2008年06月23日

ユーロ2008【オーストリア/スイス大会】スペイン vs イタリア【Quarter Final】

2008 6/23


ドイツW杯から流れる時代の潮目

イタリアに象徴される守備主体の時代が続行するのか

スペインに象徴されるスペクタルとリアリズムが共存出来る時代なのか



『イタリアの哲学』

ピルロが居ないガットゥーゾが居ない......その選択肢の中から導き出された答えが、ミランスタイル?をモデルにしたガチガチにカテナチオを前面に出したサッカー

正直、これには面喰いました(笑)

確かにドイツW杯の時も結果的に守備に偏重する事はあっても、リッピはあくまで攻撃に手を打たなかったわけではありません。まぁスペインに比べればコチラから仕掛けて、どうにか出来る駒が少ないと言うのもあります。ピルロが居ない事がココまであからさまにカテナチオを前面に出したものになるとは......

ただ、《守る+カウンター》と目的が単純化された時のイタリアの団結力は半端じゃありません。この日も今回のユーロで急造されたDFラインの硬さは尋常じゃありません。キエッリーニがここまで出来るとは思いもしませんでした。もちろんパヌッチ・ザンブロッタ・グロッソと経験豊富な面々に加えて、ブッフォンが要ると言う事が大きな心理的アドバンテージになっているからでしょうけど。

そしてDFラインの前に陣取る中盤の3人、特にアンブロジーニの危険を察知してDFにヘルプに行く心強さは何物にも代えがたいでしょう。グロッソはコレがあったから落ち着きを払って行動できたのでは無いでしょうか?


『勇気あるチャレンジを繰り返すスペインの答え』

このイタリアの哲学に真っ向から挑んだスペインの勇気を称えない訳にはいきません。カテナチオからのフルスピードのカウンターを見れば、誰もがたじろぎます。それでも勇気を持って真正面から挑んだスペイン

縦にパスを入れてPA付近でガンガン勝負をかける辺りをみると、まるでイタリアのカウンターを恐れていな無鉄砲にも見えるけど、それをきっちりシュートでフィニッシュを終える事で、イタリアに少なからず恐怖感を与えていたのは言うまでも無いでしょう。全力で力をぶつけて来るスペイン、攻撃に対する飽くなき意思を感じました。

ビジャの類稀なるずば抜けたテクニックとセンス。シルバの目を見張る突破からのシュート。イニエスタ・シャビの変幻自在のゲームメイク。

しかし、それらをひっくるめてどうしても守備が疎かになりで、全体が軽くなってしまう所を、要所要所で体を張って全体をシャープに保っているのはセナの働きに依るところが大きい

DFラインにしても危険な所でセナが動いてくれるのでかなり助かったはず。どうしても体格的にスペインは劣るのは仕方が無いこと。そこで勝負される前に出来るだけ危険の芽を摘むことは必須

それにしてもビジャのテクニックは異常なほど凄い(笑)

あと驚きを隠せないのはシルバ.....全くその存在を知らなかったのでびっくり。度々イタリアの目を掻い潜って中盤でフリーになって、ソコから基点となってイタリアゴール前を脅かしていました。色んな人材が居るんだなぁ~


『勝負を決し得なかったもの』

これだけガチガチに組み合っていると、一、二度は決定的チャンスが巡って来ます。

スペインはフィニッシュに入るワンステップ前にイタリア守備陣の足が出たりと、執念にも近い守りのタフさに微妙にテクニックが狂わされた所もあるかと思います。何より単純なシュートじゃブッフォンにセーブされるという気持ちが、より厳しいコースを狙う事を強要したものが一因に挙げられるかもしれません。

逆にイタリアも数少ないカウンターからグロッソやザンブロッタなど、両SBが機を見て果敢にオーバラップから勝負をかけるものの、そのアーリークロスに尽くトニが寸での所で合わせられない。後半、二度ほどDFからマークを外してフリーになるものの決められず。決定的な場面もカシージャスのスーパーセーブで弾かれたり......イタリアのブッフォンだけがGKじゃない証拠。

両者共に寸での所で攻撃が噛み合わず止めを刺せず


『PK戦にもつれはしたけど』

延長でも決着がつかずにPK戦に突入

結果は4−2で勢いの差でスペインが勝ち名乗りを挙げました。

ポルトガルにしろオランダにしろ、グループリーグで圧倒的な力を誇示した所がバタバタ敗退しただけに、スペインがこの流れを食い止めた事が何よりも安心しました。

時代が止まったもしくは逆行するかもしれない危機に一時は落ち着きませんでしたが......

