2006年11月30日

アジア大会ドーハ2006 《二次リーグ》 日本 VS パキスタン

二次リーグから参加する日本

見る方のモチベーションの作り方も難しいこの大会。

観客席はがら〜〜〜んとしてました。


とりあえずFormation



          カレン    平山

              増田
          
    本田(圭)   谷口         辻尾

                 青山(敏)


        水本    一柳    青山(直)


              松井


ずっと使ってきた4−1−4−1から3−5−2?への変更

人員不足からの変更でしょう。

出来るだけ幅広く選手を試したい気持ちは重々分かります。

でも核となる選手を固定できないのがきつい。

核になるであろう選手が中々シックリ来ないのも原因かもしれません。

本田をサイドで使う辺りにも苦しさが滲み出ています。

確かにクラブではSBの位置で使われたりもしますが、どうみても向いてないのは誰の目にも明らかかと。

これは本人が奮起して自分に合ったポジションを奪い取らなければどうしようもないですけどね(苦笑)

このアジア大会で一番成長して欲しいのは増田でしょう。

このチームの大エースとして前線を支える選手になって欲しい。

その意味でも今日の試合を含めて今大会は注目したいところです。

あとは谷口の実力が代表でも生かされるのか、否か

Jでの活躍がフロックでないことを証明して欲しいところです。

他はDFの柱として誰がリーダーシップを取るのかと言うぐらいかな


まぁ TV的には平山の活躍ですが、正直期待していません。

無理です(笑)

この時期になっても本調子じゃないって・・・・・・何やってんの?

と、誰も突っ込まないのかな?


試合の方は、前半早々にFKから本田が直接決めます。

GKが油断していたとも言えますが、あの弾速は素晴らしいですね。

その後は拮抗・・・・・・

32分にCKの流れからカレンの折り返しに合わせた谷口が二点目を得ました。

結局前半は二点だけでした。

主審の不可解なジャッジとパキスタンの強引な寄せに苦しんだ前半。

中々得点できなかった原因は、DFラインでのパス回しの遅さとビルドアップの不正確さが原因でしょう。

パキスタンの強烈な前からのプレスに臆したのか、ズルズル下がったり、ワンタッチのパスが出ない日本。

思い切ったサイドチェンジなどありません。

完全にパキスタンの術中に嵌ったと言っても過言ではありません。

後半、それを修正できるのかが鍵となるでしょう。

ハーフウェイラインさえ超えてしまえば怖くないのに・・・・・・。


後半は泥沼でした。

前半の問題点はそのままに、よりボールがルーズになり、不利な体制でボールを競うようになり、過剰なタックルを受けていました。

その中からルーズボールを競りに行った青山(直)が怪我をする始末。

この交代までのプロセスもベンチワークを含めてチグハグでした。

怪我で交代を要求して、その場(ピッチ内)で倒れれば(寝てればいい)良いのに、自分からピッチを出たりと、何だかな〜

結局、ベントからの声でピッチに戻るも、最後はいつの間にか交代前にベンチに帰るし・・・・・・

とりあえずベンチの指示を待つピッチ内の選手は、ボール回しをして声を待つものの指示ナシで、無為にボール回しをして、あわやインターセプトから失点と言う場面もありました。

ベンチも選手もこの大会にかけるモチベーションの低さを物語る一場面でした。

それにしても青山は何でピッチで倒れなかったのか???

そうしていれば主審が止めたか、ボールを外に出すかで全て上手く行ったのに・・・・・・

これがこれ以降モロに影響します。

一気にチームの意識がバラバラに・・・・・・

谷口のアンビリバブルな追加点もありましたが、これ以降は本当に泥沼でした。

DFの負傷交代で仕方なく4バックに

これにより前も右往左往する始末。

ボールの落ち着く所を失った上に運動量がガクッと下がります。

動けない平山を下げるものの時既に遅し

じりじり下がるDF+MF

FKから失点

この間ハンドを取られて青山(敏)がイエローを貰いました。

このジャッジも凄くビミョーなところです(苦笑)

失点で浮き足立った中、俄然勢いを増したパキスタン。

イケイケ状態の中から左右に日本を振って、フリーでボールを持った選手のビューティフルなシュートを決められて二失点目。

最後は本田(拓)まで投入して守備固めするものの、この日二枚目のイエローを貰った青山(敏)がレッドーカードで退場。

ある時期までは非常に拮抗した中でゲームが進んでいましたが、青山(直)交代以降すべてが悪い方に行ってしまいました。

選手のゲームに対するモチベーションと対応力(ピッチコンディション+ジャッジ等々)もちろん問題はありますが

それ以前にベンチワークのチグハグさが全ての原因の元でしょう。

反町監督以下全てのコーチ陣の経験不足がモロに露呈してしまいました。

色々と問題点が噴出したものの、一番の収穫は谷口の得点感覚は素晴らしい事だけかな。

あとはカレント平山はコンビとして無理。

U-19からコンビを続けてこれならば、この先を期待するのは酷です。

平山のコンディション調整不足はプロとしても失格

話になりません。

正直、このままならば二次予選敗退は濃厚でしょう。

いや、二次予選で敗退した方が無様なサッカーを見るより健康には良いかも

次のシリア戦でどこまで建て直せるのか

しっかり見たいと思います。

一つの希望は北朝鮮とシリアが引き分けたことぐらい・・・・・・。

        
posted by Daft at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。