2008年10月09日

AFC Champions League 2008【Semi Final】ガンバ大阪 vs 浦和レッズ【1st leg】

どちらが勝ちあがるにせよ

二年連続Jクラブがアジアを制覇する可能性を残している。

ACLで競り負けるとJリーグでもズブズブの可能性も......



『微妙に五分』

力関係が図らずして拮抗状態。

FWの力関係もパッと見レッズの方が分があるように思えるけど、得点や連携などほぼ実力がそのまま反映されたものには程遠い。一方のガンバは二年連続主力が逃げ出す事態で柱が居ない状態だけど、それでもACLで5得点を叩き出す山崎など伏兵?も出てきて何とか踏みとどまっている状態。

中盤はややガンバに分があるかな? 
遠藤を中心に流動的に動ける反面、突出したものが無い。一方のレッズはポンテ頼み。あとはサイド(WB)がどれだけ上がって攻撃に絡めるかだけ、中底はほぼ守備専なので期待するのは哀れ

守備ラインは微妙にレッズ
圧倒的にレッズと言いたいところだけど、満身怪我で戦い続けるレッズ守備陣は気合だけで乗り切っている状態。ガンバが拮抗しているというよりレッズが落ちてきたと形容した方がいいかも。どちらも控えが弱いのは慢性的な弱点。

まぁ Jリーグでもそのままの勢いが反映されてあの順位とも言える。



『レッズって......』

何となくレッズをフラットに見ると


中東スタイル......だよな


手堅く守って、攻撃は前線+αで攻めきる。

攻撃はほぼ“投げっぱなし”が多い
FW+ポンテ+WBの組み合わせ以外にパターンが無い。中底がここに絡んでくれば波状攻撃などの分厚い攻めが出来るんだろうけど、とんと見た事が無い......攻めに上がってくればポロポロとボールをこぼしたり、あっさりボールを取られて逆襲を喰らったりと辛抱が出来ない中底。守備でも前で獲りに行くとあっさり避けられて広大なスペースを明け渡したりと我慢が出来ない。鈴木や長谷部が居た頃は攻撃はともかく、もうちょっと守備にも輝きがあった気がするけど......

真ん中にポッカリ穴を抱えた状態のレッズ

攻守に分厚さが無い分。余計に中東スタイルが際立って見える。

前線のFWがボールを確実にキープできないから中盤が上がってくる時間を作れないとも言えるけど、逆の見方をすればどんなにFWがキープしてもポンテ以外に預ける選択肢が無くてプレスで挟まれてボールを失っているとも言える。確かに昨年のワシントンのように強力なボールキープは無いにしても、運動量は昨年以上だと思われる。昨年のイメージを引っ張りすぎてはいないだろうか?

いつまでも今のままで乗り切れるほど甘くはない。実際今年はJでも微妙な順位に屈している。レッズの戦い方に限界が見えているのは肝に銘じておくべきでしょう。



『予測不可』

CKの流れから図らずして分厚い攻めが出来たレッズは、細貝のミドルシュートが決まって先制。ガンバにとってこれほど厄介な事は無い。

確実に守りに比重を掛けたレッズ。

攻め手を欠くガンバ。

一つは前線がボールをキープできない
簡単にボールを捌けるだけの時間さえも許さないレッズの守備。確かに守備も強烈だったけど、付け入る隙が無かったのか?

もっと中盤に顔を出すぐらい流動的に動いても良かったのではないでしょうか?

折角レッズのバイタルエリアが広く開いているのに、そこを使えなかったのは惜しい。前に前にでスルーパスを狙っても、レッズは当然そこをケアしているし、3バックの十八番とも言える守備範囲。左右前後に開いたりしてCBを引き出す動きをしない限り中盤もパスを出し難い。

フィジカルを前面に押し出してキープするだけがポストじゃない。簡単に捌く事も一つの手。むしろ日本にとってはそちらの方が向いてるんじゃないでしょうか。


もう一つは中盤が上がりきれない
FWのキープの問題もあるけど、全体が間延び気味で前にボールを運ぶのに時間がかかり過ぎる。そしてPA内にFW以外で進入する選手が皆無だった事。二列目からの飛び出しでPA内に入る選手が居なければ、レッズにとっては待ち構えて跳ね返すだけの作業に他ならない。

後半は修正の指示が出たのか、ガンガンPA内に入る人数が増えてガンバのハーフコートゲームの様相を呈していました。遠藤が意識的にサイドに広がって前目でボールを受けることによって、レッズも守備がそちらに引っ張られる。ボールを何処でキープするのか誰がキープするかでガラッと変わってしまう。これが監督の力量の差か?



『2nd leg』

PKでガンバが追いついて(もちろんPK職人遠藤)同点で折り返し。

awayゴールでは断然レッズが有利なのは変わりが無い

ただ、相馬・細貝・都築とイエローカードを貰って、累積警告の関係で次戦出場停止はあまりにも不安要素が大きい。

確かにレッズのホームでの応援が凄まじいのは周知の事実だけど、他国から来るチームならいざ知らず、何度も雌雄を決しているガンバがそれで気落ちするかは疑問。

攻め手を欠くガンバか......怪我人が戻ってくる翼の折れたレッズか

正直、勝敗の予想は出来ません(苦笑)



ガンバ大阪:Formation


        播戸(11)  山崎(30)
  遠藤(7)               二川(10)
        
        橋本(27)  明神(17)

  下平(19)               加地(21)
         山口(5) 中澤(2)

          
           藤ヶ谷(22)


【得点】
81分 遠藤(PK)

【交代】
54分 二川 ⇒ 佐々木(16)
65分 加地 ⇒ 安田(13)
79分 山崎 ⇒ ミネイロ(3)

【警告】
下平、ミネイロ

※( )内は背番号

ミネイロをFWに置く、苦肉の奇策も意外とレッズには効いていた。やっぱ高さも馬鹿にはならない......勢いが出たのは言うまでも無い。選択の幅が広がってレッズの守備にも迷いが出た。

波状攻撃等々怖さはあるけど......小粒に感じてしまうのは仕様が無い

攻守に於いて高さが不安要素になりつつある。
 


浦和レッドダイヤモンズ:Formation


        エジミウソン(17)  高原(7)

            ポンテ(10)
  相馬(16)                 平川(14)

        山田(6)      細貝(3)

       
       阿部(22) 堀之内(20) 坪井(2)

           
            都築(23)
       

【得点】
22分 細貝

【交代】
85分 坪井 ⇒ 闘莉王(4)
89分 ポンテ ⇒ 梅崎(21)
89分 高原 ⇒ 田中(11)

【警告】
相馬、細貝、都築

※( )内は背番号

年々酷くなる一方......ブッフバルト遺産は見る影も無い

投げっぱなしの攻撃、ストロングスタイルの受けの守備

高原も運動量など見る限りほぼ全盛期に戻っている気がする。ただそれを活かせるチーム状況に無い。

ぽっかり中盤が空いてFWとポンテとDFだけで試合をしている感じ

やっぱ監督にこの個性派集団をまとめられる人材を置かないと......選手との衝突が怖くて起用法や戦術がコロコロ変わっているようじゃ......交代も選手の顔色を窺っているようじゃ...... 

昨年?の二の舞を踏まないように.......
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。