2006年09月18日

AFC U-17選手権 シンガポール2006 《Final》 日本 vs 北朝鮮

2006 9/17 シンガポール/ジャランベサルスタジアム


この世代のTV放送(BSでの録画放送)があるのは極めて珍しいだけに、どんなチーム&選手達が居るのか興味が尽きません。

是非ともこの試合で自信をつけて、来年のU-17W杯に繋げて欲しいところです



日本:Formation


           大塚翔平(15)

  齋藤学(16)    柿谷曜一朗(8)    水沼宏太(11)


       岡本知剛(6)    山田直樹(10)


  山崎正登(7)              高橋峻希(5)
       金井貢史(2)    甲斐公博(4)


           廣永遼太郎(1)


<得点>
後半11分   柿谷曜一朗
後半32分   端戸仁(17)
延長後半07分 河野広貴(14)
延長後半14分 河野広貴

<交代>
後半25分     齋藤学 → 端戸仁
延長後半00分  大塚翔平 → 河野広貴
延長後半13分 柿谷曜一朗 → 濱田水輝(12)


※( )内の数字は背番号

※システムの基本は4−5−1

※前の三人(齋藤・柿谷・水沼)は頻繁にポジションチェンジ


前半......


気温27.6℃ 湿度78.0%

ピッチは人工芝

そういえば去年のU-17W杯も人工芝だったはず・・・・・・。

前半7分 

北朝鮮が苦し紛れに中に入れたクロス?が、日本のDFとMFのポッカリ空いた 空間に横パスのように入り、それを日本がクリアミス?したボールをシュート、アンラッキーにもDFにボールが当りコースが変わって北朝鮮が先制しました。  

どこが悪いとか一概に言えない不幸に不幸が重なっただけの失点でした。

これがあるだけに試合の出だしは慎重に行きたいところです。

落ち着きを取り戻した?と言うより、くっきりと実力差が現れ始めてボールを支配しだした日本。

日本の生命線は、ボールをどれだけ持てるかが鍵です。

ワンタッチの心地よいリズムでパスを回し日本のリズムを作り上げていきます。

アタッキングエリアでのアイデアも日本は豊富で選手間のコンビネーションも問題ありません。

惜しむらくはシュートで終われない事が後々に響かなければいいのですが

完璧に崩したい・・・・・・これはここ最近の日本全体の悪い癖のような気がします。形に拘る余り、肝心のゴールが非常に遠くに感じてなりません。

ここら辺のゴールの嗜好の傾向が日本らしいのかな(笑)


それにしてもこのチームは「人とボール」が良く動きます。 


城福監督がチーム立ち上げ時から「人とボール」というコンセプトを掲げて編成したらしいですが、それにしても代表チームでここまで動くチームは見た事が無いかもしれません。

後半25分

日本が圧倒的にボールを支配するも、フィニッシュにまで至らない場面が続いた後、北朝鮮に一度のチャンスを与えて、得点を謙譲してしまいました。

北朝鮮のポストプレーと、日本の守備の連携の不味さを突かれました。

それにしてもポストプレー・・・・・・背負われた時の守備の対応の不味さをどうにかしないと、これから先の世界大会では、そこを突かれて来るのは必至です。北朝鮮より格上のチームがゴロゴロしているだけに、早急な対処が必要でしょう。別に上背が無いからとか身体的なものだけでは無い気がします。

2失点は喫したものの、明らかに日本のほうがサッカーのレベルは上です。

目指すものの違いがハッキリと出ている気もしますが(苦笑)

選手個々の技術、共有するアイデア、戦術理解度、スタミナ、全て日本はgood!

極端に誰某が突出したワンマンチームでない所が日本の強味の気がします。

内容は日本が上でも結果は別では困ります・・・・・・果たして日本は後半どんな戦いをするのか


後半......


北朝鮮がジワジワと押し込んできます。

ボールを持てないだけに、パワープレーで強引にボールを追いかけ、見た目のボール保持率は五分五分でした。

後半11分

チーム全体で左右にボールを振り、一対一の場面を柿谷に作ります。

素晴らしい技術とシュートで日本が一点を返しました。

この得点シーンはとても文章では書けません(笑)

何だか凄いものを見てしまいました!

北朝鮮はカウンター頼みの中央突破に固執。

日本はバランスを考えて左右に振り分けて、サイドでの数的有利を作るコンセプトがシッカリと根付いていました。

中盤の底の岡本&山田の攻守に亘る動きとゲームメイクは素晴らしかったです。

後半32分

柿谷が左で貰い、ゴールに向かってドリブルで進入。

慌てて止めにきた北朝鮮をあざ笑うかのようなスルーパス!

そこに途中交代の端戸が、PA内を斜めに横切って右から左に横断。

柿谷のスルーパスをそのままワンタッチでシュート!!

日本がここでようやく同点に追いつきました。

決めた端戸も凄いんですけど柿谷には驚かされます。

縦のドリブルの速さ、トラップ、一対一での抜きの技術、シュート、パサーとしての能力、全てが凄いの一言です。

今までの日本人には居ないタイプかもしれません。

一つ一つのスペシャリストは居たけれども、総合的な選手がようやく現れた感じがします。

さすが16歳でセレッソがプロ契約しただけの事はあります。

将来必ず日本を背負って立つ大エースの予感がします!!!

せっかく同点に追いついたものの、攻め急ぎボールが足元に落ち着かない日本。変なところで浮き足立っちゃったのは、やっぱり優勝を意識しだしての事なのかもしれません。

結局このまま攻めきれず、延長戦に突入


延長......

延長前半は北朝鮮ペースでした。

決定的だったのは延長前半7分の場面、北朝鮮のポストプレーからGKとの一対一を作られ絶対絶命のピンチでしたが、GKの廣永のファインセーブで何とかこの危機を切り抜けました。


延長後半

前線に元気な河野を投入。

延長後半7分、水沼とのコンビネーションで河野が中央を崩して、待望の一点を得ました。

それにしても運動量が落ちない日本

最初から最後までキッチリ走り、ボールへの寄せも変わりません。

延長後半14分 北朝鮮のシュートのクリアボールを河野がそのままカウンターへ一人旅。

GKとの一対一も技ありのシュートで、決定的な4点目を得ました。


結局4−2で北朝鮮を退けた日本。

12年ぶり二度目のアジア制覇は価値あるものです。

来年のU-17W杯でどんな戦いを見せてくれるのか非常に楽しみです。

それにしてもこの過密日程のなかでのこの内容は非常に満足いくものがあります。

一つ苦言を呈するならば「試合の始め方・終わり方」を習得して欲しいところです。

始め方は前半の失点が物語るように、試合の入り方。

そして終わり方は、マイボールにして時間を進める戦い方。

我武者羅だけでは世界に通じないことも学ぶ必要があるかもしれません。

それでも逸材も発見できましたし、有意義な時間を過ごせました(笑)

この世代からの飛び級もあるかもと感じさせる一戦でした。

タグ:北朝鮮
posted by Daft at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。