2009年01月21日

雨:低空滑走【最終予選】日本vsイエメン【アジアカップ】

イエメンを日本が【2-1】で下す


《試合経緯》
セットプレーから先制点を得た日本。試合序盤に先制した事でゲームを優位に進める事が出来ました。ただ追加点が獲れずに次第に膿んだ展開になりました。後半の頭にセットプレーからイエメンに同点弾を決められ、悪い流れを引きずります。何とかセットプレーから追加点を獲得してイエメンを突き放す事が出来て、主導権を保ったままゲームを終了させられました。


『出来た事、出来なかった事』

早い時間に先制点を得る事が出来、肩の荷を降ろしてゲームを進める事が出来ました。ただそれ以後イエメンの堅い守りを突き崩せず、ずるずるとゲームを行ってしまったのは反省材料だと思います。

その悪い流れの中から同点弾を謙譲してしまったのが最たる象徴でしょう

確かにスピードの速いサッカーを展開できたのは良かったけど、次第にイエメンがそのスピードになれてくると上手く行きませんでした。やっぱり必要なのは【緩急】ではないでしょうか。どうもこの辺がまだまだなのかな......

攻撃に関しては殆ど憲剛におんぶに抱っこ状態。もうちょっと彼以外にも前でイマジネーション溢れる攻撃を展開できる人材が欲しい所。そうでなければ決定力があればいいのだけれど......

PA付近での攻撃はお粗末。PAラインを横移動する場面が多々。正直、岡田監督に期待するわけでもありません。この最後の一手は選手のイマジネーションがモノを言う場面。ここで何かをアピールして欲しかったけど無理かな

結局、印象に残ったのは岡崎・田中達也・憲剛ぐらいかな。あとはサブに残れるかどうか微妙な所。一応公式戦なんですが親善試合のような雰囲気を醸し出してしまう余裕を見せてしまうところに、レギュラークラスとの超えられない壁を感じました。
posted by Daft at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岡田J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。