2008年06月27日

ユーロ2008【オーストリア/スイス大会】ロシア vs スペイン【Semi Final】

2008 6/27


スペクタルとリアリズム、均整のとれたヒディング風ロシア

鬼門を突破し世界の期待に応えたい無敵艦隊スペイン

皆が期待するような試合が見れるのか?



【慎重さと強かさと】

グループリーグでも戦っている両者。結果は4−1でビジャにハットトリックを決められる始末。ロシアもその試合でアルシャビンを欠いた中での戦いだけに、この試合に賭ける思いは並々ならぬ想いがあるはず。

比較的、両者共に慎重な立ち上がりですが、それでもスペインがロシアのパス回しを楽に容認している辺りに、ガチガチに引かれて守られるのを警戒し嫌う意図が見え隠れします

それを知ってか知らずかボールを支配するロシア。右から比較的楽に何本かサイドを侵食するものの、決定的な場面はなし。それに準ずる場面は何度かありましたが、全体が震えるような連動性とか目覚しい運動量まではない。

それを水際で防いでいたのはプジョルとS・ラモスのタイトでかなり厳しい守備に依る所が大きいです。アルシャビンはかなりキツメにお灸を据えられている感じですね。まぁ スペースを与えたりフリーで動かすと危険なのは、オランダ戦を観ても分かりますし早めに芽を摘まれていました。

そしてロシアがこれ以上に苦しんだのは、左サイドが完全に死滅した事でしょう。たった一人S・ラモスに、ロシアの左SBジルコフが完膚なきまでに押さえ込まれ《抜けない・クロスを上げられない》ではどうしようもありません。ロシアの最大の特徴は、右左と両サイドを満遍なく使う事によって、相手を左右に振り、全体の意識がアルシャビンから離れたときにエースが自由になって動き回って、相手を混乱のどん底に突き落とすのが狙い。その為の無尽蔵な運動量な訳です。特に左SBのジルコフは、ある意味切り込み隊長的な役割も担っているようで、S・ラモスに抑え込まれて以降、サイド付近からクロスを上げるのはリスタート以外にありませんでした。

まぁ リスタート(FK/CK/スローイン)などファウル等々貰っているからロシアペーストも言えるけど、むしろスペインがかなり厳しく序盤から芽を摘んでいたと言った方が、シックリくるかもしれませんね。

一方のスペインの攻撃は、トーレスを効果的に使った縦パスで裏へ抜けるパスが非常に目立ちました。これは前述の通りパス回しで支配するとロシアが固くゴール前で亀になるのを防ぐ為に取った戦術でしょう。トーレスとビジャだけでやれる自信もあったはず。



『誤算......』

ここで誤算が生じます。ちょっとロシアにボールを持たせすぎた事によるスペインのリズムの崩壊とロシアの侮りがたい単発の攻撃(シュート)


そして最大の誤算は、34分にビジャが怪我でピッチを去った事


ただしビジャに代わってピッチに入るのがセスクと言うのはちと反則(苦笑)

まさしく『何だかな~(阿藤快風)』

ただこの誤算によってスペインのシステムが変わり、戦術も変わり格段にボール保持率が上がった事は言うまでもありません。それに特化したと言っても過言では無いはず。



『パーフェクトスペイン(後半)』

ビジャ交代以降潮目が変わってしまいました。その流れを取り戻すべくヒディングは後半の頭から、前線から連動したプレッシングを仕掛けてきます。まさにこれぞ監督の醍醐味と言ったところでしょう。

ただ惜しむらくは相手が前半とは変わっている事、そしてこの後半の中盤でない(ビジャがいる)前半のスペインであったならば、もっと違った展開になっていたかもしれません。

尽くロシアの強烈なプレッシャーをすり抜けるスペインの中盤。ボールのコントロールミスさえない状態では何もする事が出来ません。

強烈なプレッシングも度々、個人&集団で避けられて、裏へ一発の縦パスで抜けられ、トーレスなど1vs1の状況を度々作られます。前に人数を掛ける分後方の守備が手薄になり、戻りながらの守備を強いられる状況を作ってしまいました。

そして......50分、PA付近でイニエスタにボールを保持されテクニックで翻弄されている内に、二列目からフリーで突っ込んできたシャビに、ゴールど真ん中でボールを合わされて、先制点を許します。

完全に息を吹き返したスペイン

完全に力関係がハッキリして、テクニックで尽くロシアのプレスを華麗に避け、そして余裕をもってゴールを狙うスペイン

次第にプレッシングの勢いが消えて、スペインの中盤のボール回しに取りに行けなくなったロシアは、成す術もなく沈んでいきます。無尽蔵に思えた運動量も、攻撃の転ずる機会がなければ波に乗ることも出来ません。ましてやスペインの中盤が常にパーフェクトに立ち振る舞い、ミスさえもしないのでは......



