2007年07月26日

AFCアジアカップ 2007 日本 vs サウジアラビア 【Semi Final】

2007 7/25 ベトナム/ハノイ


“不完全な卵”


まだまだ色んな意味で混沌としています。

すごく書くのが憂鬱です(苦笑)


『負けるのも悪くない』(オシム語録)

確かにこの言葉が頭をよぎりました。

しかし、考えている以上にこの言葉を上手く消化できない自分が居ます。

ただ純然たる事実として【2−3】で日本は負けました。



日本:Formation


         巻   高原
    遠藤     
            俊輔

               憲剛
         鈴木
    駒野            加地      
     
         阿部   中澤

        
            川口


《得点》
前半37分 中澤
後半08分 阿部

《交代》
後半23分  巻 → 寿人
後半30分 遠藤 → 羽生
後半42分 憲剛 → 矢野
   
《警告》
後半24分 高原



サウジアラビア:Formation


       Y・アル・カハタニ(20)   マーズ(9)

 A・アル・カハタニ(18)         アル・ジャッサム(17)

          アジズ(16)    ハリリ(14)

  K・アル・ムサ(7)            アル・バハリ(15)

         ハウサウィ(3)   ジャハダリ(19)


             アル・モサイレム(1)


《得点》
前半35分 Y・アル・カハタニ
後半02分 マーズ
後半12分 マーズ

《交代》
後半16分 A・アル・カハタニ → アル・ムサ(30)
後半34分  ジャハダリ(19) → タカル(25)
後半42分      ハリリ → オマル(6)

《警告》
なし

※( )内は背番号



問題点を随時探って行きたいと思います。


前半......

スタメンはUAE戦以降固定

問題点1:ベンチの層の薄さ

これがジワジワとボディーブローのように効きました。
今大会は決勝トーナメントを見ると波乱が無いように思われますが、グループリーグでの東南アジア勢の思わぬ勝利の波乱が、少なからず日本にも影響しています。

初戦日本がカタールに引き分け、ベトナムがUAEに勝利

これが第二戦UAE勝ったものの、第三戦のベトナム戦に主力を投入しなければならない事態を招きました。

まぁ 初戦のカタールに引き分けたのが最大の原因ですけど、それにしてもベトナム戦にサブ組みを使えなかった疲労が、ここに来て表れたと言ってもいいでしょう。

そしてオーストラリアに勝ったことにより、マスコミを含めて周辺に楽観ムードが漂ったことです。
気を引き締めねばならないのに、このような事態に陥ったことは、同じ轍を何度も繰り返す質の悪さにガッカリです。


層の薄さにもう一つ言及するならば
多分、薄さ(人材の質)の問題だけならば、容易に解決するでしょう
ただ、ベンチに座って居ることを良しとしない反乱分子が意外に多かったことが誤算だったのではないでしょうか?

良く考えて見てください

何で『アノ人』や『コノ人』が呼ばれなかったかを

薄いとは今回のメンバーに対して過分に失礼な話だと重々承知していますが敢えて言及しました。



序盤の立ち上がり、日本は良好な滑り出しです。

型は出来上がっているのですが、肝心のフィニッシュ、シュートそのものが極端に少ない。

問題点2:やりすぎ病

美しさの為にならば死ねるか?

まさしくコレを投げかけてくれました

答えはイエスでもありノーでもあります。

今の日本はここで自問自答している状態でしょう。

完璧な型にこだわる余り周りが見えていません。

ゲーム全体の流れそのものを無視しているといっていいでしょう。

単純なものにこそ真実がある。

相手にとって何が怖いのか?

パスで崩される事も、もちろん怖いけど、シュートを撃たれることも怖いはずです。

もう一度原点を見つめなおして欲しいところです。



前半20分過ぎから少々日本に狂いが見えてきます。

がくんと目に見えて運動量が減ってきます。

単純なミス(横パスが短かったり等々)が目立ち始めます。

また致命的なミス、守備において人数は揃っているけど、一瞬足が止まってマークに付くべき人を放したり、ボールウォッチャー?(一瞬ぼ〜っとしている感じ)になったりと、

目に見えて集中力を欠いているのには驚きました。


もしかしたら序盤の攻勢は、スタミナを含めて計算して飛ばしていたのかな?


