2008年11月24日

雑感あれこれ 十九の巻

『つまらない試合』

メインに書くつもりで用意していましたが、思った以上につまらなかったので回避しました。
【大分vs鹿島】どちらにとっても残り三節でJリーグ優勝を占う上で大事な一戦でした。N■Kも地上波でやるぐらいですからその意味は推して分かります。

鹿島は、昨年も浦和相手に、ガチガチに守備重視の試合を最終盤にやってのけて、優勝への足がかりをつけましたが、それに匹敵する泥仕合でした。確かにリーグ優勝は、生半可な気持ちで獲れるものでもないし、調子に乗っていると、昨年の浦和のように、最終節でリーグ最下位の横浜FCに敗北を喫して、優勝を逃すなんて失態もあるわけですしね。

ただそれで良いのか?という思いもあります。別にロスタイムの時間稼ぎを問題視するつもりは無いけど、相手との力の差が無い事を自分達で証明してしまっているような戦い方が、果たして王者に相応しいのか疑問に思います。それで◆◆冠とか騒いでるのが虚しい。それが鹿島の戦い方だと言われればぐうの音もでませんが......

一方の大分もやはりココに来て力及ばずの感は否めません。特にパワープレーに移行してからの戦い方は稚拙そのもの。前線でロングボールを競った後、セカンドボールを全く一つも拾えていないあたりに、この練習をしていなかったのが恥ずかしいぐらい丸裸になってしまいました。
リーグ優勝を争うチームは、やっぱり得意とする戦術の他に、最低あと一つは別の戦い方が出来ないと、あらゆる状況に対応できないのが分かります。

その意味では鹿島は成熟されたチームであり格の違いを見せ付けました


余計な一言を一つ。
それが出来るのに何でアデレードに負けたの?


ある意味ブラジルの現実主義を体現している気がする鹿島。結局歴史に名前が残るのは勝った者の名前しか残らない。記憶は風化する...



『天皇杯ベストメンバー規定』

主力温存で敗退するJ1のチームが出た事を問題視する犬飼会長
激昂して罰金やら来期の出場権剥奪とか......
それを問題視するならならば昨年の浦和も当然問題視するべき。別に犬飼さんも昨日今日協会に入った人じゃないでしょう。昨年も役員をやっていたならば、そのくらいはもちろん言えたはず。会長になって張り切っているのは分かるけど、もうちょっと冷静になる事をお勧めします。

それにしてもガンバ大阪が代表メンバーが抜けた状態で天皇杯を戦って危うく敗退の危機があった事は問題視されないんですかね。

あれだけベストメンバー規定にこだわっていたのにそこはスルーなのか

そもそもそのベストメンバーの基準って何なのかが分からない

出場時間で線を引いて決めるのか、能力で判断するのか

出場時間ならば新人や若手の扱いはどうするのか?
能力ならば誰がそれを判断するのか?
協会が委員会でも作って査定するのか?
その査定は公平に作る事ができるのか?

磐田のようにメンバーを殆どゴソッと代えても勝ってしまえばスルーなのか。

天皇杯のベストメンバーとJリーグのベストメンバーが一致しないとこれはおかしな事になる。Jリーグの場合はギャンブル(toto)の側面もあるわけでベストメンバー規定が遵守されていることが絶対。
下手をしたら故意の関与を疑われかねない......


結局、明確な基準の無いままにベストメンバー規定という言葉だけが独り歩きして、その時々の犬飼さんの機嫌で曖昧に運用されるのは非常に危険。

時の権力者の感情で故意に気に入らないチームを排除しかねない

来年からはターンオーバー制もしくはローテーションが使えない可能性も大いに出てきます。所謂ベストメンバーがこれでリーグ終盤など今のスケジュールのままで怪我などで大量に試合に使えない場合その時点で没収試合になるのかな? そのチームはJリーグ追放とか、来期の出場権剥奪とか本当に出来るのか? 

