2008年12月15日

アデレードvsガンバ大阪【FIFA Club World Cup Japan2008】

ガンバ大阪がアデレードを【1-0】で下す。

《得点》
◆23分 ガンバ大阪 【得点者:遠藤】
左サイドハーフウェイライン際に居た遠藤、中央の明神にボールを展開してフラフラと走り出す。ボールを受けた明神は前方の二川にパス。二川はDFライン上で駆け引きしていた播戸に浮き球のループパスを送る。播戸はCBに挟まれて潰されながらもヘッドでちょこんとスペースに落とす。そこにフリーランニングしていた遠藤が現れて、GKの股を抜くシュートを放ってガンバの先制点をあげる。

《試合経緯》
守りを固めるより、前に出てガンバの中盤を潰しにきたアデレード。前線からのチェイシングとプレスに晒されてガンバは安定したビルドアップが出来ませんでした。その上、佐々木の負傷で試合序盤にゲームプランの変更を余儀なくされますます苦しくなりました。先制点をガンバが獲ったものの、自分達のペースで試合を運ぶ事は叶いません。
後半もアデレードの厳しいプレスに、細かいミスからボールを明け渡しアデレードペースで試合は進みます。カウンターチャンスに度々アデレード陣内に攻め込みますが、繰り返すほどに運動量が失われ、徐々に守備の戻りが遅くなり、アデレードの猛攻に晒されますが、何とか守り抜いたガンバが勝利を収めました。



『培った経験値』

ガンバ最大の強みは、色んなシステム・フォーメションに対応できる臨機応変さでしょう。その上でガンバスタイルを実現できる経験そのものが今現在の強さを表しているのではないでしょうか。
この試合も、佐々木の負傷により試合序盤にゲームプランの変更を余儀なくされても、それに冷静に対応できました。
何よりも西野監督が7年掛けて積み上げてきたものがこの場面で生きた気がします。3バックから4バックへの移行など苦しい時期もありましたが、何かその苦労が報われた気がします。



『手ごわかったアデレード』

ちょっと前に出て来るのは予想外でしたが、やはりガンバ対策を練りに練った結果でしょう。流石に3戦目ともなるとココまで防がれるのは致し方ないのかもしれません。ガンバのビルドアップの段階にプレッシャーを加える手法はかなりガンバにダメージを与えました。ここでの安易な横パスをカットされて再三のピンチを招いたのは,してやったりでしょう。サイドからのクロスボールを奇をてらったものではなく、シンプルに上げる事でアデレードの中の強さが際立ったように感じます。

ただ惜しむらくはガンバのCFのルーカスに比べて、アデレードのクリスティアーノのポストプレーがあまり目立った無かったのが悔やまれます。前線でボールをキープできない為に思い切った後方からの飛び出しや押上が殆ど無かったのが残念です。

攻撃自体もサイドからのシンプルなクロスに中で合わせるだけなので、ガンバとしても油断さえしなければ対応できてしまうほどでした。意外にブラジルトリオがガンガンテクニックで仕掛けてくるようなタイプでなかったのが大きかったかもしれませんね。



『悪い癖』

ガンバの悪い癖というか、目の前のカウンターチャンスに飛びついて、後ろの守備陣が追いつかなくなる場面が、後半の中ごろ辺りに頻発しました。そこでもちろん得点が取れればそれに越した事は無いけど、全体的に運動量も目に見えて落ちてきた時間で、自分達のペースでボールを持つ事が出来ない状況が長く続いただけに、もっとじっくり攻める選択もあったかもしれません。守備陣に休息の時間を与えて、ゆっくりと攻めあがってフィニッシュで終わる事も必要なはず。DF〜FWまで全員が同じアイデアを共有してこそのガンバサッカーだと思います。そういう意味では時と場合によってはアタッカー陣の手綱を思いっきり引く存在も必要なのかな?



『マンチェスター・ユナイテッド戦に向けて』

アデレードに勝利は収めたけど、払った代償も大きかったように感じます。特に二川の怪我の再発はかなり痛い。この試合もピンポイントのパスでチャンスを演出していただけに、西野監督も頭が痛いはず。

マンUのトットナム戦を見る限りでは、今現在チームとしては下降気味の状態です。ルーニーが累積警告?で試合に出場していなかったからあまり参考にはならないかもしれませんが、アタッカー陣のチグハグさはちょっと首を傾げます。ルーニーが間に入らないとこのアッタカー陣は全く歯車が噛み合わない。ルーニー無しでも力が発揮できるようになれば心強いんですが......

