2007年03月01日

北京五輪 二次予選 日本 vs 香港 《home》

2007 2/28 国立競技場


そうか 今日はサッカー(U-22)の試合があったんだ

という程度の心持だったことは否めません。

正直、興味が薄れていることは確か


スッキリした試合も無く

印象に残るような試合も皆無

代わり映えの無いスタメン等々


何だかスタンドもガラガラ?

期待する選手もいるけど

なんでスタメンなの?と考え込む選手も

この辺は好みの問題だから仕方ないのかな


日本:Formation


           平山
       李       カレン

    本田(圭)         水野

        青山(敏) 梶山

     青山(直) 伊野波  水本

         
           松井


《得点》
前半11分 平山
後半21分 梶山
後半38分 増田

《交代》
後半00分     李 → 家長
後半21分   カレン → 増田
後半39分 青山(敏) → 上田

《警告》
水野



香港

FW
チャン・シウキ (18)
ユアン・ヤン(8)

MF
リョン・チーチョン(7)
ラム・カーワイ(10)
シャム・クォッキョン(13)
リョン・チョンポン(16)

DF
リン・ジュンシェン(2)
トン・キンマン (6)
ウー・ハオパン(3)
リー・ハンウィ(4)

GK
リー・ジェン (17)


《得点》
なし

《交代》
後半00分  ユアン・ヤン → クォ・キンポン(20)
後半07分 ラム・カーワイ → チャン・マンファイ(15)  後半36分 リョン・チーチョン → チェン・ハイヒン(9)

《警告》
トン・キンマン ウー・ハオパン リョン・チョンポンx2

《退場》
リョン・チョンポン



前半......

水野の個人技で再三のチャンスを作る

どうもコレが反町監督の癇に触ったようだ(苦笑)



水野が前にばっかり行くから中盤のバランスが崩れる。

水野のせいでFWが裏を抜けることしか考えなくなった。

水野のせいで左の本田がボールを触れなかった。

水野のせいで・・・・・・。



何だかね〜

どうよ?(苦笑)



水野がいなけりゃ全く面白みのなかった日本

中盤のバランス云々の前に、全体のバランスが頭でっかちなのを直すのが先でしょう。

これだけCF系の選手を三人並べてあれこれ望むのは無謀

もっと出来るかと思っていた云々は練習試合で分からなかったのかと問いたい!

前回のアメリカ戦より幾分はワイドに広がる動きもありましたが

それでも中盤に顔を出す回数は限られたもの

サイドを突破とか連携で崩したなんて数えるほど

李にしてもカレンにしても真ん中でやりたいタイプを、無理やり脇に追いやっている

そんな印象しか受けません。


本田がボールを触れなかった・・・・・・

これは預けてもどうしようも出来なかったのが実情でしょう

仕掛けて突破するようなタイプでもないし

運動量があって動き回るタイプでもない

かといってパスが際立って凄いわけでもない・・・・・・

守備が巧いわけでもないし・・・・・・

FKだけ?



後半......

李に代えて家長投入

後半21分 増田投入

これでガラッと変わりました

全く別のチームと言って良いでしょう



その場の雰囲気でポジションを変えている感じかな

そのぐらい流動的にめまぐるしくポジションが変わり、ボールが動き、観ている方も楽しかったです。

その反面、俺も俺も感が極まって後ろの守備が極めておろそかになっていました。

それに輪を掛けてGKの不安定さが、危うく香港に得点を許してしまう場面まで・・・・・・。

ここら辺は全体の手綱を引くような選手が不可欠なのが見えてきます。

そういえばアジア大会でもこんな感じの失点ケースがあったような

GKに関して言えば、これは西川を待つ以外手が無いです。

フィードに関しても足元に関してもトテモトテモ松井じゃ無理



収穫は勝った事だけで、勝ったのにガッカリしているという気持ちです  by反町



ある意味名言ですね

ガッカリですよ反町さん

ガッカリさせないための監督じゃないの?

クラブチームならばともかく代表監督の言葉じゃない


次もまた同じように前に三枚並べるだけならば先は見えています

サポータに飽きられないような試合をよろしく!


《気になった選手》

水野
反町監督からは酷評でしたが、素晴らしかったです。


平山
体の切れは見た目にもいい感じ
ただこれがフルシーズン続くかは未知数
疑心暗鬼(笑)


家長
ドリブル突破、ドリブル保持、ポジチェンジとやりたい放題(笑)
日本の国際試合でここまで相手を翻弄しているのを見るのも久しぶり


増田
彼の投入で明らかに全体が活性化されました。
家長&水野が生きる為にも増田は不可欠
そういえば鹿島じゃ後ろ目の選手じゃなかったっけ?
posted by Daft at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(5) | 北京五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

北京五輪に続く道は遠いね
Excerpt: 北京五輪アジア2次予選の日本VS香港で日本3対0で勝利だ 前半は平山が開始早々にゴールも後は停滞し1対0で終わった 後半は最初はイライラも梶山・増田がゴールし3対0で勝利した 3点を..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2007-03-01 13:28

香港戦3−0快勝も。内容は...................................
Excerpt: 北京五輪予選2次予選 日本3−0香港 平山、梶山、増田のゴールで 勝ちました。 結果だけ見れば快勝ですが 内容は良くなかった。 危ないシーンもあった。 反町監督も 収穫は勝った事だけと..
Weblog: yskのブログーb
Tracked: 2007-03-01 15:33

[U-22]北京五輪アジア2次予選 vs香港
Excerpt: まずオリンピックに向けての大事な2次予選の初戦を、ホーム国立で迎えられることに感謝! これで勝ち点3を獲れなければグッと確立が下がるだけに、何が何でものゲーム。 香港が少林サッカーしない限..
Weblog: O塚政晴と愉快な仲間達
Tracked: 2007-03-01 20:46

幸先良いスタートと言うべきか?不安なスタートと言うべきか? 【サッカー 五輪予選】
Excerpt: サッカーの北京五輪アジア2次予選B組の日本対香港が28日東京・国立競技場で行われ、日本が3−0で順当に勝ち初戦を白星で飾った。 日本は、前半11分に平山(FC東京)が先制点を上げると、後半21..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース
Tracked: 2007-03-02 00:44

反町ジャパン,北京五輪予選で香港に勝利
Excerpt: 反町康治監督率いるサッカーU-22(22歳以下)日本代表が,2月28日(水)に北京五輪アジア2次予選で香港代表と対戦し,3-0で勝利した エースであるFW平山相太(FC東京)の先制ゴールなど,合計で..
Weblog: オレメデア
Tracked: 2007-03-02 20:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。