!
Tracked: 2008-06-18 13:30

EURO2008 グループC最終決戦!イタリアVSフランス
Excerpt: EURO2008はグループステージ最終戦に突入。決勝トーナメント進出を決めたチームも続々決まっています。ここまでベスト8入りを決めたのは、A組はポルトガルとトルコ、B組はクロアチアとドイツ、C組はオ..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2008-06-18 13:33

チューリップ畑に足を向けて寝られない長靴さん  【サッカー EURO2008】
Excerpt:  サッカーの欧州選手権(EURO2008)1次リーググループCの2試合が17日行われ、オランダとイタリアが勝利を収め共に決勝トーナメント進出を果たした。
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース
Tracked: 2008-06-18 15:55

EURO2008 グループCB
Excerpt: ■EURO2008 グループC フランス 0−2 イタリア             ピルロ(前半25分)             デ・ロッシ(後半62分) グループC最終節はイタリアが勝利フラン..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2008-06-18 18:52

グループCは“C”は“たのしい”のC(しい)。
Excerpt: おはようございます。木曜どうでしょうです。 ユーロは早くもグループリーグの最終節。僕は地上波での観戦でグループCしか観れませんでした。 けど、寝坊や録画失敗などのアクシデントに見舞われたりで、..
Weblog: 木曜どうしよう
Tracked: 2008-06-18 19:44

世界王者の意地
Excerpt: スイス・オーストリアEURO グループC第3戦 フランス0−2イタリア オランダ2−0ルーマニア 首位通過が決定しているオランダは例に漏れずスタメンを大きく変更。 エンヘラールとブラルーズ以外の9人..
Weblog: FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜
Tracked: 2008-06-19 13:31

イタリアが準々決勝へ;Firefox 3 リリース
Excerpt: まずはユーロ2008の結果から・・・ オランダ 2−0 ルーマニア フランス 0−2 イタリア オランダはメンバーを大幅に入れ替えつつも順当勝ち。 もう1試合は2年前のW杯決勝がはるか昔日に感じら..
Weblog: 嵯峨野にわか住人の日記・別館
Tracked: 2008-06-19 20:29

EURO2008 イタリア辛くも決勝Tへ
Excerpt: 我チェコが負けて気が抜けたが このEUROの為に、せっかくデジ・アナ両方のWOWOWに加入しているので 引き続きEURO楽しむ事にするぞー。 死のグループC 刻々と変わる余りにややこしい勝ち抜け条件..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2008-06-19 22:07

イタリアが準々決勝へ;Firefox 3 リリース
Excerpt: まずはユーロ2008の結果から・・・オランダ 2−0 ルーマニアフランス 0−2 イタリアオランダはメンバーを大幅に入れ替えつつも順当勝...
Weblog: 嵯峨野にわか住人の日記
Tracked: 2008-07-03 15:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。