2006年06月27日

2006W杯 イタリア VS オーストラリア

2006 6/27 ドイツ/カイザースラウテルン

決勝トーナメント一回戦


イタリアのトーナメント初戦の相手は

因縁のヒディンク率いるオーストラリア。

日韓大会での借りも返しておきたいところです。




イタリア:Formation


          トーニ    ジラルディーノ

   デル・ピエロ

         ガットゥーゾ   ピルロ   ペッロッタ

   
   グロッソ                  ザンブロッタ

         マテラッツィ   カンナバーロ


              ブッフォン


<得点>
後半45分 トッティ(PK)

<交代>
後半00分 ジラルディーノ → イアキンタ
後半11分     トーニ → バルツァッリ
後半30分  デル・ピエロ → トッティ

<警告>
前半29分 グロッソ
後半05分 マテラッツィ(退場)
後半44分 ガットゥーゾ
後半45分 ザンブロッタ
          
※変則の4−4−2



オーストラリア:Formation


               ビドゥカ

     ステリョフスキー        ブレッシアーノ

               カーヒル

       ウィルクシャー       カリーナ

               グレラ

     チッパーフィールド       ムーア
               ニール


              シュワルツァー 


<得点>
なし

<交代>
後半36分 ステリョフスキー → アロイジ

<警告>
前半23分 グレラ
後半05分 カーヒル
後半16分 ウィルクシャー



前半......


試合開始前、スタジアムの通路でエスコートキッズにこやかに話しかけるカンナバーロ。

私の見た試合で、イタリアのカンナバーロぐらいしか子供に話しかけていない気がします。あとはベッカムぐらいかな・・・・・・。

今日のピッチは暑そうでした。

特にイタリアはペース配分を考えてか、何時もよりスローペースに見えました。

オーストラリアにボールを持たせて、時々奪ってはゆっく〜り組み立てて中央から攻撃するか、一気に前にロングボールを当ててFWに委ねるかの二択でした。

凄い省エネ作戦(苦笑)

今日のイタリアは、トップに楔がピッタリ収まるので、そこからの展開がもっと頻繁にあっても良かったかもしれません。

特にデル・ピエロがサイドを使った攻撃(クロス)が一本しか見られなかったのは、残念でなりません。

一方のオーストラリアは、ボールを持たせてもらっているので、徐々にペースをつかみ始めます。

二列目からの飛び出しや、ビドゥカに当てたりと・・・・・・。

両者とも最後の最後で攻め手に欠けました。

また、ビドゥカ&トーニの両トップにそれぞれチャンスはあったものの今一歩決め切れませんでした。


後半......