点が取れないこともあるけどシュート・フィニッシュで終われない事が段々とリズムを失う結果に繋がります。

相手にカウンターを掛けられ、守備に戻る距離が増えたりと走らされている感がしました。


前半35分

集中力を欠いた中

バイタルエリアで相手にFKを与えます。

そこから中の混戦に持ち込まれて、エースのY・アル・カハタニ(20)に先制点を与えてしまいます。


一番やってはいけない失点でした。


前半37分

CKから中澤がヘディングで同点弾

この追いつき方は非常に勢いに乗るものがありました。


前半はこのまま終了

気になるのはシュートの少なさ

危険度&深刻度で計るシュートを見ても、圧倒的にサウジのほうが優勢でした。

ガクッと落ちた運動量も気になります。

いつもにまして鈴木の運動量&キレが無いのも気になるところ



後半......

後半02分

立ち上がりのモタツキを攻められて

サイドを抉られてマーズ(9)に失点を許します。


ここ最近では珍しい時間帯での失点の仕方

体力と集中力が依然として回復していないのが分かります。


ここからのサウジは時間を上手く使う術を持っています。

じりじりと焦らなければ良いのですが・・・・・・


後半08分

CKから混戦を突いて、阿部がオーバーヘッド気味のシュートで、またまた同点に追いつきました。


勢いは日本

それだけに万全の体制で臨んで欲しいところ



後半12分

カウンターから

人数は揃っている

しかし、またもマーズの個人技の前にCB二人が手も足も出ずに最悪の失点


一番気をつけなければならない時間


明らかに運動量の差が目立っています。

試合の間隔や移動距離では分があると言われていた日本

蓋を開ければ愕然とした差が悪い方向に出てしまいました。


一度落ちた試合のリズムを取り戻すのは容易なことではありません。

全体の運動量が下がっているだけに、交代メンバーだけでは流れを変えるだけのものはありませんでした。

一つ打開策があるとすれば個人技ですが・・・・・・


問題点3:ドリブラーを探せ

パスだけで崩せる相手ならばそれに越したことはありませんが、残念ながらサッカーはそれだけではありません。

時にリスクを孕むドリブル(個人技)が試合の行方を左右することもあります。

現在の日本は団体で相手を崩すことをクリアしつつありますが、個人で相手を崩すには至っていません。

そこで待たれるのがドリブラー

MFでもFWでも構いません



結局サウジに上手く守られ日本はここで敗戦

後半の終盤辺りからは『負けるのも悪くない』そういう想いもありました。

勝つに越したことはないんですけどね・・・・・・


問題点4:負けるのも悪くない

再三言っているこの言葉

負けたからこそ見えてくるものがあります。

今現在の日本のサッカーがまだまだ不完全だということです。

勝てばこの大きな問題点が見過ごされてしまうかもしれません

実際前回の大会、ジーコが諸所の問題を見落とした(目をつぶった)事もありました
※DF特に宮本を最後まで重用した
※DFの育成に失敗
※世代交代にも失敗
※海外組みと国内組みという変な対立構造を作る
※FWの育成に失敗
※主要メンバー(俊輔)を極端に優遇


負けたことによって、現在のメンバーの入れ替えが容易に出来ます。

下の世代の登用にも拍車がかかるかもしれません。

さらに協会内部の批判もできます。

特にアジアカップ開幕一週間前までリーグ戦を行っていたことは、大きな批判の的になってもおかしくないでしょう。

代表軽視をクラブ&リーグ全体、そしてそれを了承した協会
これも批判の対象になっていいでしょう。

サッカー、特に代表の人気不足を自らが促していたのですから、一体どの面下げてファンに顔を向けるのか気になります(邪)


負けはしたけど前に進むにはこれで良かったのかな

今大会のメンバーにはあと一試合残っているけど、ご苦労さんと言いたいです

あの気温と湿度を考えると、とてもサッカーするにはきつすぎます。

オシムも少々の批判が湧き上がるかもしれませんが、引き続き頑張って欲しいです。


それにしても韓国にお付き合いして負けなくても良かったのに

疲れる相手と戦うのは気の毒(同情)



すごく未練タラタラだけど皮肉を一言


主審(オーストラリア)のイヤガラセがアカラサマスギ!


もうちょっとスマートにやろうよ(苦笑)





posted by Daft at 11:34 | Comment(2) | TrackBack(13) | オシムJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
なるほど、と読ませてもらいました。
自分もほぼ同じ意見ですね。
方向性は間違っていないと思うので、家長や柏木など若い世代を融合させて、よりいいチームをつくってもらいたいと思ってます。
Posted by goleador14 at 2007年07月26日 20:44
goleador14さんへ
コメントありがとうございます。
若い世代とどのように融合させるかが、次のステップの課題ですね。
ちょっと五輪組みの勢いが足りないのが心もとないですけど(苦笑)
Posted by Daft at 2007年07月27日 09:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