トルコにしろロシアにしろやはり、スペクタルとリアリズムの共存をしっかり備えているチームが勝ち上がってきているだけに、時代は確実にドイツW杯の時より進んでいると確信しています。

特にスペインがイタリアに勝った意味は、この意味で非常に大きい

哲学と哲学のぶつかり合いが生んだ稀なる名勝負だと言っても良いでしょう。

リアリズムを追求するだけでは前に進まないのは、ユーロが証明したはずです。岡ちゃんは見て無いか......(苦笑)

スペクタルを追求するにしても、フィニッシュをシュートで終えるというもっとも単純だけど真理に近いこれを日本が実行できない限り、停滞は目に見えています。



スペイン:Formation


        ビジャ(7)  トーレス(9)

 イニエスタ(6)             シルバ(21)
         シャビ(8)
               セナ(19)
 カプデビラ(11)             S・ラモス(15)
        プジョル(5)  マルチェナ(4)

           カシージャス(1)


【得点】
なし

【交代】
59分 イニエスタ ⇒ カソルラ(12)
60分 シャビ ⇒ セスク(10)
85分 トーレス ⇒ グイサ(17)

※( )内は背番号

トーレスの切り替えしが、イタリアに読まれまくっていた。 

流石のスペインも両SBを上げるほど攻撃を仕掛ける事はなかった。
カウンター対策をシッカリとっていた。体格で劣る分致し方なし

セナが攻守に目立っていた分、シャビとかセスクとかイマイチに映る



イタリア:Formation


            トーニ(9)

      カッサーノ(18)   ペッロッタ(20)

  アンブロジーニ(13) デ・ロッシ(10)  アクイラーニ(22)

グロッソ(3)                 ザンブロッタ(19) 
       キエッリーニ(4) パヌッチ(2)


            ブッフォン(1)

【得点】
なし

【交代】
58分 ペッロッタ ⇒ カモラネージ(16)
74分 カッサーノ ⇒ ディ・ナターレ(11)
118分 アクイラーニ ⇒ デル・ピエロ(7)

※( )内は背番号

クリスマツリーもトップ下の二列目がこれじゃ......カカじゃないし

結局トーニと心中したドナドニ......彼の代役を連れて来なかった&探さなかったのが敗因か、代える勇気も無かったのか

グロッソも良いSBになった。ドイツW杯から比べると自信がついた様子がプレーにも現れている。

急造DFラインにしては、あのスペインの猛攻を120分間鍵を掛け続けた事は驚き

ピルロに代わる人材が居ない&成長していない

トッティの次が出てきていない

活きの良いFWも揃えられなかった事がカテナチオの完成には至らず


《PK戦》
スペイン
1.ビジャ  ⇒ ○
2.カソルラ ⇒ ○
3.セナ   ⇒ ○
4.グイサ  ⇒ ●
5.セスク  ⇒ ○

イタリア
1.グロッソ    ⇒ ○
2.デロッシ    ⇒ ●
3.カモラネージ  ⇒ ○
4.ディ・ナターレ ⇒ ●
5.




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【EURO2008】スペインが延長のすえ、苦手のイタリアに勝つ
Excerpt: EURO2008最後の準々決勝も延長戦となりました。今年のEUROは粒ぞろいのチームが揃っているのか、準々決勝は白熱した面白い試合が多いようです(もう少し点が入るともっとよいのですが)。そんな中、スペ..
Weblog: 【本音トーク】 EVOLUTION
Tracked: 2008-06-23 16:00

4強出揃う!
Excerpt: あぁ、無情・・・ 改めて、PK戦って無情だ。 (引き分け再試合なんてないからね・・・) あと、残りが4チームになったことに一抹の淋しさも・・・ (高校野球もベスト8が一番おもしろいと言う・..
Weblog: 日刊kubokazu777
Tracked: 2008-06-23 21:44

EURO2008 準々決勝 スペインVSイタリア
Excerpt: サッカー欧州選手権「EURO2008」決勝トーナメント・準々決勝は最後の試合を迎えました。準々決勝3試合が終わってすべてグループリーグを2位通過したチームが勝利しています。第4試合はD組1位のスペ..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2008-06-23 22:15

壁を破った無敵艦隊
Excerpt: スイス・オーストリアEURO 決勝T1回戦 スペイン0−0イタリア PK4−2 スペインが久々にベスト8の壁を破った。 過去の成績、そしてこれまで3戦連続でグループ1位が敗れる流れ。 全てがスペイン..
Weblog: FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜
Tracked: 2008-06-24 00:33

EURO2008 Quarterfinalsは4日連続で号泣
Excerpt: さるおです。 フットボールはな、ハートなんだよ!(大きな声で) フットボールを観るのはなぁ、ハードなんだよ!(さらに大きな声で) もうヘロヘロですが、どーにかついていってます。2日空いてよかった。(切..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2008-06-24 14:11

‘聖イケル’がスペインに勝利をもたらす
Excerpt: セスクが決めた瞬間、思わずブラウン管の前で ガッツポーズしました(笑)。 スペイン国王のファン・カルロス1世が激励に訪れていた そうですが、国王の御前でイタリアに見事な勝利でした。 ピルロがいないとな..
Weblog: 嵯峨野にわか住人の日記・別館
Tracked: 2008-06-24 15:42

ベスト8の呪縛から解放された無敵艦隊!! 【サッカー EURO2008】
Excerpt: サッカーの欧州選手権(EURO2008)の準々決勝スペイン×イタリアが22日(現地)、オーストリアのウイーンで行われP.K戦の末、スペインがイタリアを下しこの大会24年ぶりにベスト4に駒を進..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース
Tracked: 2008-06-25 01:04

‘聖イケル’がスペインに勝利と準決勝進出をもたらす
Excerpt: セスクが決めた瞬間、思わずブラウン管の前でガッツポーズしました(笑)。スペイン国王のファン・カルロス1世が激励に訪れていたそうです...
Weblog: 嵯峨野にわか住人の日記
Tracked: 2008-07-03 17:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。