ちょっと2トップ気味で相手の裏を突けなかったイタリアは、ジラルディーノに代えてイアキンタを投入。

イアキンタ右サイドに置き、トーニを中心とした3トップ気味の布陣にしました。

縦の動きに(裏へ抜ける動きに)ダイナミックさが生まれ、イタリアに流れが戻ってきたかに思いました。


後半05分、カウンターから絶好のチャンスを、マテラッツィが体で止め、それを審判が一発レッドカードで退場に・・・・・・。

一気に試合が緊迫しました。

スクランブルにイタリアはより団結します。
11人よりも10人になったほうがより守備が固くなる・・・・・・なんとも不思議な国です。

このイタリアの守備を中々貫けないオーストラリア。

残念ながら今日のイタリアは、カウンター攻撃の精彩を欠きました。

オ−ストらリアの二列目・三列目からの飛び出しを防ぐことに頭がいっぱいで、ボールを奪っても前線まで上がりきる力がありませんでした。


後半30分に最後の手を打ってきたイタリア。

トッティを投入し、前でキープできるポイントを作り、後ろの上がりを促し、あわよくばイアキンタとの二人で得点を奪おうと言う作戦です。

これに対し、沈黙を貫いていたヒディンクがアロイジを投入し、勝負を仕掛けます。

それにしても今日のヒディンクは慎重でした。

オランダVSポルトガルの轍を踏まないように、早計な投入を慎み、機を狙っていたようでしたが、手駒が限られているのが辛い所です。

前で体を張るファイターは居ますが、予想外の動きを出来る選手が居ない・・・・・・キューウェルが怪我で欠場が、後々までひびきます。

攻撃が前半から左に偏っていたのも、それを補正し相手に攻撃を予測させない展開を、組み立てる選手の欠如が痛いところです。

それとアロイジ投入で火が付いたのかオーストラリアの動きが直線的に速くなります。

前半から抑えていたものが噴出したかのようです。

これを待っていたのはイタリアでした。

カウンター合戦の応酬になれば、数的優位は気にならず、個々の能力が素で出るので、このスピードのある展開は望むところでした。

せっかく前半からスロースピードで我慢して抑えていたのに・・・・・・このオーストラリアのリズムチェンジは惜しいところです。

選手自身が、暑さに、得点できないことに、延長に突入することに焦れたのが全てです。

この展開から一気にスピードを得たイタリアは、トッティからいつの間にか左サイド奥に居たグロッソにボールが渡ります。

グロッソがここぞとばかりに中に切れ込むチャレンジをし、PA内に進入し、たまらず体で止めて、グロッソが倒れました。

主審はグロッソがPA内に切れ込む前から、イタリアのアドバンテージをしっかり見ていて、グロッソが倒れこむのを見て、ここでPAスポットを指差し、オーストラリアに悪夢を呼び起こします。


最後の最後にチャンスを得たのは10人のイタリア。

PKキッカーはトッティ。

悲壮感に満ちたトッティの目。
どこか・・・・・かの人を思い出させます・・・・・・

重苦しいプレッシャーを跳ね除け、トッティが冷静にゴールネットを揺らしました。


劇的    


ドラマティック


私の脳裏に浮かんだのは、アメリカW杯のイタリア・バッジョの姿でした。

トッティとバッジョの姿を重ねている私が居ました。


苦しんだイタリアが勝ち残りました。

本当に苦しいです。

特にDFはネスタ・マテラッツィと相次ぐ離脱。

辛うじてカンナバーロが孤軍奮闘で扉を守っています。

あ〜どうなるんだろう・・・・・・リッピに策はあるのか?

ワクワクしてきます(嬉)
posted by Daft at 12:29 | Comment(8) | TrackBack(15) | 2006 WORLD CUP GERMANY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、ブログってけっこう難しいですよね!
気になってコメントつけさせていただきました。
ちょこちょこ拝見させていただきます。
Posted by yayoi at 2006年06月27日 12:34
楽しみに見せてもらってます。
ぜひ見に来てもくださいな♪
Posted by kayo at 2006年06月27日 12:34
前もブログ書いてたんですけど、また始めてみました♪
ぜひ、よかったらコメくださいな★
Posted by モコたん at 2006年06月27日 12:36
yayoiさんへ

はじめまして!
ブログって難しいです。文章を書くこともですが、書き続ける気力を保つことも難しいです(汗)
コメントを貰えると本当に嬉しいです。
これからも頑張るので、よろしくお願いします。
Posted by Daft at 2006年06月27日 12:51
Kayoさんへ

>楽しみに見せてもらってます。
大変ありがたいお言葉をありがとうございます。
これからもよろしくお願いします(笑)
Posted by Daft at 2006年06月27日 12:56
モコたんさんへ

ブログ復帰おめでとうございます(笑)
お互い長くブログを続けられると、いいですね!
Posted by Daft at 2006年06月27日 13:00
こんにちは。
リッピの頭の中にはインザーギというのはないんでしょうか?
トニとジラルディーノも悪くはないんですけど、点をとるということに限れば、やっぱりピッポでしょう。
イアクィンタをいれて、サイドを固めたあたりが、リッピの慎重さをかんじさせます。
Posted by goleador14 at 2006年06月27日 14:20
goleador14さんへ

こんにちは
これまでのインザーギの使い方を見ると、逃げ切りたい時や裏へ広大なスペースがある時に、リッピは使う傾向がありますね。
正直、トーニが今一つなので、ジラ&ピッポのコンビでも良いような気がします。
後半の退場が無かったら、トーニ→ピッポ投入&デルピエロ→トッティ投入を考えていたのかもしれません。あくまで予想ですが・・・・・・。
Posted by Daft at 2006年06月27日 14:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トッティの初ゴールでアズーリベスト8へ!!
Excerpt: まずは、日頃お世話になっているアズーリサポのみなさん、 勝利おめでとうございます。あの人にあの人にあの人。。。 心が狭い僕はオージーが勝たなくて、ホッと胸を撫で下ろしました。 「らしい」..
Weblog: キングのオキラク蹴球記
Tracked: 2006-06-27 12:39

イタリア×オーストラリア
Excerpt: それは2002年6月18日に行われた日韓ワールドカップ決勝トーナメント1回戦「韓国×イタリア」、延長後半13分のことだった。ペナルティエリア内で倒れたフランチェスコ・トッティに主審のパイロン・モレノが..
Weblog: フットボール問わず語り
Tracked: 2006-06-27 12:42

アズーリ、1−0でオーストラリアに勝利!
Excerpt: 26日(現地時間)、ドイツW杯:決勝トーナメント1回戦:イタリア − オーストラリアの試合が行われました。 いよいよアズーリの決勝トーナメントが始まります。 ここからは負ければ即敗退。 勝利以外は許..
Weblog: TREQUARTISTA
Tracked: 2006-06-27 13:33