今シーズンのC・ロナウドもどこか力をセーブしている節も見られます。あまり全力を出しすぎると潰れてしまうのを自分で分かっているのかもしれません。昨年ならば単独ドリブルで突っ込んでいった所でもパスを選択したり、シュートを打ちそうな所でもパスだったり、ポジションも昨年は頻繁に色んな所を動き回っていましたが、今期はサイドに張り付いている場面の方が多いです。意外とベルバトフトの息がまだこの人も合っていないのかもしれません。

重用されているベルバトフが、ルーニー並にアッタカー陣の間を取り持つような動きが出来れば苦労しないんですが、今シーズンは兎に角これ一本でoneシーズンを貫きそうな気配です。本調子は今シーズンの終盤から来年に掛けてかな?

割と調子を落としていますが、守備陣の安定感は今のところ穴はないですし、どれだけ調子を落とした所でこのアッタカー陣の猛攻をゼロで抑えられるとは考えにくい。点を取れるかが問題だけど、中盤のフレッチャー&キャリックを抜く事ができるか......サイドも運動量豊富なパクも居るだろうし......CBの二人も強力だし......

正直、どんな展開になるのか分かりません。意外とやれるかもしれないし、全く歯が立たないかもしれません。ガンバという日本の指標で世界を測る事が出来る絶好の機会だけに、J関係者も含めて大注目の一戦になる事だけは確かです。



アデレード:Formation】


         クリスティアーノ(10)

  カッシオ(6)    ジエゴ(22)    ドッド(13)

        リード(24)  バービエロ(18)
 
ジャミーソン(14)            マレン(16)
    オグネノブスキ(19) コーンスウェイト(2)

          ガレコビッチ(20) 

【得点】
なし

【交代】
71分 カッシオ ⇒ アレモン(3)
77分 クリスティアーノ ⇒ マリク(11)
88分 ジエゴ ⇒ ユーニス(25)

※( )内は背番号


ガンバ大阪:Formation】

         ルーカス(9)  播戸(11)
   遠藤(7)                二川(10)
         
          明神(17)  橋本(27)
   安田(13)                加地(21)
           山口(5) 中澤(2)

             藤ヶ谷(22)

【得点】
23分 遠藤

【交代】
20分 佐々木 ⇒ 播戸(11)《負傷交代》
81分 播戸 ⇒ 山崎(30)
84分 二川 ⇒ 武井(23)

※Formationは播戸投入直後
※( )内は背番号

流石に終盤からロスタイム4分は長く感じました。
緊張とドキドキで久しぶりに足の指を軽くツル緊急事態発生(苦笑) 
  

2008年12月14日

アル・アハリvsパチューカ【FIFA Club World Cup Japan2008】

アフリカ王者と北中米王者の準々決勝
パチューカが【4-2】と延長戦の末、逆転勝利を収める。

《得点》

◆28分 アル・アハリ 【オウンゴール】
アル・アハリのカウンターからアブトレイカが抜け出し、ゴール前で中に折り返したボールが、パチューカDFに当たってコースが変わりパチューカのゴールネットが揺れる。思わぬ形で先制したアル・アハリ。

◆45分 アル・アハリ 【得点者:フラビオ】
アル・アハリDFからのロングフィードを、ワントラップで受けて前に抜け出したアブトレイカが、前方にスルーパス。それに後方から駆け上がってきたバラカトが反応して抜け出し、そのまま中央へ折り返す。中で待っていたフラビオが決めて追加点を手に入れる。

◆47分 パチューカ 【得点者:モンテス】
右サイドFKからニアに速く低いボールを蹴り入れるモンテス。DFとGKの間に入ったボールは、詰め寄ったパチューカもアル・アハリの誰も触る事無くアル・アハリのゴールネットを揺らす。

◆73分 パチューカ 【得点者:ヒメネス】
ゴールほぼ正面、PA付近からのFK。ヒメネスが助走の少なく振りの速いキックから直接ゴールを決めてパチューカが同点に追いつく。

◆98分(EX1) パチューカ 【得点者:アルバレス】
前へ前へ押し出すようなパチューカの攻め。シュートパスとダイレクトパスにアル・アハリの守備は後手後手を踏んでしまいます。怒涛の如くゴール前押しかけたパチューカが執念でゴールを捥ぎ取り、ついに逆転

