2008年06月03日

2010W杯【アジア3次予選】日本 vs オマーン【home】

2008 6/2 日産スタジアム


ブラボ! ブラボ! ブラーボ!


久々に良い試合を観れました。

心底震えるような楽しさは久しぶりです。



『黙祷』

2日午後1時、長沼健氏がお亡くなりになられました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。


今日のこの日にお亡くなりになられた事に、何か因縁めいたものを感じたのは私だけではないはず。それが良きにしろ悪かろうと......

悲壮感に包まれるほど重苦しい雰囲気で試合は始まりました。



何が決めてだったのか?

ココまで試合を最初から最後までコントロールして、良い時間帯で得点し、イージーに思えるほど楽な試合展開を出来た要因は何処にあったのか?


『遠藤』

一つは、DFラインのボール回し、攻撃の組み立ての最初の段階に遠藤を組み込んだ事

遠藤の使い所は悩みの種

前に持ってくれば、局地的にリズムを変える事は出来るけど、運動量がそれほどでも無いので、激しい使い方では長所を消す事になるし、前の飛び出しやゴール前でのフィニッシュには今ひとつ威力が無い。

後ろに持ってくれば、その強力なテクニックを半減させ宝の持ち腐れ、激しい守備には不向きで中々に難しい。

ただ今回に限れば、前には鉄砲玉のように激しく動ける人材が居て、傍らには同じ系統の俊輔がいて感応できる状態。激しい守備も長谷部が頑張れるならば、このチームのボールの落ち着き所として十二分にタクトを振るえました。

ここ最近の日本の弱点であったDFラインへのプレス等々、それを軽減できたのも非常に大きい。

何となくピルロを彷彿とさせるものがあります。ただそれを支えるにはガットゥーゾ(もしくはデ・ロッシかな)並みの運動量と守備力を備えたパートナーが居なくては話にならない。



『大久保』

今試合、一番運動量が激しかったのではないでしょうか?

ポジション的にはFWというよりトップ下に近い感じです。役割もFWに類する動き出しからMFに近い守備の追い込みから組み立てまで、何でもござれの状態でした。

特にボールを取られた後のファーストチェックに、瞬時に反応するあたりを見ると攻守に於いて大久保抜きでは、もはや語れない状態でしょう

何だか若かりし頃のやんちゃブリからすると、想像もつかない位大人になった大久保に驚きです(笑)

何だかトッティ? もしくはルーニーやテベスに近い感じ



『長谷部』

地味に一番きつい役回り

遠藤の運動量をカバーして、露払いに動き回り、激しい守備で大久保の次にチェックに入ってガッツリ体をぶつけて、その上で攻撃時には長い距離を走って、PA内に飛び込まなくてはならない。



『松井』

水を得た魚の如く、サイドライン際で魅せる魔術師の如きステップには感涙。

やっぱ中で動くよりライン際のほうが生きるよなぁ~

激しい当たりや守備も、フランスでのアフリカ系のゴッツイ体のぶつかり合いを経験しているからこそでしょう。激しいスライディングも強い意志と意気込みを感じました。

存在を認めて欲しい渇望そのものが今試合に全て出ていた気がします。



『俊輔』

ある意味代表の顔でもあり、危うさの象徴でもあります。

この個性の塊の集団の中でもそれを巻き込んで変化させてしまうだけの存在。だからこそ良くも悪くもなる。

比較的オマーンのマークがルーズすぎて、参考にならないほど気持ちよく動けたのではないでしょうか?



『形となったモノ』

遠藤を中心にボールを集めて、そこで前の状況を見極めてビルドアップ。中盤で大久保&長谷部で縦のパスコースを空けて、トップの玉田にボールを当てて前を向く。守備が集まってきた所でサイドに展開。松井+SB+α、俊輔+SB+αでサイドを侵食して、その間に中(PA内)に長谷部や玉田&逆サイド松井か俊輔が上がってフィニッシュ。

あとはコレを相手に読ませないように、クイックでやったりスローに展開したり、縦一本で相手DFラインの裏を突いたり等々、バリエーション豊富に攻めるだけ。

それにしても口で言うのは簡単だけど、イージーに思えるほど何でも出来たのは珍しい。

ましてやオマーンは決して弱い相手ではない。

それでも手も足も出させないほど、相手の意表を突く攻撃の仕方と、良い時間帯に得点できたことは、何も言う事は無い。



『危うさ』

出来の良さが光る分、落とされる影も濃い

主題だった前線でのプレス。ボールの獲り所と遠藤&長谷部までも駆り出して、ボールを奪取に行ったものの避けられてDFと一対一になりそうな場面もありました。ただオマーンの方もアップアップで際どいパスが回らなかっただけで、もしコレがドリブルで避けられたりワンツーで抜けられたり出来る上のチームならばと、背筋が凍る思いです。

トップの玉田や俊輔のマークが思ったよりルーズすぎて、肝心な所でボールが回せましたが、それが出来なかった時打開策があるのか?

想像の範疇を出ないけどこれもまた不安材料。特に俊輔を抑えられた時どうするかは入念な試行が必要だと思われ......

何気に目立って無かったけど、右SBの駒野。何度か危ういパスを前に出してカウンターを喰らいそうになりました。ちょっと全体の流れに乗り遅れている感は否めません。

前線の運動量が減った後半や、玉田&大久保が退いた後のゲームは全てが立ち行かなくなりました。如何に前線の動き出しが強烈だったかを物語っています。



『様子見』

今日のような試合をアウェーのオマーン戦や、日本と同格やそれよりちょい上の相手にも出来るようならば、この日本代表を支持します。

少なくともこのパフォーマンスの試合が観れるならば何ら問題ない


ただ人が入れ替わっても今試合のような事が出来るのか?それが問題

そして強国相手にもコレが通じるのか否か......



