2008年03月09日

Jリーグ【第一節】名古屋グランパス vs 京都サンガ

2008 3/8 豊田スタジアム


監督にストイコビッチを招聘した名古屋

J2から昇格し大量補強を行った京都

今年のJの波に上手く乗れるかは両者共に未知数



久しぶりのピクシーは、スーツに身を包んで奇妙なほど感情を押し殺してピッチ脇に立っていました。

果たして魔法はピッチ外からでもかけることが出来るのか?

立ち上がり......両者共に様子見で手の内を見せたくない、相手の出方を探る攻防が続きます。

前半8分

パウリーニョがドリブルで仕掛けます。その反応力とドリブルの鋭さに気圧されたのか、名古屋バヤリッツァがPA内でファウルを取られてPK謙譲。

これをパウリーニョがPKを決めて早くも試合が動き始めます。

ちょっと京都にとっては早すぎる得点だったのかな?

どの程度攻撃陣が通用するのか探る前に呆気なく先制してしまい、この後は名古屋の猛攻に守備陣が試練の連続でした。


先制はされたものの名古屋のやり方は至極オーソドックス

どうしてもピクシーと言う事で穿った見方、奇をてらった派手な物を想像してしまいがちですが、底辺にあるサッカー観が如実に表れているサッカーを実行してきます。

ピクシーの言葉を借りるならば【ハードワーク】そのもの

走って体全てを使って表現するサッカー

まぁ かなり選手からすれば疲れるサッカーではありますが、上位を狙うならばコレを貫かなければ明日はないでしょう。

そしてちょっと面白かったのは、我慢できる......戦術が徹底されて居る事。

何度も何度もサイドからの攻撃に拘りを見せて、安易にもしくは痺れを切らせてミドルシュートを打たなかった所はピクシーならでは。

それでもチャンスではキッチリフィニッシュで終わっていました。

良く目立ったのは小川 佳純かな

フィニッシュに入るアイデア、ボールが自然と彼の所に集まりシュートを打って居ました。惜しむらくは精度が無かった事と京都GKの反応の良さと運が無かったぐらい。

ただ私は躊躇わずにシュートを打つ積極性とアイデアを評価したいです。打てば精度は自ずと上がります。

ただ気になったのは、どうしてもチャンスを多く作る右サイドで左利きの選手が集まりすぎて、タイミングをワンテンポ失った状態で切り替えしての攻撃が多かった事。素直にクロスが上げられないのが時にはもどかしくもあります......


一方の京都は、粘り強く京都の猛攻を防いでいました。

後半の立ち上がり攻めッ気が出た所をヨンセンに同点弾を叩き込まれはしましたが危なげなく防いだと見て良いでしょう。

特に面白いのはシジクレイをアンカーに持ってきた所です。

ある意味中盤の底と言うよりは、守備の蓋&頭と言った方がシックリくるかもしれません。

確かにシジクレイの近年のスピードに対する反応が落ちてきている事は周知の事実。でも圧倒的な守備力と壁は相変わらず(笑)

それを一段上げてアンカーとして使えば、スピードで抜かれても後ろに守備ラインが居るのでカバーも出来るし、その高さと壁力を存分に使えます。フィジカルでぶつかるのを嫌がって相手が嫌がりもしますしね。

問題は前線かな

残念ながら機能するか見る前にチームの体制が変わってしまい、戦術が変わってしまったので3トップが通用するのかは未知数。

得点後は3トップからパウリーニョを下げて2トップ+1にしていたけど、どうもパウリーニョの怖さが半減した感じです。

トップ下に持ってくるより柳沢+パウリーニョのコンビの方がカウンターの時は怖い気がします。まだまだ前線の構成や戦術に関しては改良の余地があるかもしれません。

その意味でも佐藤勇人がキーマンになる可能性もあります。どうしてもシジクレイのスピードは攻守に亘ってある意味足を引っ張ります。それを全力でカバーする意味で佐藤勇人が何処まで培ったものを出せるかが鍵。どうしてもパウリーニョ頼みでマークが集中してしまいがち。柳沢もあまり当てにすると手痛いしっぺ返しを食いそうで信用度はイマイチ(苦笑)

今日の試合はこの名古屋の猛攻を耐え抜いた所を評価すべきなのかもしれません。

パウリーニョが怪我で長期離脱とかならばお先真っ暗ですが......



名古屋グランパス:Formation


        ヨンセン(9)    玉田(11)
  マギヌン(8)               小川(29)
        
          山口(13)   中村(7)
    
    阿部(6)               竹内(30)
          吉田(34)   バヤリッツァ(3)

              楢崎(1)


【得点】
48分 ヨンセン

【交代】
66分 中村 ⇒ 藤田(10)
71分 小川 ⇒ 片山(27)
81分 玉田 ⇒ 杉本(19)

【警告】
バヤリッツァ
小川

※( )内は背番号
※サイド攻撃が機軸。


京都サンガ:Formation


           西野(25)
   パウリーニョ(10)       柳沢(13)

       中山(15)     勇人(14)
           
           シジクレイ(3)

   渡邊(22)             平島(20)
        手島(5)    増嶋(24)              
            平井(1)

【得点】
9分 パウリーニョ(PK)

【交代】
45分 西野 ⇒ 角田(26)
59分 平島 ⇒ 田原(9)
72分 パウリーニョ ⇒ アタリバ(2)

【警告】
パウリーニョ
シジクレイ


※( )内は背番号
※今回はシジクレイをアンカーに置いていましたが、次もコレで行くかは未知数。臨機応変に人の配置を変えていたので、まだまだ探りの状態は続きそう

        
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。