2006年03月16日

WBC 二次リーグ 日本 vs 韓国

今日の試合 韓国に勝てば文句無しに準決勝進出の日本。

準決勝進出もですが、予選リーグでの手痛い負けをここで挽回したいところです。











試合の詳細は他のブログ様に任せて愚痴りたいです_| ̄|○



あ〜松井秀喜がいれば・・・・・・



居てもどうにかなったかと言われれば答えに窮しますが、今よりこの残尿感?不完全燃焼間?は無かったはず。

この日本代表の結果を見て松井秀喜は何を思うのか・・・・・・聞いてみたいですね。

それと、この大会を様々な理由で辞退した選手たちは、王監督にどう顔向けするのでしょうか?


どうもこの辞退の背景に、日本ラウンドでの「読売新聞」主催が原因ではないかという風評が漂っています。

反読売の中日・阪神からこの日本代表に出場してもおかしくない選手が辞退しているのを見てもあり得る話かなと思ってしまいます。

何だか自分達の周りの世界だけで満足している狭い集団だなと感じました。

「読売新聞」主催の件にしても、何で日本コミッショナーが先頭に立って主催しなかったのかも不思議に思います。



辞退者が続出するほど魅力のない日本プロ野球の落日の時が来たのだなと感じます。



どんなに野球の歴史を誇示しても、結果的にほぼベストメンバーのプロ野球日本代表が、二回も韓国に負けた事実が全てです。

この歴史的な敗北で日本の野球が変わらなければ、マイナースポーツへ一直線の道が待っています。

互いの利益だけを追求するだけの野球に終始するのか?

全ての野球に従事するものが一致団結し、真の日本野球を確立するのか?

静かにじっくり見守りたいと思います。



イチローの最後の咆哮が耳に残ります・・・・・・日本は変われるのかな?
posted by Daft at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。