2008年04月04日

プレミアリーグ07~08【第32節】 マンチェスター・ユナイテッド vs アストン・ヴィラ

絶好調のマンチェスター・ユナイテッド

何と言ってもC・ロナウド抜きには語れなくなった昨今

今の所彼自身を止める術はナシ(笑)


『C・ロナウドを活かす為に』

最初に感じるのは、ルーニー&テベスの尋常じゃない運動量
兎に角走る走る......攻守においての貢献は計り知れません。どうしてもC・ロナウドのトリッキーな動きやドリブルや得点だけがピックアップされるけど、前線二人のこのチェイシングや運動量が無ければ、そもそもここまでC・ロナウドが得点できていたかは微妙な所。

※それでも得点しちゃいそうな気配はあるけど(苦笑)

ポジションを考えると、得点を取れるからと安易にトップの位置に置くと、これがまたサッパリ活躍できなくなる不思議さ(笑)
相手を背負ってとか待つ事が苦手、前を向いてボールを貰って何ぼの選手なのかな......その意味でも2列目に置いて、ある程度のスペースを与えたり、相手から消える時間を与えないと駄目なタイプ

※ヘッドでの得点も稼いだりと、背の高さもフィジカルもあるしトップに普通は置きたくなる

あと意外と中盤に入ってのゲームの構成が苦手?
攻撃でのアクセントとしては申し分ないけど、ゲームの緩急を付けたり、パス回しに入ってリズムを付ける裏方には向いてないのかな。
以前より強引/遊びすぎのドリブルが減った所を見ると成長跡が窺える
まぁ、マンUはこの中盤に関しては人材は有り余っているし、普通にルーニーとか中盤に入って、組み立てたりしてるし問題ないかな


『止める術』

今の所、C・ロナウドを止める術は無いにしても、チーム自体を何とかする術はある訳で......
アーセナルやバルセロナのように、パスワークで相手を圧倒するタイプで無い分、組みし易さは有ります(あくまでも有るだけです)。

ほぼギグス&C・ロナウドが動かない(動けない)分を、ルーニー&テベスで補っている状態。その分ゴールから遠ざけているので、ここで体力を消耗させるかフラストレーションを溜まらせるかがポイントかな。
気がつくとルーニー&テベスが守備に追い回されている状況もチラホラ。得点を決めて気持ち良く走っている(今試合のような)状況だと、後半ギグスが負傷でピッチを去って、10人になっても全くそれを感じさせないぐらい運動量が最初から最後まで落ちません。気持ち良く(得点)させない......かなり無理な注文か(苦笑)

悪ガキ三人に構ってばかりいると、その隙を突けるだけの面々が揃っているし......今の所弱点らしい弱点はないかな?

唯一つの懸念は(前線)人材の替えが意外と少ない事
ギグスの代わりとなる人材が居ない(パク・チソン&ナニも微妙?)
ルーニー&テベスの替えが居ない
特にFWの替えが居ないのは致命的な気が......


何はともあれ、このまま最後まで突っ走りそう
CLもプレミアもほぼ磐石?


マンチェスター・ユナイテッド:Formation


        ルーニー(10)   テベス(32)

  ギグス(11)                C・ロナウド(7)
       スコールズ(18) キャリック(16)

  エブラ(3)                 ブラウン(6)
       ヴィディッチ(15) ファーディナンド(5)

            クシュチャク(29)

【得点】
17分 C・ロナウド
33分 テベス
53分 ルーニー
70分 ルーニー

【交代】
61分 キャリック ⇒ アンデルソン(8)
62分 ファーディナンド ⇒ ハーグリーブス(4)
62分 エブラ ⇒ オシェイ(22)

【警告】
ヴィディッチ


アストン・ヴィラ:Formation


        カリュー(10)   ヘアウッド(9)

  ヤング(7)              アグボンラホール(11)
        バリー(6)    ペトロフ(19)

  バウマ(3)              レオ・コーカー(20)
        ラウルセン(5)  メルベリ(4)

            カーソン(22)

【得点】
なし

【交代】
41分 カリュー ⇒ マロニー(28)
69分 ヘアウッド ⇒ サリフ(17)
80分 バウマ ⇒ オズボーン(27)

【警告】
バウマ

    
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。