◆110分(EX2) パチューカ 【得点者:ヒメネス】
前線からのチェイシングとプレスでボールを奪ったパチューカ。機を狙って後方から駆け上がってきたヒメネスが、PA内でマリオニからパスを貰ってそのままシュート。アル・アハリに止めを刺す4点目


《試合経緯》
前半から圧倒的なボール支配率を誇るパチューカ。
しかし、ゴール前で規律の取れたアル・アハリの分厚い守りを破る事は出来ませんでした。逆に、前がかりになりすぎて、ハーフウェイライン際に設定されたパチューカDFラインの裏を、アル・アハリがカウンターで突き崩して2得点も謙譲してしまう。
後半は、全体的な運動量の底上げと戦術的な視野の狭さを補ってパチューカが息を吹き返す。セットプレーからではあったけど同点に追いつき、延長戦に持ち込まれても、勢いを持続して逆転ゴールと〆のゴールでアル・アハリを常に圧倒してパチューカが勝利を収める。



『瀕死寸前だったパチューカ』
圧倒的なボール支配率とは裏腹に、アル・アハリの堅い守りを突き崩せずにいたパチューカ。それに焦れたのかボールを支配している事に慣れすぎたのかDFラインの設定が非常に極高すぎて、変な所でボールを獲られたりすると、即絶好のカウンターチャンスを何度もアル・アハリに与えていました。一つ一つのカウンターが喉元に刃を突きつけられていると感じるほど切羽詰ったものばかりでした。

前でも動きが無い、後ろはカウンターであたふたする始末で、完全にアル・アハリのペースに巻き込まれ二失点を謙譲して、試合は既に決したかに見えました。

メキシコらしいサッカーを展開するパチューカ。
DFラインの際どいラインコントロールも彼らのサッカーを表現する為には致し方ない作戦の一つ。ましてや身体的に劣る分、危険な賭けではあるけどそういう勝負を挑まなければ勝負にならない側面もあります。相手よりもいかに多く攻撃に人数を割けるかを考え抜いた末のメキシコサッカー。リスキーではあるけど目的が定まった上での彼らが出した答えが、全く他の地域とは違ったサッカーを生み出す結果となったのは目を見張るものがあります。


『逆転への布石』
どうしても前半、パチューカの攻撃の形が、最短距離でゴールへ向かいがちだったので、間にワンクッション挟むべく、一度サイドに展開してアル・アハリの守備の目を外にそらして、中の動きを作り直す作業をしました。もちろん二列目からの飛び出しなど全体的な運動量の底上げも忘れてはなりません。

サイドに基点を置かれた為に、どうしてもそれを潰しに行かないといけないアル・アハリ。そうなると守備隊形も少し崩れるし、マークのズレも生まれます。二列目からの飛び出しなど予期できない行動に出られると足が出てファウルで止めてしまう。そこからFKを与えて同点に追いつかれてしまう。

前半は攻め手が単調だった事が原因でしょう。
それを改善すべくサイドに基点を置いたりと、攻撃のバランスをサイドと中央で取ったことで、相手に安易に攻撃の先読みをさせなかった事が同点~逆転への布石になったのでしょう。
ミドルシュートを打ったりと、次に相手が何をするか守備陣に考えさせるプレーを徹底したからこそ、パチューカ得意のシュートパスやダイレクトパスが活きてきたのだと考えられます。


『アル・アハリの誤算』
 前半で試合が決まってしまったと思いましたが、まさか逆転されるとは思いもよらない出来事だったはずでしょう。一番悔やまれるのは、後半開始1~2分でパチューカに得点を許してパチューカに自信を与えてしまった事。
 
もし、もっと長く無失点の状態が続いたならば逆転は無かったかもしれません。それほど前半のアル・アハリの戦い方はどっしりと構えて隙が無いように感じられました。パチューカのボール支配率の高さも、あえて彼らにボールを持たせていると感じられるほどの余裕すら感じたのですが......

失点を重ねるごとに、ボール支配率が重く肩に圧し掛かってきたのは誤算でしょう。リズムを取り戻したい、攻撃を仕掛けたいと思ってもボールを奪う術を見出せなかったのは残念です。特にパチューカが中盤の底にヒメネスを置いてからは、ボールの獲り所をアル・アハリが完全に失ってしまいサンドバック状態になってしまいました。


『南米王者との決戦』
パチューカが勝利を収めて南米王者との決戦に向かいます。
リガ・デ・キトとの一戦はもしかしたら初の......もありえるだけに注目が集まります。もちろんキトもそんな低評価に憤慨しない訳がありません。南米王者の実力を遺憾なく発揮するでしょう。

勝ち上がったパチューカも今日見せたのは強さと弱さの二面性

攻撃に比重を掛ける分守備の脆さも露呈。逆転で勝ち越せるタフさも見見せ付けました。これがリガ・デ・キトとの一戦でどんな顔を見せるのかは全くの予測不可能。



さて......今日はガンバ大阪の初戦。
はたして順当にマンUとの一戦を迎える事が出来るのかが懸かった試合
不安を払拭して欲しいと思うのですが......


