2008年06月30日

ユーロ2008【オーストリア/スイス大会】ドイツ vs スペイン【Final】

2008 6/30 ウィーン


時代はどっちを向く?

フィジカル優位の勝つためのサッカーなのか?

娯楽を追及させた魅せるサッカーなのか?



『中盤の攻防』

ドイツを見るのは今大会初めてです。準決でさえ“ドイツvsトルコ”の試合を放送しなかったTBS系......まぁ 色んな諸事情があるにせよユーロを放送する気概があるなら努力の後を見せて欲しい所......ここで愚痴を言っても仕方が無いか(苦笑)

ユーロ直前に見た“ドイツvsセルビア”とは布陣が変わっていました。
1トップのドイツというのも奇妙な気がするけど......クローゼのパートナーが見つからない、M・ゴメスが伸び悩みと言った所でしょうか。あとはバラックを守備から解放させて、ポドルスキを使いたいとなれば4−2−3−1に落ち着いたのかな

序盤から、かなり前線からプレスを強めるドイツ。ビジャの居ないスペインは4−1−4−1で中盤を厚く支配率を高める布陣。ゲームを組み立てるDFからの中盤に回る所をかなり厳しくプレッシャーを掛け続けます。流石のスペインもフィジカルを前面に押し出されては、テクニックだけでどうにかなる相手では無いだけに無理はできません。少し手の打ちようが無かったです。

その立ち上がりにペースを掴んだのドイツ。セットプレーも何本かあったものの際どいプレーはありませんでした。かなりシビアに守備をするスペイン。ちょっとドイツは気迫負けしている感じ、立ち上がりのスペインはらしくないミスもあったのに仕留めきれず。

ちょこちょこトーレスを使って裏を狙っていたスペイン。精度がイマイチでドイツにペースを握られていましたが、たった一本の縦パスがトーレスに通り状況が一変!

ピッチの3/1(アタッキングエリア)に進入すると、今まで中盤の壁を通り抜けるのに苦労していたのが嘘のように、水を得た魚の如く縦横無尽にドイツ領内を駆け回ります。明らかに立場が逆転した一瞬でした。

トーレスに裏へ抜けさせる&トーレスにボールを預ける事によって、中盤の激しい攻防戦を排し、一気にディフェンスと勝負が出来る状態になります。中盤でのフィジカルの消耗戦に付き合わなくて済む分スペインはかなり楽になったはず。一方肩透かしを食らったドイツ。スペインにプレッシャーを掛けてゴリゴリ押し捲ってショートカウンターやリスタートからの展開を読んでいただけに......正直、このドイツのプレッシャーをものともしない、かなり精度の高い縦パスを、トーレスに供給できるテクニックは尋常じゃない。中盤でのフィジカルの差はTV画面で見ても明らか。それでもソコを通す、もしくは前を向ける技術は凄いです。

その縦パスを受けるトーレスもスピード&フィジカルに長け、特にフィジカルでドイツCBに見劣りする所はありませんでした。彼の頑張り一つが中盤から上がってくる選手の足取りを、軽くしたり重くしたりするだけに非常に重要な責務を負っているのが分かります。

結局、中盤を排する選択肢もあった事示したスペイン。完全にドイツは後手を踏みましたね。



『先制点』

33分、中盤(シャビ)から裏への一発の縦パスに反応したトーレス。

メッツェルダーとラームの間に居たトーレス。ボールに反応するや飛び出しますが、ラームが一瞬早くトーレスの前をブロックしたかのように見えましたが、トーレスはラームの裏を抜いて、ラームが飛び出してきたGKレーマンに気を取られて、スピードを緩めたホンの一瞬を見逃さず、ソコをボールを掬い上げてゴールネットを揺らしました。

スピード・テクニック・ゴール嗅覚、全てにおいて唖然とするようなプレーでした。完全に予想だにしない所から顔を出し、足が出たプレーでした。

結局、大会前から不安材料に挙げられていたドイツ守備陣のスピードの無さと、タイトにもしくはシビアに相手に当たれない温い守備意識が露呈した一瞬でした。

まぁ トーレスのラームを後ろから抜いて足が出るスピードの方が尋常じゃないか(笑)



『ドイツの攻め所』

後半に入ってもイマイチ攻め所に欠けるドイツ。
中底をフリンクス一人にして、FWにクラニーを入れて前を厚くします。

これには流石にスペインも冷や汗を掻く時間が続きました。いくらセナが中盤の守備を支えていると言っても、バラックと平行して別の選手を見れるわけでもありません。また全体的な中盤の運動量の減退もチラホラ......セスクに代えてシャビ・アロンソを入れてセナと組んで中底の守備を整えたり、攻め疲れの見えるシルバに代えてカソルラを入れたりと手を打ってきます。

