2007年10月13日

雑感あれこれ 十三の巻

気がつけば朝の空気がひんやりして参りました。

ちょっと書くのが疎かになっていましたが、もう一ヶ月も書いてなかったとは......(大汗)


其の一:上田桃子 ブログ炎上

発端はドキュメンタリー番組での一言らしい

「先(プロ)がないスポーツを何でできるんだろう?」

この一文からだけだと

“お金を稼げないスポーツに意味はない”

そう受け取られかねない言葉ですが

ゴルフダイジェストオンラインから抜粋すれば

上田がプロゴルファーを目指したのは様々な理由があるが、その一つに「家庭を支えたい」という気持ちがある。障害を抱えながらも働いている姉がおり、かつ、両親の苦労を間近で見てきた現実が上田の心のガソリンとなり、現在の活躍を支えている。女王不動を相手に一歩も引かなかった闘争心は、並のプロなら持ち得ないもの。切迫した環境が、彼女をプロゴルファーという一攫千金の世界へと導いた。だから稼げないスポーツを選べる自由は無かったし、それでも、そのようなスポーツに打ち込めるアスリートを心から凄いと思う・・・そういう気持ちから出た言葉だった。それが編集でカットされた。

だそうです......。


私としては最初の先がない云々は素直な言葉だと思います。

二十歳の若者としては当然考えうる事だと思います。

何故?どうして?を自分で身をもって体験する時期だと思います。

ブログでの反響(炎上)後も素早く謝罪したりと、真意でない言葉の伝わり方を謝罪しているようですし、別段問題視する所はありません。

むしろ目くじらを立てて炎上したことの方が問題かもしれません。


準プロスポーツ(企業スポーツ)の文化が根付いている問題が奥底にあるような気がします。

サッカーや野球のようなある程度軌道に乗ったスポーツは別として、その他のスポーツは未だに一人立ちできない状態です。

プロ化を試みたものの目標を達成できないままの方が多い現状です。

特に象徴的なのがバレーとラグビーでしょう。

一時期ブームがあり多大な人材の集まりがあったものの、それを集約できなかった稚拙さは否めません。

アイスホッケーやアメフトなんかもそうかな......

正念場なのがバスケットボールと言うところかな

まぁ ゴルフもかなり正念場だとは思います。

その他のアマチュアスポーツから脱却できないスポーツも、二の舞は御免とばかりに試行錯誤しているところでしょうけど......


まぁ プロである以上自分の発言に責任を持つ(メディアの編集は常に醜悪)のは至極当然のこと

それはたとえ二十歳だろうが未成年であろうが還暦であろうがプロフェッショナルを自負する以上付き纏う責任である事だけは認識して欲しいところです。



其の二:亀田家の落日

まぁ 大半の方が“亀田家の負けっぷり”を見たいが為に試合を観戦していた事と思われます(苦笑)

試合そのものは(反則技:投げを除く)凄くシンプルな戦いでした。

明らかにチャンピオンの内藤大助の経験勝ちと言った所でしょうか

試合をコントロールしてベテランの味を存分に醸し出していました。

亀田大毅も意外に素直なボクシングをしていましたし、一歩ずつ階段を上りさえすれば.......良い素質をもってるのにな〜と悔やまれます

諸悪の根源は亀田父のプロモーションの大失敗でしょう

言動や行動などトテモ大人の考え方ではありません。

確かにエンターテイメントの側面も考えられますが、それにしてもここまでヒールになる必要があったかどうか疑問

結局子供達以上に、メディア&金に踊らされているのが父と言うのが悲しい現実(苦笑)

ボクシングこそもっとも洗練された格闘技だと私は思っているのですが......ヒールが過ぎるとボクシングそのものの競技事態に向けられる目が厳しくなる事は避けて欲しいところです。


其の三:悪臭を放ち始めた相撲

一連の朝青龍問題

八百長疑惑

花田家の没落

時津風部屋問題

北の湖理事長の手腕不足

挙げたらキリがないほど出て来る出て来る(苦笑)


やっぱり一番の大本は北の湖理事長の手腕不足でしょうか?

臭い物には蓋をしろ的な考え方が臭い立ってきます(笑)

名誉職でしかない理事長に何の意味があるのか?

【伝統】【国技】に自惚れて自らを律する事の出来ないスポーツに意味はありません。

ハッキリ言って【国技】剥奪を視野に入れて注視しなければならないほどに腐臭を放っていると言っても過言ではありません。

まだまだ騒動が続きそうなので見守りたいところですね。




表立ったて興味のあった三本をチョイスしてみました。

もうちょっと書きたい事もあったけど取りあえずこの辺で.......

タグ:雑感
posted by Daft at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。