2008年12月26日

雨:CWCを振り返って

熱中した時期も過ぎ脱力気味ではありますが、CWCをさらっと思い返してみたいと思います。


『定規』

今大会のハイライトは【マンUvsガンバ】でしょう。
自分達の最大の武器である攻撃に特化した試合内容に持ち込んだガンバと、それを真正面から受けて立った上で思いっきり強烈な攻撃で倍返ししたマンUの戦いは単純に面白かったです。

かなり捨て身気味の攻撃に終始したガンバではありましたが、それでもマンUにいなされる程度だったのには世界との差を痛感しました。

ただ90分間全力で戦えたガンバは賞賛されるべきでしょう


マンUが7割の力で10割のガンバを圧倒する


10割のガンバにJのチームを対戦させた時を考えると自ずとプレミアのトップチームの実力が想像できます。

そう考えると10割のマンUって想像がつかない気もします。今年のチェルシーとのCL決勝は10割だったでしょうけど、なんだか凄すぎて想像の範疇を超えている気がします。そう考えると7割から10割の間はものすごく間が広いように感じますね(苦笑)

それはさて置き、ガンバ以外のチームにとっても自分達の身近に、自身の実力を測る定規が存在している事は良い刺激になるでしょう。そして見る側も非常に分かりやすくなったかもしれません。



『ガンバの評価・遠藤の評価』

仕方ないとは言え、あれだけの試合をしてもガンバや遠藤の報道が少ない気がします。TV局の報道がマンU、特にC・ロナウド一色だったのにはガッカリ。その上遠藤はコロコロPKしかピックアップされてないし(苦笑)

もっと遠藤の評価が上がっても良さそうなのに、中々ガッと盛り上がるような感じがないのは残念。代表にクラブにドイツW杯後の活躍はもっとピックアップされてもいい気がします。どうしても欧州>Jリーグの構図がそこはかとなく出来上がってきつつあるのは残念です。

せっかくオシムがその図式を壊したのに......

西野監督にしても次期代表監督候補に挙げる声が出たりと、もうちょっと冷静に見る目が必要な気がします。

ここでも気になるのは代表監督>Jクラブ監督の図式

この犠牲になったのはジェフ千葉でしょう。

確かにオシムを代表監督に迎えて得るものは沢山ありましたが、ジェフ単体で考えれば、シーズン途中で周りに包囲網を敷かれた上での監督略奪はその後の苦しい戦いを見れば、いかにダメージが深かったか分かります。川淵キャプテンの安易な発言からのこの一連の流れは、やはり教訓としなければならないでしょう。

西野監督を考えると、このままガンバで選手育成とチームの成熟に携わった方が良いような気がします。本人がそれに飽いているならば別ですが......

この大会を機に周囲のガンバを見る目が変わることは確かでしょう。

その評価を裏切らない戦いを彼らにはして欲しいです

そしてレッズ・ガンバに続くJチームが出てくることは確かでしょう。代表チーム以外でこれだけピックアップされる機会はそうそうはないですし、世界のトップチームと戦える機会なんて代表の試合でもそうそうはないですしね。



『CWCの将来』

ハイライトが準決勝というのも残念な気がします。

確かにファーガソン監督が言うとおり決勝に相応しい熱い戦いには程遠いかったです。ガンバを褒めたくなるのも分かる気がします。

それと同時に欧州とその他大陸との明らかな差は目に余るものがあります。

今現在の方式では、これから先の盛り上がりには欠けるでしょう。

そうなると考えるのが、出場チームの拡大と大会期間の延長

世界的な主導権を握りたいFIFAにとってはどうにかして足がかりをつけたいはず。ただ欧州が素直に首を縦に振る事は考えにくいけど......

欧州での評価が低いCWCをどうやって彼らに納得させるか

これ以上の試合増を選手やクラブ、各国代表などにどうやって納得させるのか。

そしてチャレンジャーの国(アジア・アフリカ・北中米・オセアニア大陸)のレベルアップが問題でしょう。欧州や南米の国々を納得させるだけの力をつけない限りCWCの発展はないでしょう。いつ何時かつてのトヨタカップ方式に戻そうと言われてもおかしくない事だけは確かです。


来年からは日本を離れるCWC

トヨタカップから暖めたこの大会は一体どこに向かうのか

そして日本にとっては、Jリーグの継続的な発展の為にも続けてこの大会に出場する事が何よりも大事です。アジアの中でも存在感を高める為にも是非とも来年のCWCにもJのクラブの名前が在りますように願うばかりです。
タグ:CWC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。