2008年09月07日

2010W杯【最終予選】バーレーン vs 日本【away】

2008 9/7 バーレーン


冷めた感情が支配するとはいえ

熱くなる物が沸々と湧き上がる

ただ過度の期待は禁物だと経験だけが語る



『気持ち悪いぐらいの展開』

前半18分の俊輔のFKからの先制点。44分のPKでの遠藤の追加点。これ以上の展開があるかと言うぐらいの出来すぎの試合展開。

正直、あまりにも順調すぎて気持ち悪かったです。これはあまりにもマゾな試合に慣れすぎた後遺症かと思うほどに......

バーレーンのモハメド・ハサンが二枚目のイエローで退場してから急激にプレッシャーが減り、楽な展開に......そして後半40分の憲剛の得点で、一気に楽勝ムードと肩の荷が一気に下りました。それはピッチの中に居る選手だけではなく、TV解説者も含めて私もホッと息を吐いた事から見ても一体どれだけの人間が気を緩めたことか......(苦笑)

そう、これがW杯最終予選ということを忘れて、只の親善試合のようなムードが漂った辺りで、もしかしたら日本は負けていたかもしれない

あれほどクロスやロングボールの出所を押さえていたのに、なんでもないクロス・グラウンダーのクロスがあっさりPA内のバーレン選手の足元に入って失点。二失点目はどたばたしている内にバックパス(闘莉王ヘッド)がDF陣の混乱の内にオウンゴールを決めてしまう結末。

何とか逃げ勝ったものの誰もが冷や汗を掻いた事は確か

まぁ 日本らしい展開になったと言えばそれまでだけど、楽勝ムードを一変するには十二分な5分間でした。



『良さを出したのではなく良さを消した結果』

最後の5分間のドタバタを除いて、ここまで点差が開く展開は想像しにくい。バーレーンとそれほど差があるかといえば微々足る物でしょう。
岡ちゃんが言いふらすサッカーが十二分に発揮でしたと言うよりは、相手の頭を抑えた結果だと言えます。

一つはロングボール(クロス)の出所にチェイシングとプレスを掛けて相手にドフリー&ノンプレッシャーでボールを蹴らせない

二つはロングボールの対処法。CBの中澤&闘莉王がサイドに引っ張られない。サイドは内田&阿部を中心にケアをする。SBの上がった後ろを十二分に中盤を中心にケアをする。

たったというかコレだけでバーレーンは手も足も出ないのは確か。相手にロングボール&クロスを上げさせないだけで十二分に対応でしたのは上々の成果だったのではないでしょうか。


『問題点』

終了までの5分間......ここに濃く暗い問題点が凝縮されています。


【意思疎通の欠如】
ピッチ内、指揮官をはじめとする首脳部、ベンチ。
同じ時間を共有しているにも拘らず、まったく同じ考えを共有していなかった。交代でピッチに入ってきた選手を見て取れば分かるけど、それぞれがバラバラの考えでピッチに入ってきて、ピッチ内で何が求められているかを感じて居なかった事。

例を挙げればキリがないけど、憲剛が松井の代わりに投入されたにも係わらず、サイドで簡単にボールを捌いて全く全体の流れを読んでいない、その上で中に中に入りたがる。二番目に投入された寿人は監督の意思か前線でのチェイシングではなくサイドに開くばかり、結局疲れきった俊輔がロングボールの出所チェックに走る始末。今野交代は???がつく交代......

本当に意思の疎通が取れているのか、試合展開をどれだけの人間が共有していたのか


【経験不足】
まぁ これを挙げても意味は無いけど三点目の後の雰囲気はコレそのものでしょう。気を引き締めろで解決すれば良いけど......


【俊輔&遠藤】
この二人が居なくなったらまともな試合は見れないでしょう。その意味でこの代が黄金世代の残り火とも言える。完全に日本は世代交代の失敗に直面している。どうするのかね......ラモスも言ってたけど次のブラジルW杯時の代表で誰が中心になるんか勝つ算段があるのか全く見当たらない。


勝った事を素直に喜んでいいものか

上々といえば日本にしては上々すぎる立ち上がり

気持ちが悪いね......



日本:Formation


        玉田(11)  達也(16)
  松井(9)               俊輔(10)
              
              長谷部(17)
        遠藤(7)

  阿部(6)               内田(3)
        闘莉王(4)  中澤(2)

           
           楢崎(18)

【得点】
前半18分 俊輔
前半44分 遠藤《PK》
後半40分 憲剛

【交代】
後半25分 松井 ⇒ 憲剛(14)
後半33分 玉田 ⇒ 寿人(15)
後半40分 長谷部 ⇒ 今野(8)

【警告】
松井

※( )内は背番号

憲剛はボランチの感じで入っていたけど、与えられた役割が違うのだからもっと意識してプレーをしなきゃ駄目。得点を決めている分チャラになるけど気をつけて

岡ちゃんは交代が雑。寿人にしても今野にしても、もっと明確にピッチの内外の温度差を感じたほうがいい。まぁ 指揮官としてそんなに期待していないからどうでも良いけど......

指揮官:俊輔、副官:遠藤、この関係が上手く行っている以上、アジアではよほどの事がない限りそこそこは行きそうだけど......

