2008年12月30日

【天皇杯】横浜Fマリノスvsガンバ大阪【準決勝】

ガンバがマリノスを延長戦の末【1-0】で下し、決勝の切符を手にする

《得点》
◆116分 ガンバ大阪 【得点者:山崎】
ガンバ自陣深くからカウンターを開始。中盤でボールを受けた寺田がスルスルとマリノスのプレッシャーを避けてゴール前までドリブルで侵入する。ドリブルから一転スルーパスを放つ。それに反応した山崎がDF(中澤?)と競り合いながら抜け出す。相手より半歩先を走った山崎がシュートを放ち、ガンバが待望の先制点を得る。

《試合経緯》
 前線から猛烈なプレッシャーを掛けて、ガンバに中盤での支配権を渡さないマリノス。圧倒的な運動量と動きのキレの良さに、ガンバはただ下がり、守るだけ。マリノスの猛攻にPA内からボールを掻き出すだけで精一杯の状態ガンバでした。
 後半も、マリノスがゲームの主導権を握って試合を進めますが、要所要所を押さえられ、前半ほどのチャンスも勢いも殺される状態。逆にチャンスの数ではガンバの方が圧倒していました。
 90分で決着できず延長戦に突入。圧倒的な不利な状態からこの試合に望んだガンバでしたが、気がつけばマリノスの運動量も目に見えて落ち、延長前半に清水が退場処分になってからは、立場が全く逆になりました。延長後半にガンバが貴重な先制点を奪って、そのまま逃げ切り、辛くも決勝の切符を手にしました。


『満身創痍』

見るのも辛くなるほど、ボロボロのガンバ。

特に前半は、動きも判断力もチグハグで、心と体が別離しているかのようでした。何とか執念でボールを追いかけて、PA内からボールを掻き出して得点を許さなかった。まさに勝利への執念・貪欲さだけでピッチに立っているそんな状態に見えました。

二月のパンパシフィック選手権に始まり、Jリーグ・ACL・ナビスコ杯・天皇杯・CWCと、一年を通して戦うとこうもボロボロにチームがなるのが分かります。これに加えて個人では五輪代表や日本代表の試合もあったわけで、どこか体が痛んでない方がおかしいくらいです。

別に、試合数を減らせとか言いたい訳ではなく、このような戦いを質の違いはあっても欧州や南米の選手は戦い抜いた歴史があり、その中から得るものが必ずやあったはずです。

クラブチームとして、短期間で選手の疲労を取り除く術が洗練されたり、怪我からの早期回復の術が発展したり、トレーニングによって怪我をしにくい体のケア方法が発達したりと、何もかも悲観的に捉える必要もないかもしれません。

選手個人も一年を通して得た経験で《抜く》タイミングも分かったはずです。これは来期以降も活かせる経験だと思います。

※レッズの鈴木の例もありますし、どのチームでも体のケアに関しては細心の注意を払って欲しいですね。



『マリノスの勝機』

どんなに贔屓目にガンバを見ても、この試合のガンバを見る限り、そこに勝機を見出す事は非常に難しかったです。

それほどにマリノスのプレッシャーが凄まじく、何時ガンバが自滅してもおかしくはなかった状態でした。

ただ後半に入ると様子が一変して、じわりじわりとガンバのペースに嵌って、いつの間にか試合が拮抗状態になっていました。

マリノスの勝負の決め所は、全体をコンパクトに圧縮状態を保ったままスペースを消し、ガンバに自由を与えない事。そしてガンバの縦パスを防いで横パスをさせてジリジリと下げさせる事をコンセプトにこの試合に望んだはず。

それがいつの間にか、ガンバの縦パスに押し広げられ、カウンター合戦に付き合って全体が間延びして、余計なスペースを与えて、体力までも喪失する始末。ガンバに勝てる見込みを与えてしまいました。