それでもドイツのペースが続くかと思われたのですが......相手にセットプレーを明け渡した一瞬。全体的に気が緩んだのかS・ラモスのダイビングヘッドが飛び出します。中途半端に人が残っていたが為にオフサイドトラップが掛からず危うく〆の追加点をスペインに許す所でした。レーマンの反応が無ければ試合が決まっていたでしょう。

そこからまたもう一段階ギアを上げたスペイン。これにはドイツは付いて行くだけの運動量はなかったです。集中力の欠如は、目に見えないところで蝕まれた体力と、常に仕掛けてくるスペインのプレッシャーによって生まれたのでしょう。ドイツのフィジカルも万能ではない。

ドイツも全くチャンスが無かったわけではないはず。リスタートやセットプレーも比較的多く、絶妙な角度からのFKも多かったですが、精度がピッタリ合わなかったのが惜しい所。ただそれでも今のスペインに得点できたか......かなりシビアにストイックにプジョルがディフェンスに入っている所を見ると、フィジカルを超越したものがサッカーには存在するはずだと思わずにはいられません。

それにしても、サイドからのクロスもこの試合完璧にスペインに押さえ込まれていたのに等しいはず。特に決定的な場面になりそうな時に限って、サイドに展開するボールをスペインにカットされたり拾われたりで、寸での所で要所を押さえられては、如何なドイツもペースを作るのは難しいかな。一つの攻撃が防がれると、そこから必ずカウンターが始まり、長い距離を戻らなければならない精神的・肉体的疲労は計り知れないでしょう。こういうカウンターの時に限って、中盤でボールが取れない、前からの守備も効果が無いのがドイツに流れが無い証拠かな。アタッキングエリアまで運ばれて、よしんば奪取してもまた深い位置からゲームを組み立てないといけないし......辛いね。



『押し切る強さ』

ドイツの最後のパワープレイも、そのサイドからの角度のあるボールさえ入れさせないスペインの強かさと試合慣れ。

スペインが勝利の栄冠を掴みました

ここまで自分達の信念を押し切って優勝したチームも珍しいのではないでしょうか?

それも守備の信念ではなく攻撃の信念を前面に押し出して

それを可能にしたチームが、決してフィジカルで優位に立つチームで無いことも特筆すべき事でしょう。

それにしても、ここまでドイツを決勝の地でねじ伏せたチームも珍しい


決してドイツが守備主体のチームとは言えないけど、フィジカルを前面に押し出す分、そういう見方が出来る事は確かです。

そういうフィジカル重視・守備重視・勝つだけのサッカーの流れからヨーロッパが舵を切り始めたと見ても良いのかもしれません。

より娯楽性?ファンタジックなプレーを重視するサッカーに向かいつつあるのが、このユーロの潮流としてあったのではないでしょうか?

それを成し遂げたのがスペインであると言う事実は大きいと思います

そんなスペインの攻撃への信念を支えたのが、セナの奮闘であり、プジョルのストイックさであり、S・ラモスのタイトさであった事は忘れたはなりませんが......

何か大きな流れが変わったと信じたい

その流れに日本が乗り遅れない事を切に願うのみ



ドイツ:Formation


              クローゼ(11)
 ポドルスキ(20)                 シュバイン(7)
              バラック(13)

      ヒツルスペルガー(15)  フリンクス(8)

 ラーム(16)                 フリードリッヒ(3)
       メッツェルダー(21) メルテザッカー(17)


              レーマン(1)


【得点】
なし

【交代】
46分 ラーム ⇒ ヤンセン(2)
58分 ヒツルスペルガー ⇒ クラニィ(22)
79分 クローゼ ⇒ M・ゴメス(9)

※( )内は背番号

何だかんだでサイドはスペインに押さえ込まれていた。

ラームの交代はちょっと疑問。守備で失点に絡んだとはいえ攻撃に関してはS・ラモスの頭を抑えて上がり難くしていたことは確か。

※ラームの交代は怪我によるものらしい。これは残念

ラームの代わりに出てきたヤンセンのコンディションやプレーの質が、全体の流れの足を引っ張っていると言っても過言では無いはず。

ドイツの要である中底の働きがイマイチ。ここがタイトに激しく動けない分全体が上手く回っていなかった。

結局、バラックは試合から消されていた。セナ恐るべし

最後まで足を引っ張ったのは守備(CB)だったのは予想通り?



スペイン:Formation


           トーレス(9)
 シルバ(21)                イニエスタ(6)
        セスク(10)  シャビ(8)

            セナ(19)

 カプデビラ(11)              S・ラモス(15)
        プジョル(5) マルチェナ(4)


           カシージャス(1)


【得点】
33分 トーレス

【交代】
63分 セスク ⇒ シャビ・アロンソ(14)
66分 シルバ ⇒ カソルラ(12)
78分 トーレス ⇒ グイサ(17)


※( )内は背番号


ビジャが居なくても別のサッカーで勝てるスペイン

トーレスの特徴大爆発の試合。あれが届くのか......

