2007年12月04日

戻れる場所

台湾を降し日本が北京五輪への出場権を獲得しました。

昨日の韓国戦に続き、非常に緊迫感に包まれた面白い試合でした。

この数日感じた事は“やっぱり野球は面白い”です。

韓国戦など4時間を越える長丁場ながら、手に汗をかきながら時間を感じさせない熱戦でした。

一つ一つのプレーに、あ〜でもないこ〜でもないとそれぞれが評論家となって語り合えるのは野球ならではの光景ではないでしょうか?

プレーする方も観る方も目が肥えているだけに、その瞬間瞬間に何が最良の策なのかを選択できる......これほど“分かっている”スポーツは野球以外ないでしょう。残念ながらサッカーはこの域には到底及ぶはずもありません。

昨日今日始まったスポーツではない

ベースボールではなく“野球”と言われる所以がここに在る気がします。

長い長い歴史の中で蓄積された経験が、世代を超えて伝承され、それを幼少の頃から遊びの中で経験し、リトルリーグ⇒高校野球⇒大学野球⇒プロ野球とより洗練された形に昇華させる。

セオリーなどその蓄積された経験の最たるものでしょう。


困った時に原点に戻れる

日本独自のスタイルがある

これがどんなに凄い事か

それが一番顕著に現れたのが台湾戦のサブローのスクイズでしょう

正直、あの場面でスクイズするとは頭の片隅にもなかったけど、それを指示した星野監督&実行したサブローには敬服するばかりです。

そしてそのスクイズに快感を覚える日本人(笑)

それこそが高校野球やスモールベースボールと称される日本のスタイルです。

これに苦労しているのがサッカーなんですけどね......(哀)

積み重ねられた歴史

あのWBCでのあの審判のおかげで、昨日の初回の新井のデッドーボールもその後判定がおかしくても動じずに良い結果に結び付けられました

WBCでの屈辱の韓国戦があったから、この北京予選での慎重な戦いがあったと思います。

一つ一つの積み重ねが今日の結果を生んだ事は言うまでもありません


逆に紳士協定を破ってなお開き直る特亜の国

結局日本側からIBAFへの抗議によって本格的なルールの明文化が検討される結果に(苦笑)

悪い事はするもんじゃないですね。


ガンバレ! 台湾!!


posted by Daft at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。