2008年12月22日

【Match for third place】パチューカvsガンバ大阪【FIFA Club World Cup Japan2008】

CWC 三位決定戦
ガンバ大阪がパチューカを【1-0】で下す。

《得点》
◆29分 ガンバ大阪 【得点者:山崎】
橋本からのパスを受けた播戸が、ダイレクトでDF裏へ浮き球のパスを送る。それに反応した山崎が冷静にこれを決めてガンバが先制する


《試合経緯》
ガンバのサイドアタックを警戒したのか、今大会初めて4バックで臨んだパチューカ。少し守備に重点を置いている節も見られますが、相変わらずのボール支配率を誇ります。ただ、DFラインでのパス回しに追いやられているとの見方もできます。ガンバ大阪の前線からの猛烈なチェイシング&プレスに、中盤で思うようにゲームを組み立てられませんでした。ガンバはパチューカから中盤で幾度となくボールを奪って速攻をかけてチャンスを作り、ゲームの主導権を握りました。
後半はガンバの運動量も落ちて、前線からのチェックやパス回しに対してのチェックが遅れて、パチューカにゲームの主導権を譲り渡した場面もありましたが、最後まで粘り強く守り通して勝利を手に入れました。



『パチューカの頑固さの良し悪し』

パスサッカーを標榜するパチューカ
ガンバもパスサッカーを目指し、同じカテゴリーに入るかもしれませんが、両者の毛色はかなり違うように感じます。

パチューカはメキシコサッカーの基本とも言える
トライアングルを形成して、その枠組みでパスコースを幾重にも作りながら、ゴールを奪うスタイルです
このスタイルを支えるのは、ボールを失わない・ボールをきちんと味方に繋ぐテクニックと、常にトライアングルを作り続ける運動量です。

ちょっと気になったのは、パチューカがシュートパスが届く範囲の小さなトライアングルに固執しすぎる事

絶好のカウンターチャンスの場面でも、ショートショートで手数をかけてパスを繋ぐ間に、相手の守備が整ってしまい自分達でチャンスを潰している場面が多々ありました。
もっと大きなトライアングル(ミドル・ロングパス)に目を向けても良かったでしょうし、トライアングルを作るスピードをもっと速くする事も出来たのかもしれません。メキシコらしい素早いドリブルもあまり見られませんでしたし、全体的なスピード不足も感じました。

もっと臨機応変に小・中・大とトライアングルを客観的に見る人材が居ればもっと違った結果も生まれていたかもしれません。ちょっと頑固さもココまで来ると歯がゆく感じます。

その意味では臨機応変に対応できたのがガンバかもしれません。



『ルーカスの万能性』

今試合、もっとも重要な選手だと感じたのはルーカスです。

前線でのポストプレーでの強さや決定力はもちろん、後ろに下がっての中盤での働きやチャンスを演出するパス、そして守備まで、多岐に渡ってその能力を十二分に見せ付けました。

二川や佐々木の離脱で苦しい中盤の台所事情を助けました。

ただ、やはり前線で動かした方がより強く得点の匂いが感じられる事は確かです。彼を前線の仕事に専念させるような中盤の人材の育成が急務ですね。それはベンチの層の厚さを充実させるのはもちろん、来るべき未来の世代交代に備える段階に来ていると私は感じました。

ただそのルーカスも、これまでのガンバから考えて、海外クラブに引き抜かれないとも言い切れません。それに備えた前線の補強や育成も頭に入れないといけないし......西野監督の悩みの種も尽きませんね。



『決めるべく所で』

終盤のパチューカの必死の攻撃にはヒヤヒヤしました。
〆の追加点をキッチリ決めていれば、ここまでアタフタする事もなかったでしょうに。

ゴール前でのチャンスは明らかにガンバのほうが多かったように感じますが、シュートへ持ち込む前に潰される場面も多かったです

これはシュートレンジ(確実にゴールできる距離)の問題なのか、そのチャンスの場面における体の動きのスピードや正確性の問題なのか、決断力などの判断する力やその速さなのか、それとももっと別の何かが足りないのか......

今打てる手は、とにかくチャンスを今以上に作り続けて、得点機会での経験値をアタッカー陣に与えることなのかな。その中で成長を促す・洗練させる・淘汰するしか手が無いのかな。

与えられた得点機会に臆する事無くシュートを打つ事から始めないと何も始まらないとは思うのですが......




