2006年02月21日

トリノオリンピック カーリング〜感想〜

2月21日の予選リーグ・スイス戦をもって、日本のカーリング女子代表の戦いに幕が下りました。

え〜・・・・・・残念ながら眠気に負けた私は、スイス戦を回避し、まったり夢の中でした(汗)

準決勝進出はともかく、最終戦負けたのは、ちょっと悔いが残るのかな?

スコアを見る限りでは、大量点でボロボロになったと想像できるのですが・・・・・・。

それでも、ここまでの快進撃で得たものは計り知れないものがあると確信しております。

カーリング5人娘だけにではなく、カーリング協会やカーリング競技者のみなさん、カーリングを支援する自治体や企業にとっても、予想外の反響があったのではないでしょうか?


私も当初、サッカー記事の練習になるかな?という軽い気持ちで

『自分がやった事も直接見た事もない競技を、全く興味の無い人たちに興味を持たせる』
という、全くもって無謀な試みで記事を書きました(汗)

カーリングの快進撃とともに当ブログのアクセスが増え、サッカー日本代表試合記事より、もの凄いアクセスを頂きました。これにはかる〜〜くショックを受けました(笑)

当ブログの記事のアクセス急増のキッカケになった原因を探ってみたところ、TV解説の小林宏氏の影響がかなり大きかったのではないかと思われます。

最初の導入部分として、カーリング観戦のキッカケとしては、人物(可愛い・美人な方)観察が挙げられますが、さすがにそれだけで2時間半近くTVに噛り付くのは忍耐以上のものを必要とします。

※それにしても今大会のトリノからの中継は異様に日本代表のドアップが多かった気がします。イタリア戦(イタリア国内向け)の放送で、顔ドアップが異様に少なかった事から見ても、やっぱ平均年齢が低い&可愛い子が多かったのがイタリアTV関係者(男)のハートをガッチリ掴んだのかな?と邪推してしまいます(笑)


その意味でも今大会、カーリングTV観戦でファン拡大のキッカケを作ってくれた、小林宏氏の懇切丁寧な戦術・球種の解説は、多大な影響を与えたと思います。

惜しむらくは・・・・・・実況者が3回も変わって、その都度、小林氏が一から実況者に説明しなければならなかった点です。もうちょっと基本的な球種ぐらいは勉強しようよと実況者に突っ込みたくなりました。


もう一つは、競技者の生の声が聞こえた事も大きいかもしれません。

競技中の作戦とか聞けるスポーツってあんまり聞いたこと無かったので、これは非常に新鮮でした。

英語が分れば、カナダ・英国・アメリカ戦なんかは、相手の言ってる事もわかるのにな〜とも感じました。


カーリングファンの間口を大きく広げるキッカケとなったトリノオリンピック。

カーリングの映画もこの同時期に封切られたようですしね。

この熱気をそのままに、カーリングTV中継が増えてくれるといいな〜


ちょっとリンク・・・・・・

◆元長野五輪競技委員長・小林さん、自費でカーリング場(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/torino/news/20051214ie03.htm
自費でカーリング場か・・・・・・すごいですね

◆小林氏経営のカーリング用品商社 『SCC』
http://www.scctokyo.com/
カーリングストーン16ヶで130〜165万だそうです。高いね〜(汗)

◆カーリング女子画像掲示板
http://bbs.avi.jp/303025/

◆米ヤフー カーリング Photo Gallery
http://sports.yahoo.com/olympics/torino2006/curling/gallery?pg=1&cap=0
52ページにも及ぶ写真集。日本代表女子の写真も多いです


追加:米ヤフー・Photo Galleryより抜粋

カーリングハ真c.jpg
○日本のリード 目黒(Photo by Stephen Munday/Getty Images)
姿勢がきれいですね〜


カーリングハ真g.jpg
○日本のサード 林のショット スイープする目黒&本橋(Photo by Stephen Munday/Getty Images)


カーリングハ真f.jpg
○日本のサード 林(Photo by Vladimir Rys/Bongarts/Getty Images)
綺麗ですねー


カーリングハ真a.jpg
○日本のスキップ 小野寺のショット(Photo by Clive Rose/Getty Images)
絵になりますね〜


カーリングハ真b.jpg
○ノルウェーのスキップ Dordi Nordby(Photo by Stephen Munday/Getty Images)
ノルウェーのレジェンド 41歳だそうです。


カーリングハ真d.jpg
○英国のスキップ Rhona Martin(Photo by Clive Rose/Getty Images)
闘将と言った感じの人でしたね。


カーリングハ真e.jpg
○カナダのスキップ Shannon Kleibrink(REUTERS/Andy Clark )
日本代表の写真も多いけど、この人の写真もそれと同じくらい多いです。
アメリカで人気なのかな???

posted by Daft at 18:14 | Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。私はカーリングという競技の知識はほとんどありませんでしたが、日本の選手の頑張りを観て、カーリングに興味を持つようになりました。トリノは苦戦していますが、選手は皆頑張っていると思います。最後まで応援しましょう!今後とも宜しくお願いします。
Posted by きりきり at 2006年02月22日 11:50
きりきりさんへ

コメントありがとうございます。
今出せる精一杯の力を出し切った選手達にとっては結果はともかく、充実した大会だったのかなと考えます。不完全燃焼の選手達はこの悔しさを糧に次を目指して欲しい所です。

こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
Posted by Daft at 2006年02月22日 14:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トリノオリンピック(5)
Excerpt: トリノオリンピックも後半戦を迎えています。日本のマスコミの過剰な「メダル」発言も、あらゆる所で取り上げられている為か、少し収まってきている感じがします。全力を尽くす選手を最後まで応援しましょう。ところ..
Weblog: スポーツ・ブログ
Tracked: 2006-02-21 19:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。