ドイツW杯観戦記.24 (イタリア×オーストラリアとか)
Excerpt: ★ 1回戦 イタリア 1−0 オーストラリア 2日連続の試合、しかも帰ってきたのがキックオフ直前の23:50。 そんなわけで、「この場に日本代表が立っていたかもしれないんだな~」なんてボーッとしな..
Weblog: フッチボル・アレグレ とか
Tracked: 2006-06-27 14:16

W杯決勝T1回戦3日目 イタリア、ヒディングに雪辱!ウクライナPK勝ち!
Excerpt: イタリア勝ち抜け!!  
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-06-27 15:23

イタリア対オーストラリア
Excerpt: 昨日のイタリア対オーストラリア マテラッツィの一発レッドはう〜〜ん{/eq_2/}だったけど とりあえず10人でがんばりました〜。 ネスタはどうでしょう? もう今回は出場なしかな? (´・ω・`)..
Weblog: オフィスでこっそり
Tracked: 2006-06-27 17:00

苦闘の末にイタリア、ウクライナ
Excerpt: 決勝トーナメント1回戦(@カイザースラウテルン)イタリア 1??0 オーストラリア (@ケルン)ウクライナ 0??0 スイス    (PK:3??0) 決勝トーナメント、3日目。イタリアはトッティをベ..
Weblog: orfeo.blog
Tracked: 2006-06-27 17:52

イタリア!奇跡の勝利(26日)
Excerpt: 大本命のアズーリ登場。一時間の仮眠を取ったおかげで全く眠くないw昨日はうとうとした分真面目にみるぞw結構長くなりそうなので、続きを読んでくださいwイタリア勝ちました(泣)!!グロッソが奇跡を起こしまし..
Weblog: CALCIO★10
Tracked: 2006-06-27 20:53

2006年ワールドカップ決勝トーナメント
Excerpt: 6月27日 21:08 昨日は、ハイライトシーンを見ただけで、疲れていたので寝てしまった。 朝のスポーツ番組でチェックしようと思ったのだが、人質身代金事件一色だった・・・ オース..
Weblog: キヤノンでキャノンと読む
Tracked: 2006-06-27 21:37

不可解な判定でオーストラリアがイタリアに敗れる
Excerpt: イタリアがオーストラリアに勝利しましたね。なんかすごく怪しい判定でイタリアがPKを得たけど、あれには本当に腹が立つ(怒) 審判はバカか?あんなくだらないことしてフットボールを汚さないでほしい。 ..
Weblog: 蹴球航海記
Tracked: 2006-06-28 00:01

笑顔が消えた王子様
Excerpt: トッティがPKを決めた瞬間、真夜中の他に誰も居ない部屋で筆者は天に向かって大きく拳を上げた。 ロスタイムに入り延長直前であった。この場に至ってまだ交替枠を2枚残しているオーストラリアはヒディング..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2006-06-28 00:14

イタリア対オーストラリア(2006.6.26.)
Excerpt: カイザースラウテルン 2006年6月26日午後17時00分KO(現地) イタリア ブッフォン / ザンブロッタ カンナヴァロ マテラッツィ グロッソ / ガットゥーゾ ピルロ ペロッタ / ジラルデ..
Weblog: メーヂャ
Tracked: 2006-06-28 00:22

WC Day18(R16):悪夢をみたオーストラリア、無失点で敗退・・・。明暗はっきり・・・。
Excerpt: 今日の2試合は、ワールドカップの明暗が出ました。 もちろん・・・ 明:イタリアとウクライナ 暗:オーストラリアとスイス   オーストラリア ?0-1 イタリア オース..
Weblog: 日本代表からジャパニーズまで
Tracked: 2006-06-28 09:45

6.26コラム  チョイ悪オヤジの井戸端会議
Excerpt: ■イタリア、ウクライナがベスト8進出!  今日は「イタリア×オーストラリア」「スイス×ウクライナ」がベスト8をかけて戦った。結果はイタリアが1-0で勝利、ウクライナがPK戦を制して次のラウンドへ進出..
Weblog: ワールドカップブログ
Tracked: 2006-06-28 10:14

決勝トーナメント1回戦E組1位xF組2位イタリア対オーストラリア。
Excerpt: サッカー、ワールドカップW杯、イタリアvsオーストラリア。 カイザースラウテルンにて。 オーストラリア、チャンス。 デルピエーロからトーニ。 ジラルディーノのシュート。 トーニからジ..
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-07-06 02:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。