とにもかくにも、ガンバが日本をアジアを代表して三位を確保した事は喜ばしい限りです。昨年のレッズに続いてクラブ単体で世界との基準を計れる機会が作られた事はクラブにもJにとっても目安が出来ただけに、他のクラブチームにとってもモチベーションを高める大きな目標が出来たはずです。ガンバはこれから天皇杯を勝ち上がって優勝しなければ来期のACLの出場権が無い状態ですが、その他のチームは着々と来期の構想を練っている状態でしょう。レッズ、ガンバと来れば次は鹿島なのかな、川崎もACLは経験済みなので戦い方は分かっているでしょう。名古屋はJとの両立を計りながらの苦しいシーズンになりそうですね。


CWCの全体の総括でまたこれに触れたいと思っています。



パチューカ:Formation】


        アルバレス(7)  クリスティアン(10)
  カルデナス(11)                ヒメネス(19)

          コレア(6)  カバジェロ(8)
  ロドリゲス(16)                アギラル(22)
          ペレス(4)  ロペス(2)

              カレロ(1)

【得点】
なし

【交代】
46分 カルデナス ⇒ トーレス(18)
51分 アルバレス ⇒ モンテス(15)
74分 カバジェロ ⇒ マニョン(29)

※( )内は背番号


ガンバ大阪:Formation】


        播戸(11)  山崎(30)
  ルーカス(9)           橋本(27)
        
        明神(17)  遠藤(7)
   安田(13)           加地(21)
        山口(5)  中澤(2)

           藤ヶ谷(22)

【得点】
29分 山崎

【交代】
64分 播戸 ⇒ 二川(10)
77分 ルーカス ⇒ 武井(23)

【退場】
90分+ 二川

※( )内は背番号
  

2008年12月19日

【Semi Final】ガンバ大阪vsマンチェスター・ユナイテッド【FIFA Club World Cup Japan2008】

マンチェスター・ユナイテッドがガンバ大阪を【5-3】で退ける。

《得点》
◆28分 マンチェスター・U 【得点者:ヴィディッチ】
CKからギグスの正確なクロスボールにヘッドで合わせたヴィディッチがヘッドで押し込んで先制

◆45分 マンチェスター・U 【得点者:C・ロナウド】
CKからギグスの正確なクロスボールに合わせたC・ロナウドの打点の高いヘッドが決まって追加点

◆74分 ガンバ大阪 【得点者:山崎】
右サイド中盤奥からの遠藤のミドルパスに、前線に飛び出した橋本が反応して、そのまま並列して走っていた中央の山崎にパス。山崎がこれを冷静に決めてガンバが一点を返す。

◆75分 マンチェスター・U 【得点者:ルーニー】
フレッチャーの縦パスに反応したルーニーが、DF中澤をかわして冷静にシュートを決めて追加点

◆78分 マンチェスター・U 【得点者:フレッチャー】
エブラが左サイドを突破。ルーニーも中央を突進する。これに釣られてDFが引っ張られて下がりエアポケットが出来る。そこに二列目から飛び込んだキャリックが、エブラからのクロスボールをヘッドで押し込んで追加点。

◆79分 マンチェスター・U 【得点者:ルーニー】
ギグスのスルーパスを待ちながら、ガンバDFライン上で踊るように抜け出すタイミングを計り、オフサイドトラップの網を掻い潜ってGKの股を抜くシュートで追加点

◆85分 ガンバ大阪 【得点者:遠藤(PK)】
播戸が上げたクロスボールがG・ネビルの腕に当たってPK獲得。
遠藤が必殺コロコロPK(若干強め)をファン・デル・サール相手に決めてスコアを【5-2】に戻す

◆90分 ガンバ大阪 【得点者:橋本】
マンUのビルドアップのボールをカットして素早くルーカスに送る。ルーカスが逆サイド裏へスルーパスを放つ。そこに勢い良く走りこんだ橋本がそのままシュートを放ってスコアを【5-3】にする。


《試合経緯》
前半から果敢にマンUの裏を執拗に突くガンバ攻撃陣。
マンUもこれに応じてほぼカウンターの応酬のような試合展開になる。
試合展開が落ち着いてきた頃合にセットプレー(CK)から得点を挙げたマンUが前半ロスタイムにもセットプレーから得点を挙げて、実力の差をガンバに見せ付ける。
後半の序盤は勢い良く攻めてはいたマンUも徐々にガンバの攻めに防戦一方になる。交代カードを切って再び加速をつけに来る。そんな中ガンバに一瞬の隙を突かれて失点を許すマンUでしたが、慌てる事なくその後得点を重ねて、再びガンバを突き放し試合は決したかに思えましたが、ガンバもPKと流れの中から得点を重ねてスコア【5-3】まで盛り返しますが、力及ばず試合終了。



