2007年06月28日

雑感あれこれ 其の十二

当ブログもこの記事が200の大台に乗りました。

いやはや、のらりくらり風任せにフラフラ続けただけに、良く続いている?なぁ〜と感心してしまいます。

私は凄く飽きっぽいです(断言)

一つのことを集中して長時間続けることは、ほぼ不可能です。

当ブログもその例に漏れず、度々放置することもありましたが、何とか続いています(大汗)

多分、これからも極端な更新もありますが、暖かい目で見守っていただけると幸いです。


其の一:U-20W杯開幕間近!!

ワールドユースという名称を改めて、年代別のW杯の冠をつけた大会に生まれ変わりました。

その最初の大会が、日本時間7月1日にカナダで開幕します。

日本の初戦は7月2日のスコットランド戦

放送はフジ系列の深夜00:10からあるようです。
※ご多分にもれず宮崎では放送はないですが、CATV経由の鹿児島放送で見れるので、ホッと胸を撫で下ろしたところです(苦笑)

その後は

7月5日のコスタリカ戦
7月8日のナイジェリア戦

と続きます。

過去幾多の選手がこのステージから大きな舞台に旅立っていきました

是非ともこの大会を踏み台にして、高く飛んで欲しいところです。

前回の苦い失敗もあるので期待は半々ですが、私個人としてはかなり良いメンバーが揃っているだけに、黄金世代に迫る活躍を見せてくれるのではないかと祈っています。

注目選手は

GK:林 彰洋

DF:内田篤人
DF:福元洋平

MF:柏木陽介
MF:梅崎 司
MF:青山 隼

FW:森島康仁
FW:青木孝太



其の二:アジア杯もそろそろ開幕


またあの暑い夏がやってくる・・・・・・

てな感じでクサイセリフですが、そんな感じです。

思い起こせば前回の大会は、競技以外の所で日本に多大な影響を与えたと言っても過言ではないはずです。

この大会(開催国中国)によって、目が覚めた人・目を背ける人と、さまざまだと思います。

私にとっては衝撃以外の何物でもありませんでした。

何故にここまで憎悪に満ちた目で見られなければならないのか、その時の違和感は、今でも忘れることが出来ません。

それと同時に、偏った報道(右左だけではなく)の多さにも驚きました。日本に入ってくる情報がかなりの部分で歪められ、負の部分が伝えられないことにも驚きました。

いや・・・・・・むしろ目を向けていなかった、見えていなかった(関心と言う意味でも)と言う言葉の方がシックリ来るのかな。

言われ無き中傷に屈するのは御免被りたい所ですが、かといって全てを清廉潔白に見るほど幼稚でもありません。

疑うこと、そして裏を読み取ること

これが全てな気がします(苦笑)

話がかなり脱線しましたが、こんな感情も現地にはあることを考慮しながら見ることも大事なのかもしれません。

今回の大会は東南アジアの共催の大会です。

折角だから相手の国の歴史に触れて見るのもいいかも


そういえば、このアジア杯を前にして、いまだにJの試合が残っています。

正直大丈夫なのか?と思います。

案の定、怪我で闘莉王と水本は、ほぼ大会参加が絶望

他のメンバーが怪我をしないことを祈るだけなのが、何ともなぁ〜(苦笑)


こんな無茶な日程を組んだのは誰よ(笑)


それにしても今年の闘莉王は怪我が多い

実働日数なんて数えるほどじゃ?

阿部が居なかったら浦和はもしかしたらとっくの昔に崩壊しているかも

一応、闘莉王の席は代表には在るには有るけど・・・・・・

去年の力は、もしかしたら120%の力だったのかな?

それだとしたらちょっとね・・・・・・

闘莉王はまだしも、水本の怪我による代表離脱の多さには呆れます。

期待がかかるだけに、体のケアに気をつけて欲しいところです。

そのうち存在を忘れ去られるんじゃないかと余計な心配をしてしまいます。



追記

今夏も二つの大会を同時に追っていこうと思います。

願わくば、両方の大会が被る位、良い所まで勝ちあがって欲しいところです。


自身のPCが壊れて一年(ちょうど昨年のW杯前)、そろそろ自前のPCを買わなきゃなと思いつつズルズルしてます。

家族共有のPCの為、深夜の投稿は控えておりますので、試合日当日の更新は非常に稀なので、何卒ご了承ください(涙目)

当ブログ記事の投稿は、試合の翌日(または翌々日)の昼前か夕方が中心です。

ユックリ頭の中で反芻する癖も付いたので、これが今のところベターなのかなとも思ったりしています。

出来るだけタイムリーに話題を提供するのが、ブログの本来の醍醐味なのかもしれませんが、私の場合、度々足を踏み外すこともあるので、ちょうど良いのかもしれません(苦笑)

できるだけ読みやすく書いているつもりですが、読みにくい所も多々あるかもしれません。

暖かい、もしくは熱い目で見ていただけると幸いです。
posted by Daft at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 00:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。