2008年12月10日

Jリーグ今年の総括

鹿島アントラーズの優勝で幕を閉じたJリーグ

正直な感想としては“つまらない”の一言。
果たして、この鹿島の二連覇が示すJリーグが、あるべき姿に向かっているか疑問に思う所も多々あります。


今年の傾向として勝ち点差が非常に密に詰まった間に、団子状態で固まる何とも奇妙なシーズンでした。終盤まで優勝争い&降格争いが激しくぶつかり合いデータ(勝ち点)で見る限りは面白いシーズンだったはず

ただ残り数試合を見た限りでは【面白い】と直感的に感じたシーズンではありませんでした。贔屓目に見ているチームが勝ちきれなかったりと個人の不満はあるにしても、それを抜きにしても何か靄がかかった気がして気持ちは晴れません。



『シュート&ゴール数から見るJリーグ』

毎年力説してるけどイマイチ......

今年はちまちまチャートを作ってみました。私も暇だな(苦笑)




今年のJリーグ得点ランキング1~5位のチャートです。
【青】がシュート数
【緑】がゴール数


続けて6~9位を......








一体何が言いたいのか?

今年はシュート数が格段に少なくなっています。外国人や日本人を問わず(日本人のシュート数の少なさは例年と同じだけど)個人のシュート数の激減が顕著に見て取れます

そのデータを裏付ける昨年のtop5をご覧ください




シュート数100前後がゴロゴロしていた昨年と比べると今年は萎縮した感があります。


ついでに今年と昨年の日本人のチャートもどうぞ







日本代表関係者のみの抜粋ですが、大久保が頑張っている以外は何とも目を覆いたくなる惨状です。特に日本人FWの惨状は目に余ります。今年波に乗っていた名古屋からは小川佳純が目立つだけで、玉田はランキングにさえ載っていません。田中達也も同じような状況。興梠や岡崎などランキングに入ってはいますが、シュート数がお話にならない。

シュート数に比べて得点率が高い所を褒める気にはなりません

それは目の前のチャンスを潰して、シュートを打っていない何よりの証拠。チームプレイを盾にした逃げに他なりません。何のためのチームプレイなのかよくよく思い返して欲しい所です。得点(シュート)をしなければサッカーは勝てないゲームだという事を忘れないで欲しいです。


それにしてもゴール数の増減は別にしてもシュート数がココまで激減していたのは予想外。特に外国人選手のシュート数の激減には何か裏がありそうな気もしますが......



『今年の傾向』

今年を象徴する代表的な2チームをピックアップしてみます




降格争いに巻き込まれ最終戦で入れ替え戦に回ってしまったジュビロ

気になるのは【赤】の75-89分の時間帯。特に今年は後半の終盤に向かうにしたがって得点が激減しています。失点は満遍なく......

昨年は終盤の失点が多かったものの、それを盛り返す得点で何とかカヴァーしていたのだと分かります。





今年旋風を巻き起こした名古屋

顕著に見て取れるのが【赤】の増減
2007シーズンは得点に比べて失点が多いけど、2008シーズンは失点を得点でカヴァー出来ている点です。


全体的な傾向として躍進したチーム(大分トリニータなど)は最終盤15分の失点が減り、逆に下位に沈むチームは最終盤15分に失点が増えそれを覆す得点が極端に減るケースが目立っています。

そして気になるのが上位チームの鹿島や浦和や川崎など、最終盤の失点が昨年より増加しているケースが目立っています。これが勝ち点を拾えないケースが増えて引き分けが多くなり、果ては勝ち点3を失う結果を招いて団子状態を形成したといえます。


ここから垣間見えるのは鹿島が飛びぬけて凄かったわけではなく、他がどんぐりの背比べだった事、その上で平均して鹿島が上に立ったに過ぎません。


まぁ 内乱の無かった鹿島がそのまま優勝を獲ったとも言えますね


浦和はシーズン序盤で監督解任に始まり、終盤は内輪もめでクラブ自体がズブズブに沈みました。

川崎はフッキの呪いで監督が病院送り、何とか最後に帳尻は合わせましたが、序盤の躓きが最後まで響きました。

ガンバはリーグよりもACLに専念する傾向が見え、またしてもシーズン中盤に得点源を流失する失態を演じて失速。何とかそこから立ち直ったかに見えましたが、ACLのタイトルを取ったことによる気の緩みか最後はズブズブに沈む

ライバルが内なる戦いに奔走する状態では鹿島にとって楽な展開でしたね。新興クラブの隆盛もあったシーズンでしたが、それが来年も続くのかは未知数。そこまでクラブの財政状況が現状の戦力に+αできるだけの体力をもてるのかは、今の不透明な世界の経済状況を見ると暗い影の方が大きい。どれだけユースなどの若手の伸びを実現できるかの育成手腕がこのオフシーズン試される気がします。


何はともあれ、もうちょっとシュートを打って欲しい

毎年の切なる願いを持って今年のJリーグ総括を〆ます。
この記事へのコメント
今年は去年よりも面白かったですよ。
個人的には。
得失点ではなく、やはり試合内容では。
Posted by みずし at 2008年12月10日 19:41
優勝したチームによって、あるべき方向に向かっているか疑問を持つとは面白すぎる見方ですね。

鹿島以外の強豪が自力を発揮できないのは、クラブとしての力がないからですよ。

悔しさが見えているというか、客観性を持ててない主張ですね。
Posted by at 2008年12月10日 22:09
おまえ面白すぎ

てか馬鹿だろ
Posted by at 2008年12月11日 05:56
みずしさんへ

なかなかデータに表れない試合内容の面白さはあると思います。特に今年は全体的にファールが少なくなっている傾向も見えますし、その上で得点やシュートが増えていないというのは中盤での攻防がいつも以上に激しく見ごたえがあったと思います。
名古屋やFC東京など、ハードワークやムービングサッカーなどチーム全体の動きにこだわったチームが上位に躍進できたのかも。その最たる象徴が鹿島かもしれません。


  さんへ

確かに極度の鹿島アレルギーを示して、客観性を保てない私は馬鹿かもしれませんね(苦笑)

一番努力したチームに対しての敬意が足りませんでした。反省しきりです。
Posted by daft at 2008年12月11日 08:56
出場時間当たりのシュート数にしないと意味無いのでは?
34試合ずっとスタメンで90本とシーズン途中からレギュラーを獲った上での45本を単純に比較していいのですか?
あるいは怪我でフルに出れなかった選手もいると思いますがその辺りはまったく考慮に値しないのでしょうか?
Posted by ・・・ at 2009年07月31日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

J0EA0FC0B0CFb80C6
Excerpt: Jリーグに関連した記事ってネットには沢山ありますよね、最近私がJリーグ関係で見...
Weblog: Jリーグ
Tracked: 2008-12-12 20:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。