2007年11月22日

雑感〜北京五輪最終予選〜

北京五輪の関連記事を書くのは久しぶりです。

何時からだろう......

試合を観なかったり、チャンネルを頻繁に変えたりするようになったのは......

つまらない、魅力がない、漠然とした負のイメージが付き纏った世代です。

其の中心にいるのが虚像としての平山

感情を表に出すのが苦手な集団

そんな中、下の世代から突き上げられて、やっと内に篭った感情を吐き出すかと思えば、監督自身が感情を押し殺して、負の循環ばかりが目立つ代表でした。

この年代ならではの若さで突き抜けるような生の感情が観れなかった事が、観客席を空席が目立つ姿にしたのではないでしょうか?

最終戦のサウジアラビア戦はなんとか席が埋まったようですが、正直埋まる必要もなかったのでは?ともっと厳しく接する必要もあるのではないかと考えます。

最終戦だけ見ても決定的な場面でシュートを枠に飛ばせない場面もあったり、調子が明らかにイマイチな選手も居たり、交代のカードを切るのが明らかに遅かったりと、とても素直に喜べるほどの成長は皆無

これでこのまま五輪に出れば単なる思いで作りに旅行に行ったのと同じ結果です。

オーバーエイジ枠を使うかどうかを議論されているようですが、使わなくてそれなりの結果が得られると、どう考えれば導き出せるのか今までの試合を見る限り想像ができません。

唯一この世代で誇れるのは、守備陣の充実(あくまでもスタメンに限る)振りでしょう。

ただそれでもawayのカタール戦のような大ポカをしてしまいます(苦笑)

あとは下の世代(柏木・森島・内田・安田・梅崎・林等々)が頑張ってくれるのを祈るのみ

※もっと下の世代柿谷・水沼にも期待

それにしても交代カードを使わなかったのは疑問

もう緊張でパニック状態だとしか思えない

そんなに拮抗した状態でも無かったですし、岡崎に代えて森島を出してもなんら守備をサボるわけでもないですしね。

それと明らかに調子の悪し水野を交代させなかったのは何か意図があったのでしょうか?

ここに来てこんな試合をされたら冷めちゃいますね。

何だか川淵キャプテンがロッカールームで謝罪で頭を下げたらしいですが、本当にそんな事をするほどの内容があったか大いに疑問。

協会としては経済的損失が出なかっただけに、喜んでいるだけなんじゃないでしょうか?(邪)
タグ:雑感
posted by Daft at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。