日本3連覇ならず 決勝は中東勢同士 3位決定戦は日韓戦
Excerpt: 負けました。AFCアジアカップ準決勝・日本VSサウジアラビアは2−3でサウジアラビアが決勝に進出しました。 前半35分、ヤセルに先制点を許してしまいましたが、2分後に遠藤のCKを中澤のヘッドで日本..
Weblog: 日刊魔胃蹴〜毎日書けるかな?〜
Tracked: 2007-07-26 11:59

個人技の前に守備陣なす術なく・・・ 【サッカー アジアカップ準決勝】
Excerpt: サッカーのアジアカップ準決勝が25日行われ、サウジアラビアと対戦した日本は、相手の個人技に守備が対応出来ず3失点を喫し3連覇を果たす事は出来なかった。 また韓国×イラクはPK戦の末、イラクが勝..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース
Tracked: 2007-07-26 14:01

アジアカップ準決サウジに負け3連覇が消滅
Excerpt: アジアカップ準決勝の日本VSサウジアラビアが行われたけども 日本が3対1でサウジアラビアに負け3連敗が消滅しちゃった 試合は前後半に日本が失点と得点を繰り返しが続いてイライラし 中沢&阿部ゴ..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2007-07-26 14:12

AFCサウジアラビアvs日本
Excerpt: ええっと前半21分ですよ。 わーすーれーてーた。 まだ0-0ですね。 サッカー、サウジアラビア対日本。 今日はハリポタ映画も放送してたのか。 秘密の部屋か。2作目ですね。 やけに今..
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2007-07-26 15:07

ベスト4は及第点だが・・・
Excerpt: スポーツ  内容は完敗。  サッカーのアジアカップ2007年大会は25日、当地で準決勝があり、日本がサウジアラビアに2..
Weblog: なんでも。
Tracked: 2007-07-26 17:24

日本vsサウジアラビア。
Excerpt: イラクがPK戦の末韓国を破り、一足先にファイナル進出を決めたあとのゲーム。 サウジアラビアとの準決勝です!            高原   巻      遠藤          ..
Weblog: 続・アーセナルvsバルサのCLファイナルを願う!
Tracked: 2007-07-26 18:22

日本2ー3サウジアラビア……3位決定戦で韓国と
Excerpt: 日本2ー3サウジアラビア。 負けた……。 3連覇が…… サウジアラビアに取られて中澤がすぐ取り返して 取られて阿部がすぐ取り返して。 取られて取り返すことができず負けた。 最後の猛..
Weblog: ヨッシーキングの副業!?
Tracked: 2007-07-26 20:21

シュートを打ちなさい!
Excerpt: 日本はよく研究されてましたね~。まあ、しょうがないですね。次、もしW杯の予選で当たったら叩きのめしてやりましょう。 しかしサウジのツートップは巧かったなー。予選の時あんなのいましたっけ!..
Weblog: ルイの日記
Tracked: 2007-07-26 20:42

Asian Cup vs サウジアラビア
Excerpt: ★ 日本 2-3 サウジアラビア 【日】37'中澤、53'阿部 【サ】35'ヤセル、47'・57'マレク うーん・・・中澤の同点ヘッドが決まったときは、日本に風が吹いていると思ったんですけどね。結..
Weblog: フッチボル・アレグレ とか
Tracked: 2007-07-26 20:46

アジアカップ準決勝
Excerpt: 本日はAFCアジアカップ準決勝が2試合。先に行われるのがクアラルンプールでの韓国−イラク、その後がハノイでの日本−サウジです(決勝Tが深まってくる段階ではバンコクでは試合をしないことになっています。サ..
Weblog: BBRの雑記帳
Tracked: 2007-07-26 21:17

アジアカップ2007 敗れる・・・3位決定戦へ
Excerpt: まるでさっきまで見ていた野球がそのまま続いているかのような シーソーゲームであった。 しかし今の日本代表、3点入れられた勝てない。 献身的に守備をするFWを起用してもこれでは意味がない。 3位決定..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2007-07-26 21:53

夢潰える
Excerpt: アジアカップ2007は準決勝2試合目。 3連覇を狙った日本は2ー3でサウジアラビアに競り負け、3位決定戦に回る事になった。 後1点が届かなかった。 3連覇の夢は準決勝にて潰えた。 悪いサッカーやなか..
Weblog: FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜
Tracked: 2007-07-26 21:57

鴎+6&サウジに負け3連覇が消滅&ホタル
Excerpt: サウジ戦は日本が2得点も3失点し組織より個人で負けて3連覇が消滅して ホタルノヒカリはショッカー&ドジョウ掬い印象が強く女のバトルがスタートで は小林が9回を完投し打線3点を取るもサヨナラ負け3タ..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2007-07-26 22:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。