『マンUは本気だったか?』

半分Noで半分Yesと答えます。

今期プレミアリーグでレギュラーとして使っている
【ルーニー・パク・キャリック・フレッチャー・ベルバトフ】
を外して、普段リーグ戦で控えに回る事の多い
【テベス・ナニ・アンデルソン】
を起用してきました。

その反面一発勝負のトーナメントを重視して、独特な雰囲気に飲まれないように経験豊かな【ギグス・スコールズ・ネビル】を起用して、チームを中から引き締めて、安穏とした空気が出る事を嫌った節が見られます。

今期控えに回る事の多いメンバーを起用した事からも、ファーガソン監督の裏テーマは【テベス・ナニ・アンデルソン】がどれだけパフォーマンスを発揮できるかを試した節はありますが、決して手を抜いた布陣ではないでしょう。

そして予定外?にルーニーを投入する経緯を見ても、あまりにも不甲斐無い試合内容に半ば切れて《チームに喝を入れる》《遊びじゃないんだぞ》などのメッセージが込められている気がします。ルーニーの得点はもちろん、安田に対する半ばキレ気味のファウルなど、ピッチ外から見て不甲斐無さに憤慨してのマンU自身へのメッセージ色が強く表れた行動だと思います。

生贄になった安田は可哀そうだけどある意味おいしい?



『面白かったはガンバに対して褒め言葉にならず』

西野監督の試合後の言葉にちょっと目が覚めました。

確かにガンバに対して試合後に面白かったと伝えるのは、ちょっと失礼かもしれない。面白いの意味にはマンU>ガンバの構図がその時点で出来て予想外にガンバが善戦した意味が含まれている気がする

危うく『面白かった』と書きそうになった自分がいますが(苦笑)



『届かなかったもの』

という事で《点が入ってよかったね》で終わらない為に何が出来て何が出来なかったかを見てみたいと思います。


◆出来なかったこと

1.得点に結び付けられない決定力不足
これは最初のチャンスで遠藤からの裏へのパスに抜け出した播戸が決定的な形を作りながらもGKに阻まれたのが象徴的。それがルーニーならば......は酷な話だけど、それを積み重ねないと上に勝ち上がることは難しい。

2.セットプレーでの高さや体の強さ
ヴィディッチの先制点に代表されるように明らかな高さや体の差がどうしようもない雰囲気を醸し出していました。

3.最終局面での1vs1で抜けない・勝負にならない
攻撃では一人抜けばシュートチャンスが待っている状況で相手を抜けない場面が多々。守備ではココで相手を止めなければシュートを打たれる場面で止められずに失点。

4.大事な時間帯での集中力とその持続
【2-1】とスコアを戻したけど、その後立て続けに失点を重ねて試合が崩れる。


◆出来たこと

1.チャンンスを演出する能力
遠藤のミドルパスやロングパスなどマンUと同等にチャンスを作っていました。

2.不用意なファウルで相手にFKを与えない
CK然りFKをあまり相手に与えませんでした。ほぼクリーンな守備で最後まで貫き通しました。

3.集団で相手を崩す
個人で突破できない分、集団で運動量を豊富に保ってダイレクトパスを機軸にパスワークで崩す

4.最後まで諦めない
最後までガンバスタイルを貫き通して得点を狙いに行って、その通りに得点を出来た事。



色々突っ込みどころはあると思います。

ガンバの山崎の得点や橋本の得点などは、ヴィディッチがベンチに下がって殆ど試合で使われる事の無いエバンスが入った後の得点だとか

ルーニーやフレッチャーなどのレギュラークラスが出ると手も足も出ないとか

中盤を殆ど無くしたようなカウンター合戦のようなゲームがガンバの理想なのか?


ただ動かしようの無い事実は、ルーニーの投入と彼のピッチ上での本気度。そして三失点後のファン・デル・サールがイライラしてゴールポストを蹴った事


正直、戦前の私の予想は【5-1】で一点でもガンバがどんな形であれオウンゴールでもマンUから得点を取って欲しいという何とも卑屈な願いでした。それを覆すスコアは日本も出来るのかというものでした。チャンスを作る所までは出来る......あとはシュートをどうやってゴールに押し込めるかが問題。凄く単純だけど一番難しい問題(苦笑)

守備に関しては身体能力で完全な選別をどこかで計らないとこの差は埋まらない気がします。特にGKとCBは身長を基準に鬼になって選別する時期なのかも......



