2008年10月23日

AFC Champions League【Semi Final】浦和レッズ vs ガンバ大阪【2nd leg】

お祭りムードは何処吹く風

浦和を覆うムードは悲壮感に満ちたもの

紅い金剛石は輝きを取り戻せるのか?



『浦和の戦い方』

今試合の気になった点を洗い出したいと思います。


一、中盤の意義

浦和は3-5-2の布陣を敷いています。ここからも分かるとおり中盤の支配力を高めて、守備ではDFラインの前に防波堤を築き、自軍ゴールから遠い位置でボールを奪取することを目的とし、攻撃では支配力を活かして人数を掛けて攻められる利点があります。

今日のレッズにその意図があったとはとても思えません。試合開始そうそうから全体が間延びし、中盤の選手の距離感も間延びし、攻撃も守備も個人に全て投げっぱなしの状態。

前線に上がって攻撃のサポートなど遠い希望。ましてやFWを追い越してなど......まったくレッズの攻撃に怖さなどない。


ニ、サイドの攻防

殆ど話しにならない......全くWBを置く意味が無い。
攻撃の基点にもならない。
中盤の支配力を高める為に寄与も出来ない。
攻撃に上がってこない。
時たまアーリークロスを放り込むだけで攻撃のアクセントにならない。
ガンバのSBの上がりを許すほど攻守に於いて全て負けていた。


三、攻守の切り替え⇒カウンター

カウンターを仕掛けても走るのはFWとポンテだけ
攻守の切り替えが遅いだけなのか、カウンターは前線だけで中盤は走るな攻撃に参加するなと約束事があるかのように感じる。
結局、パスコースが多くて2つしかないから、ガンバにとっては守りやすいし怖さも無い。


【高原の先制弾を読み解く】

まさかレッズが先制するとは思いもよらない。CKからの一連の流れは、ガンバがカウンターを仕掛けようと前に出た所を、前線でボールをキープ出来ずに、逆にレッズがクロスカウンターを仕掛けて、まだ前線に十分に人数が揃っている状態で、ボールが高原にこぼれて先制弾に繋がりました。

人数が前に揃っていると、これぐらいはやってのけるレッズ

ただ流れの中から前線に人数が揃うなんて奇跡だけど......



『ガンバの戦い方』

一、中盤の連動

支配力を高める為にボールの受け方が上手い。それを可能にしているのは汗を掻く事を厭わない運動量。パス&ゴーの繰り返しで浦和の二倍も三倍も人数が居るかのように錯覚してしまう。


ニ、サイドの攻防

サイドで一対一の状況を作る為に遠藤や二川が中に絞って、その空いた道をSBが使う。またチーム全体で逆サイドを使うコンセンサスが得られているから容易に一対一の状況を作れる。


三、バイタルエリア

二川など二列目から飛び出したりしてDFラインが容易に上がるのを阻止。これによって中底との微妙な距離が開いてしまい、そのスペースにフリーで入る状況を作り、ラストパスやシュートを打つ状況を作る。中央に意識が集中すると、サイドに展開してSBに一対一の状況を作らせる。



『先手のガンバ、後手のレッズ』

一、チーム哲学

ガンバのアイデンティティーはパスワークそのもの。そして攻め勝つ......相手より一点でも多く得点を取る事に至上の喜びを感じる

レッズは粘り強い守りと、苛烈なカウンター

今のレッズにアイデンティティーがあるかは疑問


ニ、監督の手腕

ここ数年ガンバが苦心してきた事はシステムを3バックから4バックに移行したこと。これによって戦略の幅が広がった事はもちろん。色んな人材や状況に対応できる臨機応変さが育ったのは言うまでも無い。

逆にレッズはずっと同じシステムと戦術で臨機応変さに欠ける。人材が変わっても同じシステム&戦術で戦うから歪みが出てくる。

この試合、先手を切ったのはガンバ。

サイドに佐々木を置いてサイド突破に厚みをもたせる。そして前線に上げた遠藤により守備負担を減らしてフリーで自由に動けるようにした。
これにレッズはマンマークを付けたは良いけど佐々木や遠藤がマークを引きずって動き、その空いたスペースを他の選手が使う悪循環。

後手後手に動き回るレッズ。

最初から分かっていたのは、レッズには相手に合わせて何かを対処できる力は無い事。あくまでも自分達が主導権を握って、先手先手で仕掛けるのが得意なチームが、ホーム試合で後手に回ったのが不運の始まり。


三、考える力

どんなに監督の知恵があっても、それを臨機応変に表現するのはピッチ上の選手。レッズがマンマークに付いた辺りでも、ガンバ選手はそれを利用してマークを引っ張ってスペースを空ける。そしてそのスペースを使うべく大胆に色んな選手が使うことに躊躇しない。

レッズにその思い切りの良さがあったかどうか......

また最終盤に前線が4トップ状態で闘莉王も上がった状態で、パワープレーをしないで何をするつもりなのか?

考える事をやめてしまったサッカーほど酷いものは無い。



『今後の行く末』

紆余曲折があったけどガンバは成熟期を迎えつつある。一時期の凄みは流石に感じられないけど、今出来る事を精一杯やっています。

二年連続のJ勢のACL制覇を実現して欲しい。

そしてJリーグでも三位以内を目指して欲しい。


逆にレッズは良く言えば変革の時、悪く言えば王国の終焉。

監督の頭だけ挿げ替えれば何とかなるレベルなのだろうか?

人材の整理はもちろん、一体どんなサッカーをするのか、もう一度見つめ直した方が良さそうだ。

そして何よりも気持ちを切らさないで欲しい。
何が何でもJリーグで三位以内に入り来年のACLの出場権を確保して欲しい。


浦和レッズ:Formation


        高原(7)  エジミウソン(17)

            ポンテ(10)

   堤(12)                 平川(14)
         阿部(22)    山田(6)

      堀之内(20)  闘莉王(4)  坪井(2)


             山岸(1)

【得点】
36分 高原

【交代】
76分 堤 ⇒ 田中(11)
81分 平川 ⇒ 永井(9)

※( )内は背番号

中盤が上がらない、サイドが上がらないで何の攻撃を期待できようか
特にWBはその存在意義さえ見出せない。山田も微妙

結局、形だけ真似たコピー戦術。中身が何も伴っていない。

去年あれだけ最悪だと嘆いたレッズよりも酷くなっている。

とても昨年目を見張った同一人物だとは考えられないほどの動き。
平川なんて実力で相馬や山田からサイドのポジションを奪ったあの同じ人物とは考えられない。他も同じ

高原の動きは良かった。むしろ全くサポートにすら来ない周りが問題。昨年の阿部もサポートが来ない状況が続いたけど、アレよりも酷い。

エジミウソンは完全な誤算

果たして何人が現状のレッズに残留するだろうか?



ガンバ大阪;Formation


        ロニー(18)  ルーカス(9)
   遠藤(7)               二川(10)
          橋本(27) 明神(17)

   安田(13)               加地(21)
          山口(5)  中澤(2)

            藤ヶ谷(22)

【得点】
51分 山口
72分 明神
76分 遠藤

【交代】
46分 ロニー ⇒ 佐々木(16)
71分 安田 ⇒ 山崎(30)
90分 ルーカス ⇒ 播戸(11)

※( )内は背番号


ロニーとか微妙......かといって山崎は切り札の方が怖い

レッズの大サポーターの圧力もガンバには通じず      
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。