2007年03月21日

2007年 世界女子カーリング選手権 日本VSスウェーデン

2007 3/20 青森県営スケート場


トリノの金メダル スウェーデンとの一戦

どうもNHKは勝つ試合を放送したいらしいけど

世界の技と戦術を見せることも必要だ

日本と世界の差を見せることも普及の一つと考えて欲しいです。


まぁ これとは別に一言......


桜子をもっと画面に出せーーー(魂の叫び)





誰か目黒の『村町役場風のジャージ着こなし』をアドバイス(注意)してあげて

ぐらいかな〜

本橋の画面出現率は満足かな(笑)


と雑談はこれぐらいで試合のほうに


日本
Lead:寺田桜子
2nd:山浦麻葉
3rd:本橋麻里
Skip:目黒萌絵

スウェーデン
Lead:Anna Svard
2nd:Cathrine Lindahl
3rd:Eva Lund
Skip:Anette Norberg


前回の放送イタリア戦とは打って変わって、今日の氷の状態はほぼベストかな

イタリア戦の氷の状況は、素人目に見ても掴み所の無い状態でした。

その分、実力がモロに出るのが痛いところ・・・・・・


【3エンド】

スウェーデンSkipのNorbergのパーフェクトショットが飛び出し
一気に3点取られてしまいました。

序盤からなんだけど、ある程度のところまで日本は相手を追い込むものの、詰めの甘さが目立ってか、そこをモロに突かれて、一気に局面が逆転してしまいます。

一発で逆転できてしまうショットがあると心強いのにね

日本:スウェーデン=2:4


【8エンド】

このエンド、6:7と日本が追い上げましたが

攻め切れなかったとも言えます。

スウェーデンSkipのNorbergのドロー系のショットが、格段に悪かったところを突けなかったのが痛いところです。

その分、目黒のヒット系のショットの悪さを突かれた(意図して突かれたと言うより自分からコケたと言うほうが表現としては正しいのかも)


【9エンド】

ガードを大量に溜めて一気に勝負に来た日本

一時、相手のミスに乗じて勢いに乗るものの

ここでも詰めの甘さを露呈して

逆に大量得点を取られてしまいました。

ここでほぼ試合は決まってしまいました。



【総評】

う〜ん 戦術・技術共にスウェーデンの方が飛びぬけています。

相手が大崩れしてくれない限り、ちょっと勝ち目は無かったかな

メダル云々より

一つ一つを成長の場として、有意義な物として欲しいです。
タグ:カーリング
posted by Daft at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。