『誤算はどちらだったのか』

結局終わってみれば、途中交代のグイサが追加点を決めたり、〆はシルバが決めて3−0の快勝で、スペインのパーフェクトさだけが目立つ結果になりました。

ビジャの負傷交代は、実はスペインが痛いのでは無く、ロシアにとって最大の誤算だったのかもしれません

中盤の支配力が比較的弱い状態のスペインであったならば、後半のロシアのプレッシングは効いていたかもしれません。

ビジャがピッチを去って、セスクが入ることによって中盤の支配率が急激に上がり、ボールをテクニックで保持できる選手が増えた事がヒディングにとっては恨めしかった事でしょう。


実は私も試合前は、ビジャとアルシャビンのエース対決を予想していただけに残念でした(苦笑)

折角《ビジャに有ってアルシャビンに無いものは......それはエースの作ったチャンスをゴールに繋げるストライカーの存在だ! それがトーレスだ!》なんて謳い文句を用意していたのに悔しいです(笑)

※まぁロシアでなくスペインが勝つ事が前提だけど(苦笑)

まぁ 誤算も何もサブにスタメンを張ってもおかしくない連中がゴロゴロいるスペインの方が異常な気もしないでもないかな......

そして、しつこいけどロシアのジルコフが、あんなに完膚なきまでにS・ラモスに抑えられるとは想像もしなかったはず。たった一度チャンスがあったけど、後半ロスタイムに一度だけマークが外れたぐらい......ちょっとこの強力な守備は今までのスペインからは想像もつきません。


何だかんだで決勝は、ドイツvsスペインになりますが、かなり内容的には濃いユーロだった気がします。特にスペインがこの準決勝でこのパーフェクトな試合をしたことは大きな意味があるかもしれません。

ただ不安なのは......際どい試合をしてきたチームが次の試合を制している現実......スペイン大丈夫か!?



ロシア:Formation


        アルシャビン(10)  サエンコ(9)

 パフリュチェンコ(19)  セムショフ(20)  ジリャノフ(17)

              セマク(11)

   ジルコフ(18)              アニュコフ(22)

       イグナシェビッチ(4) ベレツトスキー(2)


            アキンフェエフ(1)


【得点】
なし

【交代】
56分 セムショフ ⇒ ビリャレトディノフ(15)
57分 サエンコ ⇒ シチェフ(21)

※( )内は背番号

《ビジャに有ってアルシャビンに無いものは......》の続きですが、アルシャビンが居ても居なくても関係なくゲームを作れてフィニッシュまで持ち込める中盤の存在。スペインの中盤は反則級(苦笑)

ジルコフ等々のミドル/ロングレンジからのシュートも、オランダ戦から比べれば殆ど無いに等しい。これが意外に守備陣に恐怖を植えつけていたのかもしれませんね。強烈だったし枠内に入っていたし。

結局の所、オランダはロシアをなめきって試合に入ったかもしれないと今思う

ヒディングがこのままロシアに残るか分からないけど、彼が去れば草木も残らぬ悲惨な状態になる事だけは確か......



スペイン:Formation


        トーレス(9)  ビジャ(7)

  シルバ(21)  シャビ(8)         イニエスタ(6)
                セナ(19)

 カプデビラ(11)               S・ラモス(15)
        プジョル(5)  マルチェナ(4)


           カシージャス(1)


【得点】
50分 シャビ
73分 グイサ
82分 シルバ

【交代】
34分 ビジャ ⇒ セスク(10)
69分 シャビ ⇒ シャビ・アロンソ(14)
69分 トーレス ⇒ グイサ(17)


※( )内は背番号


ビジャが負傷は痛い。決勝で是非観たいけど......

S・ラモスの強さが目立った試合。その分逆サイドのカプデビラはずっと浮いている感じ......たしか決勝ではドイツのラームと対面するはず大丈夫か!?

ビジャ以後の4−1−4−1は凄かった。まさしくパーフェクト! セナが守備に専念できる分ありかも......ただ今回は先制点を取れたから優位に進めたけど、取れなかったら攻め手に欠く布陣でもある。

ドイツの上背に決勝は苦労しそうだけど......トニのように空振りしてくれる訳でもないクローゼを抑えることが出来るか......バラックは? シュバインシュタイガーは? ポドルスキーは? マリオ・ゴメスは?