アル・アハリ:Formation】

            フラビオ(23)

           アブトレイカ(22)   
   バラカト(8)             ハッサン(17)

            アシュール(25)
 ジルベルト(12)                ファティ(24)
    
     エルサイド(5) シャディ(7)  ゴマ(26)

             アミル(1)

【得点】
28分 オウンゴール
45分 フラビオ

【交代】
77分 ハッサン ⇒ セディク(6)
91分 ファティ ⇒ モアワド(11)
97分 ジルベルト ⇒ ヤセル(13)

※( )内は背番号


パチューカ:Formation】

            マリオニ(9)
     アルバレス(7)       ヒメネス(19)

 ロドリゲス(16)               アギラル(22)
         トレス(18)  コレア(6)

     ピント(21)  マンスール(3)  ロペス(2)

             カレロ(1)

【得点】
47分 モンテス
73分 ヒメネス
98分 アルバレス
110分 ヒメネス

【交代】
46分 コレア ⇒ モンテス(15)
46分 ピント ⇒ ロハス(12)
70分 トレス ⇒ カルデナス(11)

※( )内は背番号

2008年12月12日

アデレードvsワイタケレ【FIFA Club Wolrd Cup Japan2008】 

CWCの開幕戦.
アデレードがワイタケレを【2-1】で下し、逆転で勝利する。


《得点》
◆34分 ワイタケレ 【得点者:シーマン】
ワイタケレのFKから、アデレードGKと競り合いになりボールがこぼれた所をワイタケレのシーマンが千載一遇のチャンスを活かして先制点。

◆39分 アデレード 【得点者:マレン】
アデレードのCKから、ちょっと変化を付けてゴールから遠ざかるボールを蹴り入れるキッカーのリード。突然の変化にマークがズレて、ドンピシャでヘッドを合わせたマレンが同点ゴールを挙げる。

◆83分 アデレード 【得点者:ドッド】
アデレードのFKから、キッカーのリードが早いクロスを蹴り入れる。ニアに飛び込んだドッドがヘッドでコースを変えて逆転ゴール。


《試合経緯》
 試合の構図は、堅く守ってカウンターを狙うワイタケレに対して、分厚く攻撃を仕掛けるアデレード。
 昨年の二の舞は御免とばかりに序盤から堅く守るワイタケレに、アデレードは打ち崩す術が中々見当たらず苦労する。そんな中たまにカウンターを仕掛けられてワイタケレにちょっとゴール前からは遠いけどFKを与える。そのFKから失点してしまったアデレード。
ただその5分後CKから同点ゴールを奪ってアデレードペースに戻す。
 後半、攻めに色気が出始めたワイタケレは、カウンターから何本もアデレードゴール前に攻め上がるが、シュートを打つ前にアデレードの守備陣に止められてしまう。ピッチを往復する距離が伸びる分、守備の戻りも若干遅くなり体力の消耗も激しいように感じる。
両者ともにカウンターの応酬の様なことが続くと、目に見えてスペースが空きだし、アデレードの攻撃に鋭さが増す。
セットプレーが何本もワイタケレの頭上に降り注ぎ、遂にFKから逆転を許してしまう。ワイタケレは最後の最後までゴールを目指すが、アデレードの壁を破るほどの余力は既に無くアデレードが勝利を収める。



『用意周到に待ち構えたワイタケレ』

昨年はセパハン(イラン)に試合開始早々、立て続けに得点を重ねられて、失意の中帰国を余儀なくされたワイタケレではありましたが、今回は初戦の相手がアデレードとお隣の国でもあり、情報も豊富にあり準備期間も十二分にとっての来日となり、この試合に賭ける意気込みは今日の試合を観ても熱く伝わります。

意外?にアデレードの攻撃を、正面から受け切るほどフィジカルコンタクトの強さを見せて驚きを見せました。

またセットプレーの守備に、よほど自信があるのかCKを嫌がらずゴールラインを割らせる節も見せました。そのセットプレーからのカウンターチャンスを意識的に狙っていたのかもしれません。
それにしてもCKだけで19本もアデレードに与えるなんて、集中力が持続しない気もするけど......

