2008年11月09日

【第31節】コンサドーレ札幌vs浦和レッズ【Jリーグ】

怒涛の終盤に向かうJリーグ。
その喧騒の真っ只中にいる浦和レッズは別のものと戦う
試合は浦和レッズが2-1で札幌を下しました。


◆13分 コンサドーレ札幌 得点者:ダヴィ
カウンターから一発のロングボールからダヴィが抜け出し、坪井・阿部が追いつけぬまま先制ゴール

◆28分 浦和レッズ 得点者:田中
ポンテのミドルシュートがポストに直撃。跳ね返った所を詰めていた田中が押し込んで同点

◆54分 浦和レッズ 得点者:エジミウソン
闘莉王のミドルパスに裏へ抜け出したエジミウソンが合わせて、GKが一歩ボールに触る前にループ気味にボールを押し込んで逆転


《失点までの動き》
コンビネーションでボールを前線に運び、SBが上がるタメも作れるほどボールも人も動き球離れも申し分ない。

《失点後から同点まで》
焦りからか、単独で仕掛けて、単独でボールを運ぼうとする。周りを使わないし、周りもサポートに動こうとしない。足元足元に欲しがって誰一人走らない。球離れも悪く、立ち止まってパスコースを考えるリズムの悪さ


『負の悪循環』

考えられるのは、一発のカウンターで裏を取られ失点したことによって中底が、後ろのケアを気にする余り、前に出なくなった事がリズムを悪くした原因でしょう。
ビルドアップに積極的に関与しないばかりか、動かないので前線との距離が開くだけで、ドンドン間延びしてしまう。そしてその間を札幌に使われて余計にピンチを招いてしまう。
仕様が無くポンテがそのパイプ役に降りてきて、ビルドアップから組み立てに参加して、ゲームメイクからフィニッシュに係わる全てを一手に担っていました。これによってゴールから遠ざかるわけですからフィニッシュの回数が減った事は言うまでもありません。

ポンテが動くのはいつもの事だとはいえ、この状況はあまりにも酷いです

動かない・走らない・突っ立て居るだけの中底に意味はありません。
チームの心臓が動かないのですから血流が止まってしまうのは自明の理

闘莉王をわざわざそこに置いた指揮官が悪いのか、走らない本人が悪いのか......それに付き合った鈴木が悪いのか......カバーで走らない周りが悪いのか......

一度ゲームプランが崩れると動きが止まってしまうのは、最近のレッズの悪い癖。


名古屋のハードワークが眩しく感じる


《逆転後〜》
同点から逆転まではそれなりに動けていたし活性化はしていました。
ただ一気に仕事が終わったのか、ボールも人も各駅停車に逆戻り。

誰一人として汗を掻こうとしない

ずるく休む・楽をする姿勢が見え隠れする。
昨年学んだ癖が悪い方向に出てしまっている。


『交代に見るレッズスタイルの無理解』

73分 ポンテ ⇒ 山田

試合が膿んでこう着状態の中での交代でした。
この試合でもっとも働き、動きも十分の中この交代には首を傾げます

違和感を感じるのは守りの姿勢だという事

アグレッシブに追加点を獲りに行こうとする意欲が感じられません。頑なに守りに固執し消極的だからピッチもベンチもスタンドの観客も盛り上がりに欠ける。


※レッズスタイルとは何か?

勝っている状況でも守りに入らず攻めに貪欲な気持ち。守備にしてもただ跳ね返すだけではなくそこからカウンターを仕掛けて、相手の寝首を取ってやろうと牙をむく姿勢。そして交代も守りを固めるものではなく攻めの一手でピッチ上のメンバーを鼓舞するやり方。もっともブッフバルトが得意としたスタイルであります。オジェックにしてもこのスタイルは理解していたと考えられます。


シーズン途中の解任劇で急遽表舞台に出たエンゲルス。彼の経験とキャパシティを越える役職であったことは確かでしょう。これほど全方向から孤立無援の状態で助けの手が一つも来ないのも驚きだったでしょう。
それでも何とかレッズを建て直し、ここまで引っ張ってきましたが、今彼の中にあるのは、自分を信じられず、選手を信じられず、とにかく守りに入ってしまう内に内に......の気持ちが占めているのでしょう。

この監督とピッチ上の選手・ベンチ、サポーターの三者の思惑がずれてしまっている事が不幸の始まりでしょう。

それを傍観しているフロントが何もアクションを出さないのが解せません

もっと早い段階でメッセエージを出し、エンゲルスにも選手にもサポーターとも話し合いをもてたはず......

一番レッズスタイルを理解していないのはもしかしたらフロント自身なのかも知れませんね。

結局、レッズの根っこの部分・気質を理解していないフロントが王国の崩壊を決定的なものにするのではないでしょうか?

※ちなみにアデレードの失敗は、レッズの形ばかり真似ただけで、本質や内情を全く理解していない事です。レッズの躍進はアグレッシブな守りにこそあるのだと思います。


『今後の展望』

◆コンサドーレ札幌
終始一貫してダヴィを上手く活用できなかった事に尽きる。
それほど大きく崩れる穴は見当たらなかった。最初に波に乗れなかった事がここまで大きく差をつけられる結果に......

◆浦和レッズ
今日の勝利は勝ち点を積み上げただけの作業に過ぎない
次に何も繋がらない勝利もあるのだと初めて知りました。
エンゲルスはビッグクラブを率いるには能力的に難がある。彼のスタイルがレッズに合っているかも疑問。それを含めて天皇杯まで彼を引っ張り続けるフロントもどうかしている。エンゲルスが潰れるのが先かクラブが潰れるのが先か......フロントの決断に掛かる。この状況ではレッズに魅力を感じない選手はどんどん移籍するでしょう。


【コンサドーレ札幌:Formation】


        アンデルソン(11)  ダヴィ(10)
  西谷(24)                   中山(13)
          西(22)   クライトン(15)

  西嶋(6)                   坪内(19)
          西澤(3)   柴田(32)


             佐藤(1)

【得点】
13分 ダヴィ

【交代】
46分 アンデルソン ⇒ 上里(20)
63分 西谷 ⇒ 砂川(8)
77分 柴田 ⇒ 岡本(17)

※( )内は背番号



【浦和レッズ:Formation】


          エジミウソン(17)

  田中(11)     ポンテ(10)     エクスデロ(15)

       鈴木(13)     闘莉王(4)

  相馬(16)                平川(14)
         阿部(22)  坪井(2)


           都築(23)

【得点】
28分 田中
54分 エジミウソン

【交代】
73分 ポンテ ⇒ 山田(6)
79分 田中 ⇒ 永井(9)
89分 エクスデロ ⇒ 堤(12)

※( )内は背番号

     
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。