FWの守備には色んな異論があるのは分かるけど、点が取れない以上守備を求められるのは致し方なし。点が取れるストライカーならば守備は目を瞑ってゴール前に居ろというのは誰でも言うはず。


バーレーン:Formation

          
        フバイル(9)  イスマイル(11)
   
            サルマン(14)

  アイーシャ(12)             オマル(15)
         ワダエイ(7) サルミーン(10)

    M・ハサン(2)  フセイン(16)  マルズーキ(3)

            サイード(1)


【得点】
後半42分 サルマン
後半43分 オウンゴール

【交代】
後半17分 フバイル ⇒ アブドゥルラフマン(13)
後半17分 イスマイル ⇒ ジョン(4)
後半37分 サルミーン ⇒ ラシェド(5)

【警告】
モハメド・ハサン(前半32、後半21)、オマル

【退場】
モハメド・ハサン


ロングボールの出所を押さえて正確なボールを蹴らせなければ、コレぐらい半減以下にさせる事が出来た。

気を抜かなければなんでもない相手

セットプレーで得点を挙げなければ勝てない相手とも言えるけど....


 
posted by Daft at 13:07 | Comment(2) | TrackBack(8) | 岡田J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
おっしゃるとおり、交代した選手の役割がはっきりしてませんでしたよね。憲剛が中に入りたがるっていうのはわかるんですけどね。少なくとも守備に関しては、監督からの指示がしっかりしていれば、役割をはたせたんじゃないかと。

今野は途中交代であのプレーじゃ使えないですよね。
Posted by goleador14 at 2008年09月07日 21:54
goleador14さんへ

こんばんは。
一つの疑念が生まれるのは、残り5分の失態の仕方。脆くも守備が崩壊した事。それも交代したメンバーの所から徐々に亀裂が深まった事が最終的に瓦解した要因になっているように感じます。

つまり岡ちゃんは守備の仕方について何もチームに浸透させていないのではないか......あれだけ合宿やナンヤカンヤをしても、その実内部で守備の方法を模索し実行しているの選手個人で、ピッチの外と内でまったく別の方法論の下におこなわれているのかもしれません。そしてその板ばさみとなった交替選手の所から崩れていったのかもしれない.......

あくまで推測の域をでないけど......

果たして岡ちゃんがセレクション(人事)の仕事はおいとくとしても、現場での指揮や攻守の方式を執る指導力があるのか疑問に思う。特に俊輔が代表に入るとまったく別のチームになる。それはある意味で俊輔Japanと揶揄されても可笑しくない状態かもしれませんね。

ここ数日そんな事ばかり考えてしまいます(苦笑)
Posted by daft at 2008年09月08日 13:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[アジア最終予選]まずは、先手を取ること
Excerpt: さて、いよいよ始まってしまいました最終予選。日本はオーストラリア、バーレーン、カ
Weblog: BBRの雑記帳
Tracked: 2008-09-07 13:27

岡田ジャパンがバーレーンに何とか逃げ切り勝ち
Excerpt: 南アフリカ行きの最終関門、最終予選がいよいよ始まりました。 岡田ジャパンの初戦はアウェーでのバーレーン戦でしたが、三次予選のアウェーでまさかの敗戦を喫したのをどうしても思い出してしまいます。 前半1..
Weblog: TORACCHO'S ROOM E-Package
Tracked: 2008-09-07 14:44

楽勝ムードかと思いきや・・・ 恐ろしやW杯最終予選!! 【サッカー W杯アジア最終予選】
Excerpt: サッカーの2010年W杯南アフリカ大会アジア地区最終予選が6日開幕し、グループ1の日本は敵地でバーレーンと対戦し、終盤ミスなどで得点を許したものの3−2で辛くも逃げ切り勝ち点3を獲得した。 ま..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース
Tracked: 2008-09-07 15:11

W杯アジア最終予選 アウェー・バーレーン戦
Excerpt: 2010年 W杯アジア最終予選 【バーレーン代表】  2 ―  3 【日本代表】
Weblog: KOHの青赤な日々
Tracked: 2008-09-07 16:40

試合に勝って自分に負けた バーレーンvs日本
Excerpt:    3月26日に行われたアジア3次予選のバーレーン戦の記事 を見返してみた。  メンバー表はこのような形(スポナビより)。  この時は中村俊も、長谷部も、松井も、そして今日ベンチ入り..
Weblog: サッカーの都
Tracked: 2008-09-07 20:56

なんとかニッポン勝利。
Excerpt: ジュリアナ東京が一夜限りの復活をした土曜の夜です。 そう簡単には寝させてくれませんな。。。 前半18分にシュンスケ・ナカムラの素晴らしいFKで先制。 44分には遠藤がPKを決めて前半でまさか..
Weblog: キングのオキラク蹴球記
Tracked: 2008-09-07 22:38

2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選 日本VSバーレーン
Excerpt: さあ始まりました。運命の最終予選・日本VSバーレーン。今年3度目の対戦はどんな結果が待ち受けているのか?岡田ジャパンにとって因縁の地・マナマで始まる最終予選。スタートダッシュに成功して今後に弾みをつけ..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2008-09-07 23:00

完勝から一転・・・W杯最終予選バーレーン戦(A)
Excerpt: とりあえず勝ち点3。フゥ〜〜(汗)。 2010W杯アジア最終予選第1戦 日本 3−2 バーレーン よくやったけど、悪いイメージが残っちゃったね。日本は4-4-1-1のシス..
Weblog: 雲の上からHello!
Tracked: 2008-09-08 11:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。