そもそもそこまで予測しているのかも疑問

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
《補足》
あとで突っ込まれる前に

Jリーグ規約第42条(pdf版)
@Jクラブは、その時点における最強のチーム(ベストメンバー)をもって前条の試合に臨まなければならない

※前条・・・Jクラブは、公式試合(J1/J2/リーグカップなど)および協会が開催する天皇杯全日本サッカー選手権大会に参加しなければならない

A第40条第1項第1号から第3号(J1/J2/リーグカップ戦)までの試合における先発メンバー11人は、当該試合直前のリーグ戦5試合の内、1試合以上先発メンバーとして出場した選手を6人以上含まなければならず、詳細はに関しては『Jリーグ規約第42条の補足基準』によるものとする。


Jリーグ規約第42条の補足基準(pdf版)

抜粋して書きます

2.【直前5試合】には前シーズンを含まない

3.例外
@次の選手は試合出場実績に係わらず【直前5試合先発選手】とみなす
▼候補を除く日本代表チームに選出された選手
(前年・当年の国際Aマッチ、オリンピック及びアジア予選、アジア大会、FIFAワールドユース本大会⇒現FIFA U-20W杯)
▼プロC契約以外の外国籍選手
▼シーズン途中に移籍してきた選手
(移籍直後に開催される3試合のみ対象)

A次の理由
▼怪我・疾病または傷害等(医師の診断書)
▼警告の累積または退場による出場停止
▼日本代表メンバー選考のための合宿・遠征等
によって選手が公式試合に出場出来ない場合、その試合は【直前5試合】から除く

これらを考慮してチェアマンが最終判断を下す


すんごく面倒くさいけど一応【直前5試合の内1試合先発】が目安
今までは制裁が発動するのは規約42条の二項で(J1/J2/リーグカップ)に留められていたけど、これが天皇杯まで拡大するという事。
正直、リーグカップ戦のナビスコ杯も怪しかったのに、天皇杯までもこの条項が生きるとなるとクラブにとっても厳しいはず。選手の消耗が激しくなる事だけは確かです。

ちなみに来年のFIFA U-20W杯本大会に日本は出れないから、選考という形をとってU-20の選手をA代表に呼ぶのか......だからアジア大会(予選)やA代表マッチにも使う話が出てきたのかと......ある意味若い世代を沢山リーグ戦で使って貰うためのクラブへの窮余の一策でしかない

なんだかな〜(苦笑)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


『混戦』

Jリーグが混戦に次ぐ混戦
上位の優勝争いにしても下位の降格争いにしても最終節まで予想が付かない。(上にも下にも)飛びぬけたチームが居ないのが原因ですが、全部の試合を観た訳ではないのでどうにも分からない。

チームそれぞれのレベルが上がって混戦が続いているのか?

守りを重視する戦術が横行している為に決着が付きにくいのか?

どうも昨年から続く浦和成功の後遺症というか、Jはもちろんアデレードから感じるのは守備重視の傾向が影響しているのではかと思うのですが......全くの感覚的な憶測ですけどね......

もしくは中盤のハードワークなどオシムの後遺症なのか

それぞれのチームの色分けが付け難くなっているのは確かです。上位はそれなりに色はあるけど、下位に行くにしたがって何をしたいのかが分からなくなるシステムや戦術が多くなるのはそれなりの理由がありそう

その中で浦和はボロボロなのにあの位置にいるのは異様

ガンバは気が抜けたかのようにボロボロに負けちゃうし

何とか帳尻を合わせてきた川崎だけど、やっぱり改めて考えさせられるのはフッキは要らなかった(苦笑)

たった一人であそこまでチームを混乱に追い込んで監督を病院送りにするぐらいだから、その影響力の凄まじさが分かる

そして外国人のFWの危うさがあらためて分かる。ガンバは二年連続でFWがリーグ戦途中で中東に持っていかれるし、それでも外国人FWに頼らなければならない状況は、ベストメンバー云々とか言ってる場合じゃない

ナビスコ杯をU-23の大会にするとか言ってるけど、もっとテコ入れすべき所は沢山あるんじゃないかと考えます。

Jリーグの試合でもU-23の選手を何人以上使えとか規定を入れるだけでも効果があるし、外国人FWの規制をすれば日本人のFWの活躍の場が増えるんじゃないですかね。日本代表の得点力不足を解消するためにはその規制も必要なんじゃないでしょうか?

ナビスコ杯をU-23で制限しても構わないけど、肝心のFWに外国人やアジア諸国の若手をずらっと並べても意味ない。プレミアのように気がつけば日本人がチームに一人とかそういう状況になりかねない(苦笑)
タグ:雑感
posted by Daft at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

0820460690460670820440440FB0FB0FBJ0EA0FC0B0
Excerpt: やっぱり奥が深いよなJリーグ知りたいことが沢山ありますね。秋春制移行は困難 b...
Weblog: Jリーグ
Tracked: 2008-11-26 03:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。