2006年03月05日

WBC 一次リーグ プールA 日本 vs 韓国


程好い緊張と興奮に包まれた一戦が始まりました。

前哨戦(場外舌戦)でも白熱していた韓国。

サッカーはまだしも野球は日本が上、それも人数制限無しのオールプロ。

プロ野球の歴史の違いを魅せつける一戦。


日本は負けるわけにはいきません!!!


先制点は手堅く日本。

このリーグ戦 絶好調の西岡の足で稼いだ得点でした。

追加点は2回、意外性?の漢 川崎のソロホームラン!

このリーグ戦は彼ら若手の活躍にのせられた感があります。


このまま日本のペースで行くのかな?と思った4回裏

岩村・小笠原と塁に出て、里崎がバントで送り、1死2,3塁

9番の川崎にまわるも、ショートゴロで岩村が本塁に突っ込むも相手ショートの好返球でアウト。

2死1,3塁 イチローはファーボウルで 2死満塁 ここで絶好調の西岡に出番が巡ってきます。

西岡の勝負強さが観られた打席でした。もう少しでライトを抜けるという際どいフライを韓国のライトがスパーダイビングキャッチ!!!

なんだかイヤ〜〜ナ雰囲気です・・・・・・

あの球が抜けていればと言う一球でした。


5回表 ファインプレーで勢いに乗るのが野球。

この勢いをそのまま生かし、韓国は1点を返します。


ここから試合は膠着状態に・・・・・・

日本は@一歩というところで日本には@一本が出ません。

う〜ん こういう所で止めを刺せないのは後々怖いな〜


予感的中・・・・・・8回表 イ・スンヨプに2ランホームランを打たれ、日本は初めて逆転され、追いかける立場になりました。

それにしてもホームランが欲しいところで打つ イ・スンヨプは侮れません(汗)


初めての展開にちょっと余裕のない日本

どうしても一発狙いになりがち・・・・・・こんな場面こそ「スモールベースボール」の出番じゃないのかな?

打つ球打つ球、上ずった打球でした(涙)

川崎が、曲者?野球小僧?っぽくセーフティバントで出塁を狙うも惜しくもアウト。


心臓バクバク 手に汗握る展開


ここでイチロー登場!!!


何だか打席で構える姿がめちゃくちゃ「絵」になります。


あ〜何とかしてくれと誰もが祈ったはず(苦笑)


流石のイチローもどうしようもなくショートフライでゲームセット・・・・・・_| ̄|○


喜ぶ韓国の姿がめちゃくちゃ悔しく映ります。

どこかに慢心があったのかもしれません。

選手にと言うより 周りの環境にその傾向があったのかも。


ペナントレースとはちょっと違う独特の雰囲気は、国と国、真のプロフェッショナルが互いに作り出したものでしょう。

こんなに緊迫感に包まれた野球の試合を見たのはかなり久しぶりな気がします。

そして、こんなに緊迫感に包まれた試合だけに、この試合を落とした事が非常に悔やまれます。

やはり選手もそれを取り巻くサポートする人たちも、ファンも、ちょっとこのWBCに対する認識が変わる程の一戦になりました。

アメリカに渡っても、このような緊迫した試合が見れるのかと思うと、一スポーツファンとして非常に楽しみです。

この悔しさを糧に野球日本代表には是非とも頑張って欲しいです!!!

辞退した選手達を悔しがらせるぐらいの試合をして欲しいです(苦笑)

posted by Daft at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

いよいよプロ野球開幕!WBCでも日本代表が・・・
Excerpt: こんにちは、プロ野球ももうすぐ開幕ですね。プロ野球のゲームの情報を中心に全球団の情報を網羅、開催中のWBC(ワールドベースボールクラッシック)関連のニュースも随時更新しています。そして・・・
Weblog: プロ野球ゲーム何でも紹介所
Tracked: 2006-03-10 10:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。