ガンバ大阪:Formation】


        播戸(11)  山崎(30)

      ルーカス(9)
                  橋本(27)
       明神(17)  遠藤(7)
   安田(13)             加地(21)
         山口(5)  中澤(2)
  
           藤ヶ谷(22)

【得点】
74分 山崎
85分 遠藤《PK》
90分 橋本

【交代】
85分 播戸 ⇒ 寺田(8)

※( )内は背番号

3,4,5失点は余計でした。そこら辺の守備の集中力をどうやって保つかが問題。

このガンバスタイルを貫く為にも交代メンバーも含めた一層のレベルアップが必要。特にサブ組みのレベルアップは、長いシーズンを戦い抜く上で必須。 



マンチェスター・ユナイテッド:Formation】


            テベス(32)

     ナニ(17)   ギグス(11)   C・ロナウド(7)

      アンデルソン(8)  スコールズ(18)
 エブラ(3)                  G・ネビル(2)
      ヴィディッチ(15) ファーディナンド(5)

         ファン・デル・サール(1) 

【得点】
28分 ヴィディッチ
45分 C・ロナウド
75分 ルーニー
78分 フレッチャー
79分 ルーニー

【交代】
68分 スコールズ ⇒ フレッチャー(24)
70分 ヴィディッチ ⇒ エバンズ(23)
74分 テベス ⇒ ルーニー(10)

※( )内は背番号

テベスは調子悪いな......

ナニ&アンデルソンは頑張らないと椅子が無いよな......

ヴィディッチの代わりにオシェイでも良い所をエバンズにしている辺りに余裕を感じる。

ただルーニー投入は予定外だと思う。もしくは肩馴らし程度の投入なのかな?

C・ロナウドの全開の動きはこの試合一回だけ?
ドリブルで突っ込んでPA内で切り替えしてシュートを打った場面は100%の力を出していたけど、それ以外はずっと慣らし運転だった気がする。            

2008年12月18日

【FIFA Club World Cup Japan2008】パチューカvsリガ・デ・キト【Semi Final】

リガ・デ・キトがパチューカを【2-0】で下す
南米王者のキトが決勝に駒を進める。

《得点》
◆4分 リガ・デ・キト 【得点者:ビエレル】
パチューカのゆっくりとしたビルドアップを狙ってプレスを仕掛けるキトが、ボールを奪ってそのまま素早くカウンターに移行。マンソから絶妙のパスで抜け出したビエレルがPA内に進入。シュート体勢に移るがパチューカDFにスライディングでボールをカットされるが、そのボールが後ろで詰めていた味方DFに当たって跳ね返り、ビエレルに絶妙のスルーパスとなって渡る。シュートブロックに若干前に飛び出していたGKを避けてビエレルが先制点を決める。

◆26分 リガ・デ・キト 【得点者:ボラーニョス】
マンソの機転によりパチューカDFの手にボールを当ててFKを得る。
パチューカの壁の前にキトも壁を作って、キッカーの蹴りだすタイミングを計らせない。そんな中ボラーニョスが絶妙のテクニックで素早く決めて追加点を得る。


《試合経緯》
パチューカのゆっくりとしたパス回しに、前線からのプレッシングから素早い縦のカウンターを幾度と無く得点チャンスに結びつけるキト。
一方のパチューカは圧倒的なボール支配率を背景に、余裕を持って攻めたい所でしたが、肝心な所で細かいミスが目立ったり、ビルドアップの段階で横パスをカットされたりと、キトの守備ブロックを攻略する以前に足元をすくわれる状態でした。
最後まで粘り強く守り抜いたキトがパチューカを退けて、決勝で次の対戦相手を待つことになりました。



『またしても......』

ツキがないとはいえ、またしても試合開始早々の失点。
パチューカ攻略の一つの手段であったとしても、前線からのプレス&チェイシングからボールを奪って素早いカウンターから得点できた事は、キトも拍子抜けしたのではないでしょうか?