先制点を先に獲ったりと『おっ!?』と思わせる展開は面白かったです。後半カウンターを仕掛け過ぎて疲れて自滅気味になってしまったのは、ご愛嬌と言ったところでしょうか。シュートで終わるような展開だともっと良かったかもしれません。



『不気味なアデレード』

セミプロのワイタケレに少々苦労した感が強いアデレード。
先制点を謙譲したのは余計だったけど、それ以外は予定どうりでしょう

あれだけセットプレー(特にCK)を貰っても、あまり手を見せなかったところに不気味さを感じます。ショートコーナーとキッカーに変化を付けてボールの軌道を変えるくらいで、スペシャルな奥の手をまだ持っていそうな感じがします。

意外にキッカーのリードにしろジェイミーソンなど鋭く正確なプレイスキッカーが居たことに驚いています。

特にジェイミーソンなどちょっとラームに似ていなくもない気がします。セットプレーのキック以外にも相手の背後に飛び出す所やドリブルの速さなど際立っていました。

逆にFWなどアタッカー陣はワイタケレのフィジカルを前面に押し出した守備に殆ど顔を見る事無く終わりました。



『ガンバ戦への展望』

ワイタケレが勝ち上がってくれば楽だったのに......

ちょっとアデレードには嫌な雰囲気を感じます。ACL決勝での失態(2戦合計で5-0)はかなり深くアデレードのプライドを傷つけたはず。そのリベンジ燃えてこない訳がない。対策も練りに練っているはずですしね。

試合の入り方もキッチリ守りを固めて、ガンバに隙を見せる事は無いでしょう。そしてそこからのカウンターも鋭くて気合の入った全くの別物のはず。フィジカルを前面に押し出してガンバを圧倒する悪いイメージだけが浮かびます(困)

ただワイタケレにも突け込まれたように、鋭いドリブルなどにはやっぱり弱さを見せました。ワイタケレのクリシュナなどに何本もドリブルで突っかけられてアタフタした場面があった事が収穫?なのかな。ただそれをガンバに許すほどスペースを与える事をかは疑問ですが。特にガンバの安田や佐々木などにはACL決勝であれ程やられていただけに、そこの対処は上手くなっていると考えた方が良いかもしれません。

両者にとって何よりも先制点の行方が全てを決めるでしょう。
ガンバが獲れば、より一層スペースが生まれるし追加点の可能性も高まる。逆にアデレードが獲れば、守りを固めてガンバが前に出てきた所をカウンターで一刺しで試合が決まる可能性もある。

マンUばかりに気をとられている状態だと、あっさりガンバは足元をすくわれるでしょう。ちょっと日テレも試合が始まる前からガンバ対マンUを前面に押し出し過ぎの気もしますが......


それにしてもと言うかACLも含めて日テレが放送してくれれば繋がりもあったし見る方も楽だったのに......ちょっとテレ朝のいい加減なサッカー放送にはウンザリです(苦笑)



アデレード:Formation】


            クリスティアーノ(10)

   スパヌオーロ(21)  サーキーズ(8)    ドッド(13)

         バービエロ(18)  リード(24)

 ジェイミーソン(14)               マレン(16)
        コスタンツォ(4)  コーンスウェイト(2)


             ガレコビッチ(20)

【得点】
39分 マレン
83分 ドッド

【交代】
57分 スパヌオーロ ⇒ アレモン(3)
80分 サーキーズ ⇒ ユーニス(25)

※( )内は背番号


ワイタケレ:Formation】

    
           コプリブチッチ(13)
  クリシュナ(12)             ピアース(10)

       シーマン(8)      ベイル(15)
             バトラー(17)
 サイクス(11)                ローリー(20)
        エンブレン(16)   ペリー(2)

            ギレスピー(1)

【得点】
34分 シーマン

【交代】
67分  コプリブチッチ ⇒ ビンセント(21)
75分  ピアース ⇒ ピメンタ(29)
85分  シーマン ⇒ トトリ(9)

※( )内は背番号

ピアース(10)が負傷でピッチを去ってから、ボールを溜める所が無くなって、ワイタケレは単独でドリブルで突っ込む場面が増えました。怪我がなかったらもうちょっと面白い展開になっていたかもしれませんね。           

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。