2008年09月08日

バーレーン戦から浮かび上がる疑念

バーレーン戦の戦いの後、何故かスッキリとしない心持が続いています

勝ちや負けや引き分けとかそんなものではなく、何か大事なものを見過ごしているような気がしてないりません。


スポナビの宇都宮徹壱さんのコラムを読んで浮かび上がる疑念があります。※コチラ(試合前日)とコチラ(試合後)


岡ちゃんに実は実権が無いのではないか?


突拍子も無い事だけど何となくこの想いが離れません。


『内実』

宇都宮さんのコラムより《コンセプト重視の指揮官、肉づけする中村俊》この言葉が何となく引っかかります。

思い起こすとオシムより代表を引き受けた時、岡ちゃんは【接近・展開・連続】なんてキーワードを掲げました。ただこれが瓦解した時(奇しくも三次予選でのバーレーン戦で敗北)あっさりこれを否定し【俺流】を宣言。そして示されたのが【攻守の切り替えを速く】【ボールを奪われたらチェイスして奪い返す】でした。

でもこれってここ最近のサッカー界の流れから言って別段特異な事でもありません。記憶に新しいユーロに置いてもこの流れが確かなものだと確認されたに過ぎないです。

問題はコンプセプトでは無く、それをピッチに反映させる実行力・方法論が問題なのです。

そこでつらつらと思い返してみても、このコンセプトの下に実行された試合があったかどうか......どうしても思い出せません。

掲げるコンセプトは立派だけど、それを実行に移す方法論を持っていないのではないかという疑念が浮かびます。


『バーレーン戦の一失点目』

崩壊のキッカケとなったこのシーンを思い起こすと、印象的だったのがバーレーンがボールをDFラインの回しからサイド右に移したとき、そこに遅れて猛ダッシュを駆ける田中達也の後姿です。別段達也を糾弾するつもりはありません。彼は誰もそこにプレッシャーをかけないので仕方なく全速力で走り出したに過ぎないからです。

おかしいのは何故誰もボールにプレッシャーをかけなかったのか?

このバーレーンの得点前に日本は全ての交代カードを切っている事を頭に入れねばなりません。

あくまでも記憶を辿ってのものなのでおぼろげですが、


        田中
            俊輔   佐藤

        憲剛
             
前線はこんな感じで俊輔が振り返ってなんで佐藤がそこに居るの?という感じで見ていたのが印象に残ります。

憲剛が内に入りすぎて居たのが悪いのか、左SBの阿部がプレッシャーを掛けなかったのが悪いのか、そこからバーレーンがグラウンダーのクロスを入れます。これは予想外といっても良いでしょう。これを何故か詰めていた今野がスルー。そしてめちゃ良い体勢で受けたサルマン・イサが足元にピッタリと納めて、シュートを打たれて失点

そして中澤の悲痛に見えた訴え

私には『守備を引っ掻き回すなら邪魔するな』と聞こえた気がします

明らかにピッチ内の選手とピッチ外の交替選手の思惑が違う事が受けて取れます。

交替選手個人が自主的に動き回っているとはちょっと考えにくい。まぁ今野に関してはあのスルーは個人のミスの気もするけど......監督の指示で動いていたと考えるのが普通でしょう。

ただその監督の指示がピッチでの実情にまったく符合していなかったのが、瓦解の傷口を広げる結果になったのではないでしょうか?

二失点目は意思疎通のミス・連携ミス・判断力の欠如から生まれたものですから、ちょっと一失点目とは趣が違う気がしまう。         




『表面に浮かび上がってきたもの』

あまりにも突拍子もない考えだけに自分でもあきれ果てる

ただ余りに繋がる線が多すぎる。

それは守備だけでは無く攻撃においても......

周知の事実の通り、攻撃のコンセプトと肉付けの脚本と演出を受け持つのは俊輔(&遠藤)だとは誰の目に見ても明らかです。

俊輔の居ない代表と居る代表とで全く別の顔を見せるのはこの為でしょう。

つまりは岡ちゃんは攻撃に関しては俊輔におんぶに抱っこで、全く関与していない状態だということ。

そして今回......守備に置いてそのイニシアチブを誰か守備陣が執らなければならない事が発覚したに過ぎないのかもしれません。それが中澤が音頭を執るのか闘李王なのか......すでに俊輔に実権を握られた時点でクーデター(言葉が悪いけど)は成功したと言っても良いでしょう。

岡ちゃんに残された実権はセレクションのみ

ただそれさえも俊輔&遠藤の邪魔をしない人選。守備の連携をイタズラに傷つけない人選に限るだけ

試合中の交代カードもこれに則ったもので無ければならない

その無能さを今回のバーレーン戦で意図せずに示してしまったから


ある意味これは怖い事だと思う......ベンチに座るあの面々は一体何のために居るのか......寒気が襲う


こんな事はオシムの時には無かった......俊輔でさえ駒の一部に過ぎず全体を押し上げ加速させる駒に過ぎなかった。実権をオシムがガッチリ握っていたし名声と実力が伴っての事だと思う。

ジーコでさえここまで酷くはなかった。確かにヒデや俊輔の共存やその他のトラブルを抱えていたにしろ、監督の実権を放り投げる事などしなかった。

俊輔も別にリーダーシップを発揮するタイプじゃないし、まさかこんな風に代表がなるなんて思ってもいなかっただろうけど、その内情を見て実権を握るしかなっかたのではないでしょうか? 代表が崩壊してしまわないように......



あまりに妄想が過ぎると笑ってください(苦笑)



『日本サッカー協会』

土曜、何とはなしに某サッカー番組を見ていました。

途中からだったし気にもしていなかったけど、何となく心に突き刺さるのは釜本さんの『ストライカープロジェクト』での談話。

[どんな事を教えるのかと見に行ったら、話にならない代物だったから直ぐに帰った]

ちょっと待て待て......なんで釜本さんはそれを現場で訂正させなかったんだ。それが出来ないなら協会に帰って、上から通達か何か出来なかったのか?

確か副会長という肩書きがあったはず......あれは形だけなのか?

ストライカーとして誰もがそれを認めるはず。そして何が足りないのか一番知っている存在。その人が副会長という肩書きがありながら何も出来なかったのか?

一体この国の協会は誰が何の為に動かしているのか?

何かどっろとした物を感じずには居られない。

サッカーが好きだとか日本を強くしたいとか、そんな想いとは別の思惑が組織に充満し、派閥が動いているのではないか......

何となく背筋が寒くなる話です......





全てが只の妄想の産物であるならばそれに越した事はない

ただの想い過ごしである事を切に願うのみ......   

まぁ 岡ちゃんは嫌いだけどコレはないよな......流石に自分でも苦笑するしかない......   
タグ:2010W杯
posted by Daft at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岡田J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。