2008年09月03日

プレミアリーグ08~09【第三節】アストン・ビラ vs リバプール

ジェラードが手術をするようで欠場......大丈夫か?リバプール


『限界のベニテス!?』

ジェラードの欠場を見越してか、かなり守備に重心を置いたリバプール。普段ならばなんでもない事でも《石橋を叩いて叩いて叩き割る》ぐらいおっかなびっくりにボールを回している。

正直、こんなつまらない試合は日本代表とアジアの試合だけで十分見飽きている。まさかプレミアそれもリバプールがコレをすると頭にくる(苦笑)

その上26分にスルーパスに反応したトーレスが走り出した所で、ハムストリングなのかトーレスが突如動きを止めて、そのままベンチに下がる緊急事態。ジェラードに続いてトーレスまでもが2~3週間のチーム離脱はリバプールの死を意味しているといっても良いのではないでしょうか

よりボールが動かなくなったリバプール。まぁアストン・ビラが攻守の切り替えが割と速かったり、シッカリ穴を防いでいるのもあるけど、それにしてもチャレンジもしないし、走らない、動かない......サイドで展開しても結局SBがバックパスで戻して一からやり直し(苦笑)

まさしく駒野っている状態には怒りより笑いの方が強かったです。

アストン・ビラが力を付けてきていることは確かだけど、初手の入りからしてここまで守りに徹した戦いをされるとベニテスも限界なのかなと思う。結局ジェラードが居ないと何も出来ないチーム作りをしてしまった辺りにも限界を感じる。ましてやトーレスの離脱となると一発も期待できない。

キーンも居るんだけど、ゴールから遠い位置サイドに追いやって何をしたいのか......結局キーンもカイト化するしか手が無いのか?



『かすかな意地も』

後半の立ち上がりシステムを修正して、キーンを真ん中のゴールに近い所に置いたもののパートナー(トーレスに代わって入った)ヌコグ......パリ・サンジェルマンから獲って来た選手らしいけど、まだまだこれからの選手......足元の柔らかさはフランスリーグの雰囲気を漂わせるけどフィジカルとかポストやボールの競り合いは話にならない。

キーンが居るうちは何とかチャンスもあったにせよ、そのキーンも下がってからはほぼアストン・ビラの攻撃に防戦一方。ボールを何とか前に出しても競り合うのはキーンに代わって入ったベナユン。いやヌコグ190cmあるし競り合えよと思うけどこれがまたベナユンの後ろで右往左往してボールに触れない辺りはイトアワレ......

ベニテスは何がしたいのか......結局アストン・ビラの稚拙な攻撃というか突ききれない何かに助けられて、思惑?道理の引き分け

それでも当初の引き分け以上に失ったものが多すぎる。

ただ光が見えたとすれば後半立ち上がりの動きはらしさが見えたのかな

キーンを真ん中に置いて、FWを縦の関係でキッチリ置くとキーンが活きる。周りもトーレスが離脱した今となってはキーンに頼らざる終えない状況となり、よりキーンを最初に探す事になるかもしれない。キーンのパートナーはカイトでいいんじゃないかと思う。泥臭い事も華麗な事もできるからキーンに合うと思う。


CLとか次節のマンU戦とか大丈夫かね......リーグ開幕早々にリバプールが今季最大の難所に立ち会うことになりましたね。



アストン・ビラ:Formation


       アグボンラホール(11) カリュー(10)
 A・ヤング(7)                レオ・コーカー(20)

         バリー(6)  ペトロフ(19)

 ショーリー(21)               L・ヤング(2)
        ラウルセン(5) デイヴィス(15)

             フリーデル(1)


【得点】
なし

【交代】
64分 L・ヤング ⇒ ミルナー(8)
79分 ショーリー ⇒ ガードナー(26)

※( )内は背番号


確かに攻撃陣はアグボンラホールとかA・ヤングとか若手も着実に実力をつけてきているけど、4強に挑むとなると物足りなさを感じずには居られない。そこを突き抜ける爆発力がない限り手負いのリバプールさえも仕留められない。


リバプール:Formation


            トーレス(9)

 キーン(7)                  カイト(18)
        ルーカス(21) マスケラーノ(20)            
          シャビ・アロンソ(14)

 ドッセーナ(2)                アルベロア(17)
        キャラガー(23) シュクルテル(37)


            レイナ(25)


【得点】
なし   

【交代】
30分 トーレス ⇒ ヌコグ(24)
70分 カイト ⇒ アウレリオ(12)
79分 キーン ⇒ ベナユン(15)

※( )内は背番号

ジェラードに続いてトーレスの離脱は痛い

キーンをゴールから遠ざけて何をするつもりなのかサッパリ


           ヌコグ
  
           キーン

  ルーカス              カイト
      X・アロンソ  マスケラーノ 

これでらしくなったけど、ルーカスのSMFは無理があるよな〜ここらへんを見ても今日は引き分け狙いなのが見てとれる。

カイト&キーンでも良さそうだけど、そうなるとサイドが居なくなるし、ベナユンをサイドに置くと真ん中に来ちゃうし......ベナユン&キーンのコンビなのかな?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。