2008年01月14日

流通経済大柏が冬の選手権制覇

第86回全国高校サッカー選手権は流通経済大柏が初優勝で幕を閉じました。

結果は4-0と藤枝東を圧倒はしましたが、ちょっと出来すぎの感は否めません。

ただプレーの質や両校のサッカーへのアプローチの仕方に時代の風を掴んだか否かが如実に表れている気がします。

特に流通経済大柏はプレッシングサッカーを機軸にコンパクトに纏まって全員の走る意識とワンタッチプレーが根付いていました。

プレッシャーの掛かった場面でも的確なテクニックでピンチからチャンスに変えていました。

その代表格がFWの大前元紀でしょう。

お世辞にも恵まれた体格とはいえませんが、だからこそ自分の出来ることを的確に見極めているのが非常に分かります。

コンタクトプレーではどうしても相手に負けてしまう、だからこそワンタッチで叩いてのパス&ランを強く意識しているのが分かります。

そのワンタッチに非常にセンスを感じます。

このトップに確実にボールが納まるかどうかが今日の全ての勝敗を分けました。

これが上手く行かなかった藤枝東はトップにボールが納まらないから中盤からの押上が出来なかった。分厚い攻撃も皆無

これが上手く行った流通経済大柏は湯水の如く湧き上がる押し上げに怒涛の攻撃を仕掛ける事が可能でした。

もちろんそれを可能にした運動量と確実にパスを通すテクニックと戦術眼が合ってこその攻撃です。

藤枝東はこの確実なパスの部分でもイージーミスが目立ちました。


両者を簡素に例えるとオシムイズム以前か以降かのサッカー観の違いのようにも感じます。

ただこのオシムイズムも時代の流れと共に変わらなければなりません。それはオシム自身も言っている事ですし......。

藤枝東のサッカーを見ていると、個々のマンパワーが相手より上ならば通じるサッカーだけど同格以上だと物量に押されてどうしようもなかったとも言えます。

それにしても大前元紀はシュートセンスや意識も唸るけど、ボールの納まり具合のトラップの上手さは秀逸の気がします。楽しみな選手が出てきました。
posted by Daft at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 16:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。