試合開始直後の緊張感がチーム全体として欠けている気がする。
これほど過去から学ばないチームも珍しい(苦笑)

尻に火がつかないと本腰を入れないパチューカの悪い癖なのかな。それも含めて彼らのプレースタイルだとも言えるし、一度火が付けばアル・アハリ戦のように大爆発もありえるけど、小火を消せる相手との勝負だと話にならなかったですね

終盤まで0-0や一点差以内の勝負ならばもっと見応えがあったかもしれません。



『リガ・デ・キトの印象』

チーム全体がバランスを重視して規律良く守り、素早い縦のカウンターを攻撃の軸に置いてそれで押し切る。

攻撃の中心はマンソ。彼のイマジネーション溢れるパスと視野の広さを武器に、ボラーニョスやビエレルなどのDF裏への飛び出しが目立つ。

一方の守備は、中盤にウルティア&W・アラウーホがどっしりと構えてココに最初の壁を作って攻撃を跳ね返す。前線からのチェイシングもサイドの攻防もココが守備の軸となって全体を動かしています。その反面後ろのCBラインはスイーパー的要素が強く、たまに中盤の壁を抜けてきた攻撃を履く程度。サイドの攻防もキトの両SBに1vs1に非常に強い布陣を敷いているので、ますますDF中央はスイーパー的要素が強く感じられます

キトの守備を形容する時、DFラインを中心とした金属のような何度も跳ね返す趣の硬さというより、中盤の守備ブロックで相手の攻撃をを押し包むように衝撃を吸収して押し戻すような弾力性が感じられます。

前線からのチェイシング&プレスの徹底や、サイド(SB)の攻防での1vs1の強さ、中盤での分厚い守りとバランスを崩さない守り方、DF-MF間のバイタルエリアへの神経質なまでのケアなど、何処かのチームをかなり前から想定して戦術と規律の徹底を施している事が分かる試合でした。それがどこまで通用するは分かりませんが......

難を言えば、高さにちょっと不安が残る感じがします。セットプレーでもちょっとアタフタする場面が見られました。何処かのチームもそこは見逃さないだろうし、今日のパチューカのようにショートパス一本調子じゃないでしょう。強烈なカウンターで抜け出す事もあれば、平気でロングボール一本でパワープレーを仕掛けて来る事もザラですしね。
今日の相手がフィジカルで押すようなアル・アハリだったら、もっと違った展開になっていたかもしれません。



『世界は広い』

今日の注目はキトのマンソその人でしょう。
プレーが柔らかくて視野も広い。パスもイマジネーション溢れるものがあります。その上効き足が左だというのもポイントかな

気になるのは、どれぐらいフィジカルコンタクトに強いのか?
今日の試合を見る限りではちょっと予測が付きにくい。かなり高いレベルの厳しい局面でもあのテクニックを発揮できるならば、今大会後オファーが殺到する可能性もありますね。

それにしても世界は広いな......まだ見たことの無い選手がたくさん埋もれています。

マンソもアルゼンチン出身との事ですが、どれだけ人材が居るのかと溜息をつきたくなります(苦笑)



パチューカ:Formation】

           マリオニ(9)
     アルバレス(7)     ヒメネス(19)

 カルデナス(11)             ロハス(12)
        トレス(18)  コレア(6)

    ピント(21)  マンスール(3)  ロペス(2)

            
            カレロ(1)

【得点】
なし

【交代】
46分 コレア ⇒ アギラル(22)
46分 カルデナス ⇒ モンテス(15)
67分 トレス ⇒ ロドリゲス(16)

※( )内は背番号

後半にヒメネスを中盤に置いた方が二列目からの飛び出しなどで目立っていました。最初から中盤にヒメネスを置いた方が序盤の失点なんかもなかったんじゃないだろうか......

サイドに基点を作ろうにもガッチリとキトのサイドバックに押さえ込まれていました。後ろからサイドハーフにもはさまれて前後共に行き場がありません。

中⇒外⇒中で崩す手法をキトに見抜かれていたから、キトがバランスを崩して守りに来る事はありませんでした。

ショートパスにこだわりがあるが故にカウンターチャンスも自分で潰していたように感じます。これだけ攻撃に縛りを自分で持って試合に挑むとかなり窮屈に感じます。ロングボールとかサイドからの単純なクロスとかで相手の守備の目を逸らす事も必要じゃなかったのかな......



リガ・デ・キト:Formation】

            ビエレル(16)

  ボラーニョス(7)   マンソ(7)   レアスコ(13)
 
      W・アラウーホ(15)  ウルティア(8)

 カルデロン(14)             カンポス(23)
       N・アラウーホ(2) カジェ(3)

              
            セバジョス(1)

【得点】
4分 ビエレル
26分 ボラーニョス

【交代】
78分 ビエレル ⇒ ナビア(19)
90分 レアスコ ⇒ ラレア(20)

※( )内は背番号


左SBのカルデロン強いな~ 左のカンポスも粘り強いけど、サイドの攻防では全くパチューカは歯が立ちませんでした。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。