この記事へのコメント
用意した謳い文句使えなくて残念でしたね(笑)

ロシアは残念でしたが、アルシャビンはバルサに行くという夢をかなえてほしいですね〜。
Posted by カズマ at 2008年06月27日 15:54
カズマさんへ

そうですね〜中々想い道理にならないのがサッカーの常なのかな(苦笑)

もっと周りのレベルの高い所に、アルシャビンも行けば、もっと光り輝くのではないでしょうか。頑張って欲しいですね。
Posted by Daft at 2008年06月28日 10:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スペインが完勝で決勝へ!
Excerpt: ヒディンクのMPが0になった! EURO2008 準決勝2 スペイン 3−0 ロシア 予選ではスペインが圧勝したこのカードですが、前半はジリジリした展開が続きます。ロシア..
Weblog: 雲の上からHello!
Tracked: 2008-06-27 13:14

EURO2008 準決勝 ロシアVSスペイン
Excerpt: サッカー欧州選手権「EURO2008」準決勝最初の試合は、ドイツがトルコに終盤の点の取り合いを制して決勝進出を果たしました。そのドイツと決勝で対戦する相手がこの試合で決まります。準決勝第2試合は、..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2008-06-27 14:06

無敵艦隊ファイナルへ!!
Excerpt: ノラ猫がギャーギャー騒いでくれたおかげで起きれました。 ★ユーロ2008準決勝☆ 1984年大会以来3度目の決勝進出!! ロシア 0−3 スペイン 【スペイン】 チャビ(後5)、グイ..
Weblog: キングのオキラク蹴球記
Tracked: 2008-06-27 15:09

【EURO2008】スペイン快勝、ドイツと決戦
Excerpt: EURO2008準決勝のスペインvsロシアは後半に試合が動きました。5分に華麗なパスワークから先制すると、28分、37分にも追加点を奪い、終わってみれば3−0の快勝です。今大会のスペインチームは穴がな..
Weblog: 【本音トーク】 EVOLUTION
Tracked: 2008-06-27 17:27

EURO2008 準決勝A ロシアvsスペイン
Excerpt: ■EURO2008 準決勝A ロシア 0−3 スペイン            シャビ(後半50分)            グイサ(後半73分)            シルバ(後半82分)  ロシ..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2008-06-27 21:17

返り討ち
Excerpt: スイス・オーストリアEURO 準決勝 ロシア0−3スペイン ヒディングマジックでグループリーグのリベンジあるかと思ったんやけど・・・。 スペインが返り討ちにしてしまいましたね。 ヒディングにとってま..
Weblog: FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜
Tracked: 2008-06-27 22:55

EURO2008準決勝 ヒディングマジックを解いたスペイン激勝!
Excerpt: 魔法を解かれたロシアは最早普通のチームだった、 無敵艦隊復活! もうこの勢いは誰にも止められないのであろうか? WOWOWでも言っていた通り チームが、サポーターが、いやいや国がひとつになっている、そ..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2008-06-28 07:11

EURO2008(準決勝戦)「(D組2位)ロシア代表 vs スペイン代表(D組1位)」
Excerpt: 1時間遅く起きてしまったので後半しか見れませんでした・・・。 ロシア代表0ー3スペイン代表 後半5分、左サイドからイニエスタ選手のライナーのクロ スをシャビ選手がボレーで合わせて先制。 ..
Weblog: slow,snow
Tracked: 2008-06-28 08:20

無敵艦隊×不屈のゲルマン魂 欧州No.1を巡る争いの結末は? 【サッカー EURO2008】
Excerpt: サッカーの欧州選手権(EURO2008)は25、26日に準決勝2試合を行いドイツとスペインが決勝にコマを進め、29日にウィーンで対戦する事になった。 【準決勝の結果】 ドイツ 3−2 ..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース
Tracked: 2008-06-28 09:03

アラゴネス作曲「美しく強きスペイン」
Excerpt: ちょうどウィーンでの試合でしたし、オーストリア第2の 国歌とまで言われる、あのJ.シュトラウス2世の有名な ワルツ『美しく青きドナウ』にもじってみました(笑)。 スペインならワルツじゃなくてフラメン..
Weblog: 嵯峨野にわか住人の日記・別館
Tracked: 2008-06-29 09:53

ルイス・アラゴネス作曲「美しく強きスペイン」
Excerpt: ちょうどウィーンでの試合でしたし、オーストリア第2の国歌とまで言われる、あのJ.シュトラウス2世『美しく青きドナウ』にもじってみま...
Weblog: 嵯峨野にわか住人の日記
Tracked: 2008-07-03 18:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。