中盤の4人はやっぱ異常(笑)

※セスクが目立たないくらい、シャビ・イニエスタ・シルバの動きが凄かった。確かにセスクがスタメンを取れないわけだ......

それを支えるセナの働きも異常(笑)

身長が無くてもプジョルのようにストイックになれば......

ドイツを力でねじ伏せちゃった(苦笑)


勝つだけのサッカーに決別したスペイン

この流れが世界に感染して欲しい       





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【EURO2008】スペインが44年ぶりの栄冠獲得
Excerpt: EURO2008決勝がウイーンで行われ、スペインが1−0でドイツを下しなんと1964年以来11大会ぶり2度目の優勝を果たしました。 スペインは今回4得点を挙げているFWビジャ選手が故障欠場、フェルナ..
Weblog: 【本音トーク】 EVOLUTION
Tracked: 2008-06-30 14:06

スペイン、44年ぶりEURO制覇!!
Excerpt: 名実ともに「無敵艦隊」になりました。 EURO2008 決勝 スペイン 1−0 ドイツ やりましたね、スペイン!攻撃的なサッカーで優勝したのは素晴らしいことですね♪ ..
Weblog: 雲の上からHello!
Tracked: 2008-06-30 14:10

スペイン完全制覇。
Excerpt: ★ユーロ2008決勝☆ スペインが本当の無敵艦隊に。44年ぶり2度目のヨーロッパ制覇!! ドイツ 0−1 スペイン 【スペイン】 F・トーレス(前33) ..
Weblog: キングのオキラク蹴球記
Tracked: 2008-06-30 15:36

パルケエスパーニャ!
Excerpt: その瞬間、 ドイツの若き猛虎シュバインシュタイガーは地にくずおれ、 聖イケルは両手を高く挙げた! 最後に王座に駆け登ったのは、 W杯覇者のイタリアでもブンデスリーガの新皇帝となったリベリーの..
Weblog: ごったでざったなどぶろぐ
Tracked: 2008-06-30 16:43

EURO2008はスペインが制覇
Excerpt: EURO2008の決勝であるドイツ対スペインが行われたが スペインが1対0でドイツに勝利しEURO2008を制覇したね スペインが前半に1点を取ってドイツから逃げ切って制覇だが 無敵艦隊の名..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2008-06-30 17:04

EURO2008最終決戦! ドイツVSスペイン
Excerpt: とうとうこの日がやって…、キタぁーーーーーーーっ!(山本高広風に) サッカー欧州選手権・「EURO2008」は決勝戦!決勝戦のカードは、グループB・2位から勝ち進んだドイツと全勝で勝ち上がってきた..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2008-06-30 17:44

【よしんば】についてサーチエンジンで検索してみると
Excerpt: よしんば に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
Weblog: 気になるキーワードでブログ検索!
Tracked: 2008-06-30 17:45

エスパ〜ニャ、頂点!
Excerpt: 無敵艦隊!完全優勝! スペイン、全勝で頂点極める! 決勝の舞台はオーストリアの首都ウィーンの エルンスト・ハッペル・シュタディオン。 (UEFAから「5つ星スタジアム」に認定されとります)..
Weblog: 日刊kubokazu777
Tracked: 2008-06-30 22:51

真の無敵艦隊へ、スペインがユーロ2008制覇
Excerpt: 夜が明けはじめたばかりの時間なのに、トーレスのゴールシーンや試合終了の ホイッスルの瞬間など、うっかり絶叫しそうになりましたよ(笑)。 ユーロ2008 決勝@エルンスト・ハッペ...
Weblog: 嵯峨野住人の備忘録日記
Tracked: 2008-07-01 07:22

美しき無敵艦隊
Excerpt: スイス・オーストリアEURO 決勝 ドイツ0−1スペイン 44年ぶり、2度目の優勝おめでとう! 偉大なるリネカーが残した言葉。 『サッカーとは最後にドイツが勝つスポーツだ』 今大会も再現されるかと..
Weblog: FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜
Tracked: 2008-07-01 23:58

無敵艦隊ついに欧州制覇!! 次は世界征服の航海へ 【サッカー EURO2008】
Excerpt: 欧州No.1を決めるサッカーの欧州選手権(EURO2008)の決勝が29日にオーストリアのウイーンで行われ、スペインが1ー0でドイツを下し、44年ぶりに欧州チャンピオンに輝いた。 スペインは前..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース
Tracked: 2008-07-01 23:59

真の無敵艦隊へ!スペインがユーロ2008制覇!!
Excerpt: 夜が明けはじめたばかりの時間なのに、トーレスのゴールシーンや試合終了のホイッスルの瞬間など、うっかり絶叫しそうになりましたよ(笑)...
Weblog: 嵯峨野にわか住人の日記
Tracked: 2008-07-06 18:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。