2007年08月10日

雑感-番外編- 【シュートを打とう!】

アジアカップが終わって少々気が抜けている今日この頃

普段はサッカー関係の記事を見る所が決まっているので、そんなに気にしていなかったんですが、アジアカップ後の反応が思ったより肯定的な物が目立った気がします。

概ね今現在のオシムが進むべき道を肯定する、擁護する動きが大勢を占めている

ちょぼちょぼと批判があるにはあるけど

何だか的外れな物もチラホラありましたが・・・・・・

私自身はかなり批判の声が上がると予測して『韓国戦』の内容を試合そのものからずらして、ほぼ総括に近いものをアップしました。

かなりディープに試合と代表を見ている方が占めているせいか、かなり外した記事になってしまいました(苦笑)

そういえば、どこかの記事でドイツW杯ショックの影響でライトユーザーがかなり中田ヒデとともに引退?他に流れたという内容のものを読んだ気がします。それが今回の冷静な反応に繋がったのかなと思ったりもします。

でもちょっとある意味『面白くないかな』っと(笑)

所謂プロの方々も肯定的な意見が大勢を占めています

できれば、ここで敢えて問題提起を促すぐらいの物を出して欲しかった。


と言う事で素人がやります。


『本当にドリブラーが必要なのか?』


どうもTVなんかで解説をしている御仁の話を聞いていると、個人技で突破=ドリブラーさえいれば、得点不足はすぐさま解消するかのような話をなさっている方々がいます。

本当にそれだけで何もかも上手く行くのか?という疑問が頭をよぎります。

もしそうならば、それができていなかったオシムの責任はどうとれば良いのでしょうか?

分かっていなければ諫言&助言しなければ駄目でしょう。

それが出来ないのならばメディアとしての役割を果たしているとは言いがたいです。

と、メディアの責任はちょっと脇に置いといて本題に・・・・・・


私自身はドリブラーが嫌いな訳ではありません。
しかし、ドリブラーさえ居れば何もかも解決できるとも思えません。

ここまでは素人の私でも分かるのですが、そこから先が分かりませんでした。

という事で助け舟を

『まず攻撃の目的は何なのかを明確にしておこう。ボクは、シュートを打つことこそがその目的だと思っている。シュートを打った結果としてのゴールは、テクニックや様々な心理ファクター、そして偶然性などが絡み合った結晶みたいなものだから、シュートとは分けて考えるようにしているのだ』
(湯浅健二著:日本人はなぜシュートを打たないのか?-第二章-より抜粋)

私にとっては非常に目新しくピースが埋まった感じがしました。

ゴール(得点)に対する考え方を再考させる一文です。


《今までの思考》

ゴール(得点)

パス&ドリブル&シュート

ゴールを奪うための手段としてパス&ドリブル&シュートが全て並列にあり、比重が全て同じ


《再考後》

ゴール(得点)

シュート

パス&ドリブル

ゴールをシュートという目的の後の結果という位置において、シュートをするための手段としてパス&ドリブルがある。


もともとサッカーを遊び以外でやった事のない私にとっては、目から鱗の事実です(苦笑)

こんな考え方があるのかと、ある意味気が抜けちゃいました(笑)

シュートという結果の副産物?にゴールを置くと肩肘張らずに試合を見れます。


しかし、そんな甘い考え・運に頼った言い方で良いのか?

これは現状(Jリーグ)を見れば、ゴール云々よりまずシュートを打たなければならない理由が分かってもらえると思えます。

資料1:2005年Jリーグ得点順位表
2005Jリーグ得点表.htm

2006W杯を控えた前年の成績です。
得点だけ見れば佐藤寿人の頑張りが目に付きます。
しかし、シュート数に目を向ければ、他との歴然とした差があります。
確かに効率の良さが目立つけど、裏を返せばシュートを打てる場面・チャンスの時にシュート以外の行動をしているとも取れます。
諸所のチーム事情も絡んでくるので、一概には言い切れませんが・・・・・・


資料2:2006年Jリーグ得点順位表

2006Jリーグ得点表.htm

2006W杯を前後に跨いで開催された年です。
より顕著に現れているのが、外国籍プレイヤーと日本人プレイヤーのシュート数です。
シュート数=チャンスと考えた時、約二倍近い開きがあるのですが、それほどまでに日本人プレイヤーの動きの質・ポジショニングが悪いのでしょうか?
ポジショニングや動きの質の問題だけでこれほどの差が出るのかな?

資料3:2007Jリーグ得点順位表(第18節時点)

2007Jリーグ得点表(18節).htm

李忠成のシュート数 17
カレンのシュート数 26

愕然とする数字です。
本当に動きの質やポジショニングだけの問題ならば、これは非常に問題です。
このようなメンバーをU-23代表・北京五輪でスタメンに使うのは危険です。
現在の北京代表の低迷振りが何となく分かる気がします。


本当にチーム事情だけが問題なのか?
動きの質やポジショニングの問題なのか?

私見を言えば

シュート数そのものが少ない、つまりシュートを打つことに消極的な状況下で、ドリブル突破などの個人技を駆使してもシュートを打つかは疑問

これが個人技で全てが解消できるのか?という疑問の基です。

では、どうすればこの状況を解決の方向に向けることが出来るのか?

それは次回に・・・・・・すぐにアップ予定・・・・・・
タグ:雑感
posted by Daft at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。