2007年09月09日

北京五輪2008 【アジア最終予選】 サウジアラビア vs 日本

2007 9/8 サウジアラビア/ダンマン



日本:Formation


          森島(39)

       家長(14)  水野(7)

  本田圭佑(8)         内田(12)
       梶山(10)  本田拓也(16)

    水本(4)  伊野波(5)   青山直晃(3)

          山本(21)

【得点】
なし

【交代】
後半00分 水野 ⇒ 柏木(17)
後半31分 梶山 ⇒ 青山敏弘(6)
後半42分 森島 ⇒ 平山(9)

【警告】
前半24分 本田拓也
前半26分 本田圭佑(次戦累積)
後半26分 家長



前回のベトナム戦は辛うじて勝ちを拾いました。

監督更迭論が噴出するかと思ったけどそれほどもなかったようです

それでも余程反町監督を追い込んだようで顔が今回違ってましたね(苦笑)

もう体裁に拘ってられない、形振り構わない状態が今回のスタメンに少し現れている感じがします。

平山と心中を諦めて、理想主義から現実路線へ転換したようです

ただ、まだまだ思い切った采配が必要なんじゃないでしょうか?

折角右に内田を据えたんだから、左に安田を置いてもいい気がしますけど......

あとはタイプが似ているからと嫌っていないで、素直に梅崎を呼べばいいのに......

さてはて、次はホームでカタール戦

首の皮一枚で繋がっているけどどうなることやら(汗)


試合のほうは特に書く事はなかったので割愛(大汗)
posted by Daft at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 北京五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「毎度お馴染み・・・」では済まされない次の試合 【サッカー 北京五輪アジア最終予選】
Excerpt: サッカーの北京五輪アジア最終予選が8日、ダンマン(サウジアラビア)で行われ、4大会連続の五輪出場を狙う日本はサウジアラビアに0―0で引き分け、1勝1分けで勝ち点を4とした。サウジアラビアは..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース
Tracked: 2007-09-09 18:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。