2008年10月11日

技術より決断力

決定力不足という言葉で全てを片付けて良いものか?

今日本が置かれた現状を素直に把握する事がその第一歩

何が良くて何が悪いのか?



『賞賛されるべきもの』

昨日の代表戦で書きそびれたけど、シュートを打つ事の思い切りの良さ、決断力はもっと評価されても良い。惜しむらくはそれが全部枠内に飛ばなかったこと、宇宙開発を打ち上げたり、ヘッドで外したりと、シュートテクニックの精度の問題とは切り離して考えなければならない。

現状の日本はシュートテクニックを云々できるほど技術が成熟しているとはとてもとても言えません。


何故かは《Jリーグ公式記録~得点順位表~》をご覧ください。


例年に比べてシュート数そのものが少ない気がする。そこが例年に比べて上位チームが団子状態がここまで続く状況を表している。それとシュートを打つべき人・得点を取るべき人が例年に比べて低迷している。特に鹿島・川崎・浦和・ガンバなどの主要チームのFWの得点力不足・シュート数不足が重く影を落としている気がします。

注目して欲しいのは得点数ではなくシュート数です!

赤嶺(FC東京)が日本人得点王だとかで喜んでは駄目ですよ(苦笑)

シュート数が少ない割りに確立が良いなんて場違いな考え方です。これはフィニッシャーとしてチームから全く信頼を得ていないも同然。またはゴール前でシュートを打つ決断力がない。シュートチャンスを放棄もしくは潰している事と同意義。

数少ないシュートチャンスを逃さず決断する力チームの責任を負える人材この決断力の修練(場数)の先にシュート精度の問題が出てくるのだと思います。色んなシュートチャンスのケースを経験し、インサイドで蹴りだすのかトーキックなのか、ダイレクトでボレーなのか切り替えしてシュートなのか等々、シュート技術の問題がここで初めて出てくるのだと思います。より場数を踏んで経験を得たからこそもっとも大事な場面で決められるだけの自信がつくのだと私は思います。


まずはシュートを打つ事、その先にシュート精度(決定力)が妥当かと

シュートをより多く打つ事によって、シュート技術を磨く

そこまで次元を落として見なければならないほど日本は切迫した状態です。

それも外国人がシュートをすることには寛容?見逃している?けど、日本人がフィニッシュを負うことに対するチームのリスクが高い事も問題。もっとフィニッシャーに対して寛容もしくは容認の姿勢を監督が示さないと日本人ストライカーは出てこない。


得点表を見て、このJリーグが終盤にかかる時期にシュート数が70前後は欲しい。最低でも60はクリアしていないと......闘莉王が10/57と言うのも日本人ストライカーの情けなさを表している。大久保が10/85というのが唯一救い。岡崎の8/27とか興梠の6/27とか論外。高原の6/37とか大論外の気もする(苦笑)


※いつも気のなる日本人得点王の冠。彼らが戦っている戦場は日本のJリーグです。こんな冠をつけなければ宣伝できないほど外国人ストライカーに上位を埋められている現状があります。むしろ“日本人得点王”なんて言葉を付けられる事を恥ずかしがって欲しい。目指すべきはJリーグ得点王であって欲しい。



『ウズベキスタン戦へ』

ウズベキスタンが守り一辺倒で来るなんてまず無いでしょう。ガンガン前からプレスに行って、最短距離でゴールに結びつける行動をしてくるでしょう。日本相手に引いてくるとは考えにくい。だってウズベキスタンの要は攻撃力そのものだし、エースのシャツキフも居るしね。

一度火がつくと現状の日本代表の守備力ではとても太刀打ちできない。闘莉王も万全で出れるか分からないし......
この記事へのコメント
少年サッカーを見ていると、コーチ陣が「ナイスシュート」と、「シュートを打つこと自体」を褒めているのに、保護者の方々が「得点力不足」とか「また宇宙開発」とか、子供たちの「シュートを打つ気持ち」を萎えさせかねない言葉を連発している姿が多いように感じています。

少年の頃に、「シュートを打つこと」自体を褒めないと、なかなかそういうメンタリティは育たないのではないでしょうか。

とはいえ、代表クラスであれば、そういう過去を乗り越えてでも、どんどんシュートを打って欲しい、とは思いますが ...
Posted by 表現としての買物 at 2008年10月11日 17:45
表現としての買物さんへ

シュートを打つ事に臆病になる環境はまだまだ根が深いのかな。私自身も言ってる側から『宇宙開発』とか使ってますし、試合中に仏様のような目では流石に......(苦笑)

でもそういう所から変えていかないと、内から変わる事はほぼ無理だと思います。外堀を埋めるように『シュートを打つ決断力』と『シュートは失敗して当たり前』という二枚重ねで意識改革を計っていくほうが近道な気がします。 生まれた頃からJリーグがある。街にクラブチームがある。そんな世代が何かを変えてくれそうな気もするけど......
Posted by Daft at 2008年10月12日 09:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。