2008年12月22日

【Final】リガ・デ・キトvsマンチェスター・ユナイテッド【FIFA Club World Cup Japan2008】

南米対欧州のCWC決勝
マンチェスター・Uがリガ・デ・キトを【1-0】で下す。

《得点》
◆73分 マンチェスター・U 【得点者:ルーニー】
キャリックのパスをPA付近ゴールからちょっと左でボールを受けたC・ロナウドが、仕掛けてシュートを打つと見せかけて、ちょこんと左にパスを出す。そこに後ろから駆け上がっていたルーニーが、右足で強烈だけどコントロールされたシュートを放ってマンチェスター・Uが先制する。

《試合経緯》
マンUが攻めてキトが受けて守る構図。
キトに分厚く守られて、チャンスは作るけど肝心な所で楽にシュートを打たせてもらえないマンU。少し全体的に鬱憤が溜まっているように感じられる前半でした。
後半立ち上がり、それが悪い方向に出たのがマンUでした。ヴィディッチの肘打ちによるレッドカードで一気に形勢が逆転してしまった両者。
ただ、幸か不幸かマンUが10人になった事により、守りを解いて前に出てきたキト。それによって全体的にスペースが空くと同時に、マンUの集中力も今までになく高まり、カウンターの冴えも見せだします。
途中両者共に膿んだ試合展開はありましたが、ルーニーの先制点を得たマンUが、ファン・デル・サールを中心とした堅守で最後まで粘り強くキトの攻撃を防いで、世界一の称号を勝ち取りました。



『マンUはプレミア仕様』

流石に決勝は通常仕様に近い型に戻してきました。
アンデルソンの起用はちょっと意外でしたが、テベスと同様に南米対策の意味もあるのかなと一寸考えました。

懸念のサイドの空いた椅子もほぼ今シーズンはパクが、第一のレギュラーを勝ち取ったと見て良いでしょう。

それにしても、すべてに於いて一段・二段階ギアを上げてきたマンU。
さらにゴール前ではそれにもう一段階ギアチェンジして、尋常じゃないスピードの中で、正確なテクニックと体の強さ、判断力の速さは桁が違うとあらためて感じさせられました。

確かに中田ヒデの言うとおり、ガンバ戦はやっぱり6~7割の力だったのかと唸るばかりです(苦笑)



『リガ・デ・キトの誤算?』

前半はキトのプラン通りの展開で試合が進みました。
後半、マンUが10人なって少し欲が出たのか、守りを解いて前に出てきたのは、果たして良かったのかどうか。

このトラブルで前に引き出されて、前がかりになった所をマンUに突かれて失点してしまっていますし、この展開はキトにとっては決して良い展開ではなかったのではないでしょうか。

前半と同じように守りを固めてPK戦に持ち込む展開ならば......

ただチャンスに前に出るなと選手に言う方が無理な話かな


『大会MVPのルーニーとC・ロナウド』

今大会のルーニーはキレキレでした。
後半、SHに下がってゴール前から遠ざかり、マンUも打つ手が無いのかなと思った時間にルーニーが決勝弾を叩き出しました。

前半からDFライン裏への飛び出しや、切り返しの鋭さ、シュートのインパクトなど節々に切れの良さを見せ付けてくれました。

その一方、C・ロナウドの不調も浮き彫りになりました。
特に後半、センターでボールを受ける時に膝から崩れるように倒れる場面もあり、明らかに体力がないのが分かります。

昨年ならば確実にシュートを狙っている場面でも、パスを選択したりと何かがおかしい気がします。

未だに手術した怪我の回復が万全でないのか、昨年からの酷使した体の疲れがとれていないのか状態なのか、ちょっと心配ですね。



欧州勢が二年連続タイトルを獲得しました。

これによってCWCの価値が今まで以上に上がったことは確かでしょう。

来年からはCWCは一旦日本の地を離れます。

日本勢も来期に向けてより一層厳しい戦いに晒されるでしょう。

さてはてどんな戦いが来年は繰り広げられるのか......



リガ・デ・キト:Formation】

            ビエレル(16)

             マンソ(21)
  ボラーニョス(7)           レアスコ(13)

      W・アラウーホ(15)  ウルティア(8)

  カルデロン(14)            カンポス(23)
       N・アラウーホ(2) カジェ(3)


            セバジョス(1)

【得点】
なし

【交代】
77分 カジェ ⇒ アンブロッシ(4)
82分 レアスコ ⇒ ラレア(20)
87分 ボラーニョス ⇒ ナビア(19)

※( )内は背番号


マンソ以外はこれといってあまり目立ったなかった



マンチェスター・ユナイテッド:Formation】


        ルーニー(10)  テベス(32)
  C・ロナウド(7)            パク・チソン(13)

        アンデルソン(8) キャリック(16)

   エブラ(3)               ラファエル(21)
       ヴィディッチ(15) ファーディナンド(5)

          ファン・デル・サール(1)


【得点】
73分 ルーニー

【交代】
51分 テベス ⇒ エバンズ(23)
85分 ラファエル ⇒ ネビル(2)
88分 アンデルソン ⇒ フレッチャー(24)

【退場】
49分 ヴィディッチ

※( )内は背番号


試合後のファーガソン監督の会見で
【ガンバ大阪についてはたたえなければならない。非常に質のいいチームだ。特に遠藤。キトの中で遠藤くらいのクオリティーの選手はいなかった。ガンバ大阪の選手たちの質の高さについては、たたえられるべきだと思う】とのコメントがありました。
遠藤の名前を出してまでという所がちょっと嬉しいですね。

そこまでキトを貶さなくてもと思うところもありますが(苦笑)

ちょっとテベスの交代は残念であり、悔しいだろうなと推察します。

試合後のお祭り騒ぎで、エブラがチームメイトにいじくられているのが意外でした。ファーガソン監督にもどつかれるぐらいだから愛される性格をしてるんだろうなと、ちょっとホンワカしました(笑)

ルーニーも試合中に見せる厳しさとは別に、その後の印象は愛くるしいの一言です。
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 履歴書の見本 at 2014年07月13日 08:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ガンバ大阪
Excerpt: ガンバ大阪の人気 まして。ガンバ大阪についてなんですけど、大阪では野球人気がサッ...
Weblog: とんきちの日記
Tracked: 2008-12-22 14:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。