前半のような戦いを続けていれば、先に潰れていたのはガンバなのは明白だっただけに、ちょっと残念ですね。



『勝機を見出したガンバ』

この試合の最大の勝利の要因は守備そのものでしょう。

攻撃こそ最大の防御を地で行くガンバにとって嬉しい誤算なのかな

この一年を通してもっとも成長したのが守備でしょう。

あらゆるスタイルに対応して、その中から得た経験がココに来て目に見える形に昇華できました。

特に要所要所でのタイトで粘り強い厳しい守備は、再三のマリノスのチャンスを尽く潰しました。特に後半は全くマリノスに勝機がなかったと言えます。

やっぱり勝負所でのあらゆるスピードの差があったことは事実でしょう

フィニッシュへ向かうスピードの落差の付け方、ギアチェンジの有無、組み立てからフィニッシュまでずっと同じスピードで行えば、ガンバにとって見れば何とも気が抜ける攻撃だったかもしれません。

フィニッシュ以外は完璧にガンバを押さえ込んでいたマリノスも、フィニッシュでの技術・判断力のスピードが、ガンバの守備陣を凌駕できませんでした。



『決勝への展望』

今日のガンバを見る限り、本調子のサッカーからは程遠い内容です。それは西野監督も認める所で、今は何よりもスタイルより勝利の結果こそが優先されるオートマティックに勝てることこそが最大の目標でしょう。

しかし、試合後の選手を見る限り、まさに『野戦病院』状態のチーム状況は、何か奇跡を待つ心情でしょう。

ただ勝ちたい。ACL&CWCへの欲だけが彼らを奮い立たせ、前に進めて居るのでしょう。

来期のACLを出場権を考えれば、ガンバが勝つ事が望ましい気もしますが、正直今の状態から全回復は非常に厳しい

圧倒的にレイソルが有利なのは変わりないでしょう

どちらがどれだけ勝ちたいかが素直にピッチにサッカーに表現される試合になるでしょう。非常に泥臭い試合になるかもしれないし、あっさり決着がつくかもしれないし......今日ガンバが勝った事がある意味サプライズなだけに予想がつけにく。



横浜Fマリノス:Formation】


            金根煥(38)
       兵藤(17)       狩野(14)

  小宮山(13)               田中隼磨(7)
         小椋(30)  長谷川(29)

    田中裕介(26)  中澤(22)  栗原(4)

          
             榎本(1)

【得点】
なし

【交代】
67分 田中隼磨 ⇒ 清水(18)
67分 金根煥 ⇒ 大島(15)
82分 兵藤 ⇒ 山瀬(10)

【退場】
102分 清水

※( )内は背番号

いつ見ても歪なシステムに感じるな~

延長戦に持ち込まれて先に潰れてしまったマリノス。相手に疲れたところを見せ付けて、ガンバに勢いを渡してしまいました。

そんな中でも中澤だけがピンピンしてましたが......鍛え方が違うのか全く別次元。中澤も代表戦とか試合数とか洒落にならないほど多いのに、若い選手が先に潰れてしまうのはちょっと......

中澤は本当にこのチームに居続けても良いのか? 
なんだか勿体ない気もします。中村俊輔加入のダシにされてる感じもしますね。その俊輔もこの経済状況でマリノスが抱えられるのかも疑問



ガンバ大阪:Formation】


        山崎(30)  播戸(11)
  ルーカス(9)           橋本(27)

        明神(17)  遠藤(7)

  安田(13)             加地(21)
         山口(5) 聡太(2)


           藤ヶ谷(22)


【得点】
116分 山崎

【交代】
45分 播戸 ⇒ 寺田(8)
76分 遠藤 ⇒ 倉田(20)
111分 橋本 ⇒ 平井(14)

※( )内は背番号

遠藤はちょっと深刻。ぴっちに立っているだけで精一杯

遠藤の代わりに入った倉田の守備から、ガンバの空気が変わりました。この若さとフレッシュな勢いで流れにガンバに傾いたとも言えます。

未知数のサブメンバーの若手がどれだけやれるのか。あとは遠藤がどれだけ奇跡的な回復が出来るかが見所

今日も最後は決めた山崎。何かが飛びぬけて凄いわけではないけど、相手より半歩先に出て、きっちりシュートを打てることこそが最大の強み       
着実に積み重ねた実績と信頼が、爆発する可能性もある山崎。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。