日本:Formation


            玉田(11)

            大久保(16)
     松井(9)           俊輔(10)
            長谷部(17)

            遠藤(7)
     長友(6)           駒野(3)
         闘莉王(4) 中澤(2)

            
            楢崎(18)

【得点】
前半10分 中澤
前半22分 大久保
後半04分 俊輔

【交代】
後半27分 大久保 ⇒ 香川(13)
後半34分  玉田 ⇒ 巻(12)
後半38分  長友 ⇒ 今野(15)

【警告】
長谷部、香川

※( )内は背番号

香川にはちょっと荷が重すぎか?
才能は十分だけど経験の差か......

松井にしろ遠藤にしろ、マンUのパクなどなど、当時のサンガは凄かったんだなと思う。   

それぞれのバックアップで替えが効かないのは、松井&俊輔、大久保の所か

北京五輪世代がどこまで伸びるかで、A代表の勢いが変わってきそう
それでもFWの人材は玉不足の気がするけど......


オマーン:Formation


        ムバラク(16)  アルホスニ(11)

           ドゥールビーン(10)

  マダファル(17)              アルアジミ(7)
      アルムシャイヒ(15) ハディド(8)

      エイド(4)  アシュール(5)  ファヤル(6)


             アルハブシ(1)

【得点】
なし

【交代】
後半10分 アルムシャイヒ ⇒ ハミス(2)
後半30分    ムバラク ⇒ ラビア(14)

【警告】
アルムシャイヒ、マダファル、アルホスニ

※( )内は背番号

DFラインを高めにしてくれたおかげで、苦しまなかった

マーク......特に玉田と俊輔のマークはルーズ。特に玉田でボールが収まってそこからポストで捌けたのが大きい。

アウェーでも楽勝で勝てるかといったらトンデモナイ

油断していると足元を掬われかねない相手
               



タグ:オマーン
posted by Daft at 14:03 | Comment(2) | TrackBack(7) | 岡田J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がっつり褒めてますね(笑)でも、昨日に関してはそれだけの出来だったでしょう。
ボクも俊輔が出てるときは、遠藤はボランチで使ったほうがいいと思います。
慎重な岡ちゃんのことですから、強い相手とやる場合は守備的な人を2人並べると思いますが。
Posted by goleador14 at 2008年06月03日 16:06
goleador14さんへ

あんまり過度にべた褒めしすぎたかと後悔するほど出来すぎ!?(笑)

怖いのは蜃気楼のようにこれが続かない事

そして、俊輔・松井等々が居なくなると魔法が解けたように元に戻る事。

岡ちゃんが凄いと言うより、俊輔が凄かっ......と言われないようにして欲しいですね(苦笑)

Posted by Daft at 2008年06月03日 16:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
>
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

長沼さんに捧げる勝利 日本 3-0 オマーン
Excerpt: 近畿・東海・関東甲信では今日梅雨入りしたそうです。 近畿は平年より4日、昨年より12日も早いそうですが、 ジメジメした季節が到来したのかと思うと鬱になりますね。 そんな梅雨入りした日に、元サッカー協..
Weblog: 嵯峨野にわか住人の日記・別館
Tracked: 2008-06-03 17:30

【長沼健】についてサーチエンジンで検索してみると
Excerpt: 長沼健 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
Weblog: 気になるキーワードでブログ検索!
Tracked: 2008-06-03 19:02

[W杯三次予選]長沼さんにこの勝ちは届いたか
Excerpt: 日本の戦後のサッカー界を支えてきた人物の一人、長沼健さんが亡くなったそうです。川渕さんよりも、「顔」というイメージでは古く大きかった印象のある方ですね。日本のサッカーが今に至る前のいろいろな苦労も背負..
Weblog: BBRの雑記帳
Tracked: 2008-06-03 19:53

虚を突くプレー&鬼の形相でくせ者を粉砕!! 【サッカー W杯アジア3次予選】
Excerpt: サッカーの2010年南アフリカW杯アジア3次予選が2日、各地で行われた。 グループ2の日本はホーム(日産スタジアム)でオマーンと対戦し、DF中澤のヘッド等で3−0と相手を圧倒し、勝利を収めた。..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース
Tracked: 2008-06-03 23:34

解任説をぶっ飛ばす
Excerpt: ワールドカップアジア3次予選VSオマーン 日本3−0オマーン 勝てなかったら指揮官更迭も噂されたこの試合。 1点勝負になりそうな気配もあったが、蓋を開けてみたら3点差の快勝! セットプレーだけでなく..
Weblog: FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜
Tracked: 2008-06-04 00:19

長沼さんに捧げる勝利 日本 3-0 オマーン
Excerpt: 近畿・東海・関東甲信では今日梅雨入りしたそうです。近畿は平年より4日、昨年より12日も早いそうで、ジメジメした季節が到来したのかと思う...
Weblog: 嵯峨野にわか住人の日記
Tracked: 2008-06-04 14:37

オマーンに快勝
Excerpt: W杯アジア3次予選ホームでのオマーン戦は、3−0で快勝した。 早い段階で先制し、危ない場面もほとんど作らせず、久しぶりに安心して見ていられた試合だった。 あと2、3点取れていたような気もするけど、それ..
Weblog: 勝手な言い分
Tracked: 2008-06-04 16:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。