2008年03月17日

浦和レッズ崩壊【序章:オジェック解任】

オジェック解任の一報を見たのは某サッカー番組(テレ朝系)

いや〜思わずお茶を吹くほどの驚き!?

何でまたこのタイミングなのか......(苦笑)


『タイミングは正しかったか?』

 オジェック解任には驚きを隠せません。もちろん彼の解任には諸手を挙げて賛成ですが......タイミングが微妙といえば微妙。確かに最悪の一歩手前での絶妙のタイミングだとも言えるし、homeでの開幕戦でのあの醜態では、誰もが納得するはずです。
 ただ引っ張りすぎた感は心の片隅に誰もが持っているはずです。正直、解任のタイミングはもっと前にありました。CWC(クラブW杯)での有終の美での勇退ワシントンと共にクラブを混乱に陥れたケジメをつけての勇退......素人目に見てもコレだけの材料があります。つまりクラブ経営者としてフロントの判断は間違っていた事を暗に示しているのではないでしょうか?
 もしかしたら最悪を一歩通り越した状態かも!?

※ワシントンに関しては能力も人格も親しみやすさも好感は持てますが、チームに亀裂を埋め込んだのは確かです。チームを去るのは当然だと今も信じています。もしかしたら彼はそれを織り込んでオジェックを道連れに心中するつもりだったのかも......


『断罪されるべきはオジェックだけか?』

 オジェックをここまで引っ張って、スクランブル状態まで放置した経営者・フロントの認識の甘さは、もっとクローズアップされるべきでしょう。ただ、監督の首だけ挿げ替えれば、それで済む話かは、大いに疑問を持って欲しい所です。
 私自身、今期の浦和の試合は2節の試合しか見ていないので、コレしか判断の材料がありませんが、余りにも走らない......ふて腐れたり、独りよがりだったり、試合中に勝負を諦めたり、他の事を考えたりと、お金を払ってスタジアムに来ているサポーターや子供達・時間を割いてサッカー観戦しているファン・相手チームにも、この試合内容は失礼だったと思います。
 ピッチ外で解決すべき事をピッチの中にまで持ち込み、赤く埋まったスタジアムでの醜態は、選手自身も断罪されるべきでしょう。多分、スクラブル状態だとかで不問に付されるでしょうけど、原因の一端を作ったのは選手だと言う事をお忘れなく(苦笑)

※その意味でも、喧嘩両成敗でワシントンと共に、昨年勇退させるべきだったと思ってしまいますね


『ゲルト・エンゲルスコーチ、監督昇格』

 もっとも妥当な人選でしょう。ブッフバルト遺産を食い尽くしたオジェックとは違い、ブッフバルト政権の一翼を担った人材だけに、やっとと言う想いはあります。
 しかし、非常に舵取りは難しいと言えます。チーム全てが崩壊している状態で、選手個々の結束も希薄な上に、古参と新規の壁は依然として残っています。
 その上で今回露呈したクラブ経営陣の先見の無さと、このタイミングでの監督解任は、エンゲルスも何時首を切られてもおかしくない暗に示したようなものです。
 それにしてもあのピッチであの醜態をさらした選手をどうやって使うのかが興味をそそられます。不問に付せば、監督と選手の主導権はもちろん選手に与えられます。
 だって監督の戦術・やり方・人格が気に入らなければ、ピッチ上でクーデターを起こせば、自分達のやりたいように出来る事を暗に示したわけですしね。逆に、何人かの選手を外しても改革を実行できるほどの手腕と人望があるのか?
 舵取りがこれほど難しい物はありません。J優勝候補、人気チームでのこの開幕早々のスクランブル発進は初めてなんじゃ?



 この解任劇が終章で食い止める事ができるのか、ただの序章に過ぎないのかは、次の試合を観るしかありません。救いがあるとすれば、サポーターがまだ見捨てていない事。その意味では最悪の一歩手前の判断は正しかったかもしれません(笑)

それにしても今ACLのグループリーグが無くて良かったね。
こんな状態で戦えば敗退は確実だったでしょう。

そういえばスタジアムに岡田監督とオシムが来ていました。岡田監督からはコメントは立場上無理だとしても、オシムのコメントは聞いてみたいですね。オジェックにも選手にも苦言を呈してくれるはず!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。