2006年11月13日

AFCユース選手権インド2006 《Final》 U-19日本 VS U-19北朝鮮

2006 11/12 コルタカ/ソルトレークスタジアム


初優勝の懸かった試合

と同時にアピールの場

自分の普段の居場所に戻ったときに

ベンチに座れていない選手はベンチに座れるように

ベンチに座れている選手はピッチに出れるように

ピッチに出ている選手はスタメンで出れるように

スタメンで出ている選手はA代表に選ばれるように

噛り付いてでも何かを掴んでほしい




U-19日本:Formation


           青木孝太  森島康仁

              柏木陽介

        梅崎 司        田中亜土夢

              森重真人

      堤 俊輔            内田篤人
           福元洋平  青山 隼


              林 彰洋


<得点>
前半34分 柏木

<交代>
  後半13分 森島 → ハーフナー マイク
  後半30分 青木 → 伊藤 翔
延長後半13分 森重 → 柳澤 隼

<警告>
延長前半05分 森重




U-19北朝鮮;Formation


        J.Chol Min(20)    K.kum Il(7)

   P. Chol Min(17)            Y.Yong Il(15)

        K.Kyong Il(19)    R.Chol Myong(8)

 J.Kwang Ik(22)                R.Yong Chol(2)
        R.Kwang Hyok(16)   P.Nam Chol(5)


              J.Kwang Min(1)


<得点>
前半03分 R.Chol Myong

<交代>
後半20分 P.Chol Min → K.Kuk Jin(12)
後半43分 K.Kyong Il → C.Myong Ho(9)
延長後半15分 Y.Yong Il → P.Se Yong(13)

<警告>
なし

※( )内の数字は背番号


前半......


開始から3分

いきなり中盤からのロングシュートを許す

それがGK林が前に出ていたところを狙われて、ゴールネットを揺らす

韓国戦に続いて早い時間での失点をまたも許す

森重も付いていたようですが、しっかり体を寄せていたかは疑問

この試合主審のレフリングに戸惑った日本

最初のファーストコンタクトを散々ファウルを取られ

日本のボディーコンタクトは全てファウルだった気がします

逆に日本が受けるものはファウルなし・・・・・・

明らかな不公平感がありますが、それを言っても詮無いこと

逆にそれで萎縮してボディコンタクトを控えた日本のほうに問題があるかもしれません。

確かに今までアタッキングエリアでのFKが異様に多いことは指摘しましたがだからといって全部が全部ノーファウルで守備をしようなんて無茶すぎる(苦笑)

これは決勝戦!

やらなければならない時がある

闘志を前に出さなければ、そこにつけ込んで来るのが北朝鮮

高潔であることは大事だけど

相手が全て高潔であるとは限らない

力の差が同じならばともかく

その差が開いたときにそれで通じるのか・・・・・・


完全に主導権を握られた日本

殆ど攻めらしい攻めも見せられないまま防戦一方です。
         
攻め以前にボールをキープするのもままならない状態

まずはしっかり自分達のリズムに戻すことが肝心

なのですが、焦ってボールを前に蹴るばかり

DFラインでのパス回しでのパスミスも再三

中盤でのパスミスもそして一番肝心なところ森重の位置でボールをキープできない

正直言えば、このワンボランチの布陣は青山がここに入ることを前提にした節があります。

それを置いてもヘルプが少ない

まぁ 北朝鮮のプレスが苛烈だったことも言えますが・・・・・・。

八方塞がりな中、それを打開したのは柏木でした。

日本が強引にダイレクトで二本パスを繋いで柏木へ

ドリブルで一人強引に勝負に行き、ヘルプに来たもう一人の北朝鮮の選手を物ともせず、殆ど角度の無い位置から強引にシュート!

それがGKの裏を突いてのゴールでした!

至極強引ですが、北朝鮮も人の子。

日本が怖くないはずはありません。

これがヒントとなってもっと攻めが見られれば良いのですが・・・・・・



後半......


日本のDFの裏をしつこく狙う北朝鮮

それに加えて高いロブボールを上げてボールのバウンドを利用したり、体の入れ方の巧みさを利用して、日本を封じ込めます。

このバウンドボールの処理、またはロングボールの処理などは、各年代に係わらず不得意な傾向が見られます。

ここを巧く突かれた・・・・・・この処理に手一杯で攻撃まで手が回らない

前半の問題点も解決せぬまま時だけが流れます。

打つ手が無いのか?

・・・・・・

最初に動いたのは日本

ハーフナーを投入します。

これが功を奏します。

前線でボールを尽くキープするハーフナー

ロングボールも全てに競り勝ち、一つの光明が見え出してきました。

ボールを死守してくれるハーフナーに引っ張られる形で、徐々に落ち着きを取り戻した日本。

このまま行けば・・・・・・

それでも前からのプレスを緩めない北朝鮮

勝ちたい・・・・・・その一心が全てだった気がします。

日本も90分で勝負を着けるために交代を切り勝負に出ましたが

あと一歩が遠かったです。

二戦連続の延長へ


疲労感と共に焦りも感じました。

もし・・・・・・もし延長戦で決着を見なければPK戦は嫌だな・・・・・・

あの北朝鮮のGKの反応の良さを見ているだけにPK戦は日本にとって不利と見えます。



延長戦......


前後半通じて同じ展開が繰り返されます。

北朝鮮がロングボールを放り込む

下がって処理する日本。

ボールを跳ね返すも北朝鮮に拾われる

エンドレス・・・・・・

際どいシュートも何本も撃たれるも日本のシュートは無いに等しい

悲壮感のなか希望を持ちつつPK戦に・・・・・・



PK戦......


北朝鮮        日本
(09) ○      梅崎    ×
(22) ○      ハーフナー ○
(16) ○      伊藤    ○
(20) ○      田中    ○
(08) ○



PK戦で敗れた日本

厳しいけど「よくやった」とは言いません

五分と五分の展開ならそれも言えるけど

8対2厳しく言えば9対1の割合で北朝鮮に主導権を握られた状態では力の差を意志の力をハッキリ見せられた感じです。

球際でのボディーコンタクトを怯えていたのを全て見透かされていた

それが全てです。


U-20W杯までにどこまでこの選手達が成長できるのか

彼らの最終的な目標はそこではない

もっと上へ 上へ

A代表も視野に日々を歩いて欲しい

そう願わずにはいられません。

※総括はまた別に・・・・・・
posted by Daft at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。